「3号機(BRZ RA)」カテゴリーアーカイブ

キャリパー交換BBQ

第4回 車イジリBBQ
第4回 車イジリBBQ

恒例になりつつある、会社の同僚を呼んでBBQしながら車イジリの会、第4回を開催した。今回のお題はBRZのブレーキ交換。

使用前
使用前
使用後
使用後

素材はこちら。まずは中古のGRB用ブレーキ一式(キャリパー、ローター、パッド、パッドを固定する金具一式、キャリパー固定ボルト(新品))。ただし、ローターはP.C.D100加工済み。

GRB用ブレーキ一式
GRB用ブレーキ一式

あと、エンドレスのブレーキホース(スイベル機構に期待して採用。ただしブレンボ用はなかったので、とりあえず普通の17インチ車用)。

ユニオンボルトも新品を用意した。ホースのつなぎ替えを効率よくするために。

 

そのものズバリの情報は意外と見つけられなかったんだけど、BRZ, 86にGRB, GVB, VABのブレーキは一応ほぼポン付け可能。加工が必要なのはローターの100-5H化のみ(ホースの取り回しはちょっと怪しいけど)。※スバルのキャリパーについてはここが詳しかった。

なので当初は、プロミューの2ピースローターにして、フロントは元から10穴なのでOKで、リアだけ自分で穴開けてやろうかと思ってたんだけど(アルミなので加工できるはず!)、ヤフオクを物色してたら「即決価格なら100-5H加工済みローター付けます」ていうのを見つけて、予算オーバーだったがポチッてやった(新品の2ピースローター買うよりはだいぶ安く上がったからこれでいいのだ)。そして届いたキャリパーは、再塗装されているのか、つるつるピカピカでラッキー♪

なお、上で「一応」と書いたのは、フロントのキャリパーの向きが逆になるから(BRZ, 86は車軸の前側にあるけど、インプレッサは後ろ側にある。エア抜きバルブは上に向けたいので、左右逆にして取り付ける)。そうすると、異径ピストンの大小がローターの回転方向に対して逆になるので、パッドの減りが偏るらしい。(解説は、例えばココ)

一方で、「そんなの誤差の範囲」という説もあり(あのページどこだったかなー?競技やってるショップのページだったと思うんだけど。ここだったかな?)、それを信じることにした。

エア抜きバルブの位置を変えるって手法もあるらしいのだが、普通には取れないネジ(配管用のテーパーネジ?)でふさがれてるらしく、高額の美品を破壊覚悟で加工する勇気はなかった。

あ、あと、リアのバックプレートは干渉するので、フチの部分をグラインダーでぶった切ってやった。手筒花火ばりに火の粉を浴びながらぶった切った。ガレージ中鉄粉だらけなんだろうな…。

で、BBQも解散して夜になってようやく作業完了。その結果、フロントは街乗り用の16インチが履けなくなった(笑)。リアは大丈夫だったんだけど。

なので、一応溝のある595RS-RRを久しぶりに履いたんだが、試走中にキャリパーの変化よりロードノイズのうるささに衝撃を受けた。早く新しいタイヤを買おう…。orz

 

ところで、今回のBBQには今年の新人も2人来たんだが、そのうちの1人は学生フォーミュラ経験者らしく将来有望(笑)。作業もちょっと手伝ってもらって(古キャリパーの取り外し)、新車時から外したことのないリアのキャリパー固定ボルトがメチャ固かったんだけど、外してくれて楽させてもらった。

しかし、手分けした弊害がいくつか…。

まず、4つ一気にキャリパー変えるとエアが多すぎてエア抜きがやりにくくなるので、前だけまずは軽くエア抜きしようと思ったんだけど、既にリアが外されてて(ホースはつないだままだけど)、いったんローターを挟むように戻してエア抜きした。

そして、フロントのホースのクリップが見慣れない形状だったので外すのに手こずって、取れたクリップを見せてもう片方(運転席側)を外してもらったんだけど、クリップがない状態でフレアナットを外そうとしたら、変な方に力が逃げてブラケットが曲がってしまった。

曲がったせいでクリップが入らず、フレアナットを外すのも一苦労だったし、ホース交換後にクリップが装着できなくなっちゃった。今度ブラケットだけ交換しよう。ていうか、このブラケット溶接されてなくてよかったな(汗

本日の失敗
本日の失敗

只者ではない

I川PROのデミオを囲む
I川PROのデミオを囲む

ara_Rさんから会議設定wされ、ALTに集結した物好き、ara_Rさんの会社の先輩Iさん・YBTさん水冷ICさん。ウチは久々にBRZで出撃。タイヤ交換するのも面倒だったので、街乗りタイヤのまま、ドリドリしながら楽しんだ。

グリップ走行ですよ
グリップ走行ですよ

そんな今日の主目的は、緑デミオのIさんのALTデビュー。彼は以前レンタルカート大会でara_Rさんをおさえてトップタイムを叩き出したおじ様。昔エボでブイブイ言わせてたらしいが、果たして今の実力は!?

で、出走前の緊張の面持ちとは裏腹に、初走行なのに、そしてこんなタイヤなのに、最終的に34秒台を出しとった(汗

懐かしのズル剥けタイヤ
懐かしのズル剥けタイヤ

おいおい、車検タイヤとは言え、今日の俺、33秒台なんですけど…。(((( ;゚Д゚))) ara_Rさんにもオーナー殺しされそうになるし、ちょっと凹むわー。orz

一方のara_Rさんは、初心者講習会枠に変態セリカで乱入。そしていきなりスピン(爆

ara_Rさんスピン
ara_Rさんスピン

しかし、なんだかんだでこの時期にキッチリ29秒台中盤(?)出してくるので、さすが…。

そしてその後、みんなで(と言っても俺とIさんだけだが) ara_R号を乗り回し。前にもドライブしたことあるはずだが、加速力とコーナリングGにビビリながら数周走って、かろうじて30秒台。面白すぎるが疲れるマシンだ。(;´Д`)

しかし驚いたのはIさんの走り。フツーの車とはかけ離れたara_R号を初めてドライブして、パワーとグリップはずば抜けてるとは言え、ALT初走行なのに、いきなり32秒台で走りおった。いったい何者なのだ!?

ちなみに、Iさんはara_R号で初スピン(笑)。ara_RさんはウチのBRZでもスピン。しかし俺は今日はノースピン!!ドリドリさせすぎて黒旗振られそうになってたけど(爆

と言うわけで、久しぶりに撮った車載動画で、デミオを追走。しかし、フレッツ光のポイントで入手したGoProモドキは、録音レベルが調整できなくて音割れまくり。白飛びしちゃってるのは設定で何とかなりそうだが…。

3号機、ユーザー車検

出口にて
出口にて

通算5回目のユーザー車検。今回はだいぶスムーズにできたんじゃないかな。と言いつつ、ちょいちょいあたふたする場面も…。ていうか、3号機ももう5年になるんだなあ。しみじみ。

まず、テスター屋でいつもどおりサイドスリップと光軸をチェックしてもらったら、サイドスリップはそのままでOKだったので、2,000円で済んでラッキー。

次に、以前は記入する帳票を窓口で一式渡してくれたと思うんだけど、今回はパンフレット置き場みたいなところから自分で必要なものを抜き取る方式になってた。さらに整備記録簿の用紙を自分でコピーすることになってた。地味にめんどくせー。

そして、検査レーンの最初の排ガス検査で、センサーをマフラーに突っ込んでも反応しねーなあ、と思ったら、もう1本別のセンサーがあってそっちが正解だった。後ろのおっちゃんが痺れを切らせて教えてくれた(笑

あとは、前回一歩及ばなかった停車位置のタイヤ止めを、今回は逆に乗り越えてしまってバックしたり。

てなわけで今回の費用一覧。なんか、自賠責が安くなっとった。

必須分 重量税 24,600円
自賠責(24ヶ月) 25,830円
書類代・検査登録印紙・審査証紙 1,820円
オプション テスター屋(光軸・サイドスリップ) 2,000円
合計 54,250円

おまけ。今日の昼メシ。岡崎のラーメン屋。平日なのに結構並んでた。移転してて探すのに苦労した…。

塩スペシャルと幸玄武らーめん
塩スペシャルと幸玄武らーめん

86電子技術マニュアル

クラッチ・フライホイールを交換するにあたり、締付トルクとか再使用可否(あくまでメーカとしてのw)とかグリス塗布部とか、そろそろちゃんとした情報も手元に置いておこうと思って、86用の電子技術マニュアルを入手した。

スバル版はなんか高いっぽいしあんまり出回ってないので、手っ取り早く86用をゲット。

しかしこれ、IE専用ってことなんだが、ウチのWin7やWin10のIE11ではまともに動かなかった。VMWare上のWinXPのIE8なら動いたけど、いちいちVM立ち上げるのもねぇ。某社内イントラでも時々見てたけど、あっちもWin7のIE11のはずなんだけどなあ。

で、いろいろ試行錯誤してみて、どれが効いたのかイマイチ釈然としないんだが、HTMLファイルのMETAタグを書き換えてやったら動くようになったっぽい。

電子技術マニュアル
なんとか動いた電子技術マニュアル

具体的には以下の2ファイル。

  • pgm/top.html
  • pgm/service.html

7行目のMETAタグを書き換える。

変更前:<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
変更後:<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=10">

試行錯誤の過程で、自宅サーバのWebサーバに配置してみたら、なんか知らんがChromeとかタブレットとかでも表示できるようになってた(笑

おかげで今回の作業中、ガレージでタブレットで表示させながら作業できたりして便利だった(笑

しかし、自動車整備工場のおっちゃんとかが同じ状況にハマったら抜け出せないんじゃないか??

BRZクラッチベアリング交換③

モノがそろったので、せっせと交換&取り付け。結局、気になるブツは一通り投入することにした(笑)。

と言うわけで、フライホイール外してみたら、変なトコからオイルが垂れてきたが、オイルシールとは関係なさそうだから放置。

クランクシャフトからオイル?
クランクシャフトからオイル?

そして、新しいフライホイールにパイロットベアリングを圧入。油圧プレスの幅が足りてよかった。

地味に活躍するプレス
地味に活躍するプレス

んで、エンジンにフライホイール、クラッチ、クラッチカバーを取り付け。クラッチのセンター出しツールなんかないので、手持ちの工具を組み合わせてセンター出し。

意外とちょうどいいのができた。16mmのプラグソケットと3/8→1/4の変換ソケットの組み合わせ。

クラッチのセンター出し
クラッチのセンター出し

一方ミッション側も、ベアリングリテーナーを交換し、ベアリングやクラッチフォークも交換。グリスは、WAKO’Sのスレッドコンパウンドでもいいらしいけど、ORCのクラッチに付属のモリブデングリスを使用。

ベアリング周辺をリフレッシュ
ベアリング周辺をリフレッシュ

それから、ミッションオイルタンクのホースを装着。詳しい取り付け手順はこちらを参照。

オイルタンクのホース
オイルタンクのホース

ところで、このミッションオイルタンク、いざ買おうと思ったら、メーカー在庫切れで納期不明状態だったんだが、某H氏のルートで1週間弱で入手できた。あざーーっす。m(_ _)m

で、いよいよミッションのドッキングなんだけど、想像以上に手こずった。orz

ミッションジャッキ、ではないけど
ミッションジャッキ、ではないけど

メンバーのボルトを緩めてエンジンを下げ気味にして合体させようとしたんだけど、それでもミッションがフロアに当たって、まっすぐ刺さらない。

エンジン前方を持ち上げて傾けてやったらいいんだろうけど、このエンジン、前のほうに支えられるような場所がない。

しょうがないので、エンジン下部の長いスタッドボルトにミッションを斜めに引っ掛けて、上のほうのボルトで締め込みながらミッションを近付けてやった。

しかし、途中からどうにも進まない。インプットシャフトがちゃんと刺さってないようだ。

いろいろガチャガチャやったけどなかなかうまく行かず、最終的に、いったん緩めて、仮止めしたミッションマウントで支えながら、重心付近でミッションを支えているジャッキも緩めて、ミッションの重量でエンジンを傾けながらグリグリやってたら、ガコッとはまった感触。

ところが、一難去ってまた一難。どうもボルトで無理やりミッションを近付けるってのがマズかったらしく、微妙に斜めのままボルトを締めてしまって、途中からボルトが入らなくなってしまった。スターターを止めてるところのボルト穴。orz

カレンの経験からすると、BRZのボルトって全般的にネジの掛りがかなり長いんだが、ミッションとエンジンを結合しているボルトは特に長く、スターターを止めてるボルトはさらに長い。

このネジ穴を再生しようと思ったら、またミッション下ろさねばならない。自業自得とは言え、めんどくさいなー。

ふと見回すと、ミッションを固定するボルト穴は1箇所だけ貫通穴になっていたので、スターターのボルトとスワップしてみた。すると、貫通穴のほうは当然ちゃんと固定できて、スターター側も一応座面までそれなりにしっかりと締めこむことができた。

と言うわけで、次回ミッションを下ろすときは、ネジ穴の再生が必要。M10ピッチ1.25。タップだけで再生できるか、リコイルとかヘリサートとかが必要になるのか…。そもそもエンジン搭載したまま、まっすぐタップが切れるんだろうか…?

そんな感じで不安を残してしまったが、作業は続行。残りはミッションオイルタンクを固定して、ミッションオイルの注入。

なんだか無理やりな固定方法
なんだか無理やりな固定方法

86, BRZ用のステーってことだけど、ちょっと無理やりな固定方法だな、これ。

それはともかく、説明書どおりにホースをつなぎ変えて、エンジンの負圧で吸い込みながらミッションオイルも注入完了。こりゃ楽だ。

で、試走しようと思ってエンジンを掛け、シフトを1速に入れようとすると、・・・入らん(汗

何だ?何か組み付けミスったか?と一瞬パニックになりかけたが、エンジンが止まっていればシフトは入る。つまり、クラッチがちゃんと切れてないってことか。

そういえば昔、クラッチペダルの感触が気に食わなくて調整したことがあったけど、それが裏目に出て、ペダルのストロークが足りてないってことか。

と言うわけで、再びアクロバティックな体勢でペダルストロークを調整し、結果めでたくシフトが入るようになった。

が、新車の頃のようにヘコっと抜けるような踏み応えも戻ってしまったし、触ってないはずのアクセルペダルの感触まで変わってしまったような錯覚。発進時にアクセルを軽く踏んでるつもりなのに、エンジンが全然回ってくれないのでエンストしそうになる。

そして軽く試走してみると、クラッチペダルの重さはほとんど変わらず。ちょっと重くなったかな。半クラの領域は結構広い。ジャダーも今のところほぼなし。

ただ、フライホイールが軽くなった効果(レスポンスUPとか)は、正直あまり感じられなかった。逆におそらくその副作用で、共振音が激しくなった。特に6速1500回転あたりでアクセルを開けると、激しくガラガラ言う。

クラッチをネットで注文したとき、「メーカーに発注したら、メーカーから『ノイズのクレームが多いのでダンパー有りのがお勧めです』と言われたのですがどうしますか?」なんて連絡があってダンパー付きに変更したんだけど、当初のダンパー無しだったらどんなだったんだろう?(汁

そして、ちょっとだけ期待してたシフトの入りについては、俺は改善されたと思ったんだけど、毎日乗ってる相棒さん曰く、前より入りにくくなったそうな。苦労したのにガッカリだぜ。

(´・ω・`)

BRZクラッチベアリング交換②

突如やってきたara_Rさんが見物する中、ミッションを車の下から引っ張り出す。

ジャッキの上から寝板にゴロンと転がして、車体を少しジャッキアップして、寝板でゴロゴロと引っ張り出す。楽勝。

寝板の上のミッション
寝板の上のミッション

問題は、元に戻すときに車の下の狭い空間でジャッキの上にうまいこと載せられるかだが、その時になってみないと分からんね(笑

で、インプットシャフトというか、ベアリングリテーナーを明るいところで確認してみると…。

無残なベアリングリテーナー
無残なベアリングリテーナー

うむ、焦げ付いたベアリングの残骸の樹脂はこの後はがせたけど、肝心のパイプがしっかり削れてる。ダメだこりゃ。部品を注文しないといかんがや。

クラッチカバーもやっぱりベアリングとの接触部分がデコボコしてるので、交換したほうがよさそうだ。

(実際には次の日にやったことだが)ついでにカバーを外してクラッチの残量をチェック。全体の厚さは約8mm、リベットまでの残量は1.3mm。0.3mm以下は要交換ってことらしいので、クラッチ自体はまだまだ使える。

しかしこいつ、ダストがスゲーな。グラスファイバーっぽい繊維が色んなところに堆積してやがる。エアガンで掃除してやったけど、吸ったらやばそう。

てなところで、今週はここらで作業中断。部品を取り寄せて続きは来週末だな。

熱田の部品共販ならその場に在庫があったりしないかと思って電話で聞いてみたら、県内の倉庫に在庫はあるけど、受け取れるのは翌日だそうな。

それじゃわざわざ熱田まで行く意味がないので、モノタロウで注文してウチまで届けてもらうことにした。

さて、クラッチカバーどうしようかな。ORCの軽量フラホとセットのヤツが意外と安いんだなー。( ̄ー ̄)

BRZクラッチベアリング交換①

しばらく前から(もうかれこれ1年近くたつかな…)クラッチレリーズベアリングから異音がしていて、部品も調達してあったんだが、その後ちょっと症状が軽くなったのもあって、めんどくさくて放置していた。

そしたらついに、トドメを刺してしまったようだ。

相棒さんから「クラッチペダルが戻らなくなった」だの「煙が出てきて樹脂が溶けたようなニオイでくさい」だのメールが入った。orz

最近またちょっと症状が酷くなってきたから、そろそろやっつけないとなー、と思ってた矢先にコレですわ。 ┐(‘~`;)┌

というわけで、最近登山ばかりでご無沙汰だったけど、久しぶりの車イジリは、ミッション下ろしてクラッチレリーズベアリングの交換だ。

情報源はこの辺↓

  1. ベアリング崩壊
  2. ベアリング異音再び
  3. ベアリング比較
  4. ミッション下ろし手順
  5. 結果的によく似た状況だった…

まずは、クラッチレリーズシリンダー、配線のカプラー、アース線、セルモーターを外す。

レリーズシリンダーなどを外す
レリーズシリンダーなどを外す

セルモーターのボルト(2本)は異様に長くて外すのめんどくさかった。手が入らんのでタワーバーも外した。セルモーターを抜くのも、配線つないだままでは知恵の輪状態。下にもぐって引き抜いたら、クラッチのダストか何かを顔にかぶって、目にも入って酷い目にあった。(T_T)

下回りは、久しぶりにアンダーパネルを外したら、山で拾ってきたのかカエルやトンボの干物(笑)が出てきたり、だばぁしたミッションオイルの残骸に砂が混じってドロドロだったり、なので相棒さんに大掃除してもらいつつ、ふとバンパー下を見てみたら、思ったより傷だらけで凹んだり。

傷だらけのアゴの下
傷だらけのアゴの下

まだまだ先は長いので、気を取り直してフロントパイプを外し、プロペラシャフトを引っこ抜く。

固着してなくてよかった
固着してなくてよかった

ペラは写真撮り忘れたが、デフ側を外すのに一苦労。ウマが低くて(リアタイヤが浮かないぐらいw)、スペースが狭すぎ。ミッション側はミッション側で、予想外にシャフト側からオイルが垂れてきて浴びてしまったり…。orz

続いて車内側からシフトレバーを取り外し。根元の接続部のブーツとその中のクリップは下にもぐって外したが、ブーツは結局破れてしまった。

そして取り外したシフトレバー(STiのショートシフト)も、根元のブーツがなんか変だ。取り付け時に挟み込んでしまったようだ。

シフトレバーのブーツが変
シフトレバーのブーツが変

ここって単品で買えるのかなあ。とりあえず昔のヤツについてるのをこっちにつけてみるか。

そんなこんなでミッションに繋がるものが一通り外せたので、いよいよミッション下ろし。

エンジン側はナット2本と長いボルト4本で固定されているので全部外す。ミッションマウントも外す。マウント自体をミッションから外す(ミッションに付けたままだと引っかかるので)。スタビも切り離して回転させられるようにしておく。

そして、ジャッキで支えながら、バールを駆使してミッションを切り離す。重心はドレンプラグの辺り。よりによってリブが1本だけなので左右に転がるので注意。もうちょい後ろで支えればいいのかな?

本日のメインイベント
本日のメインイベント
隙間からコンニチワ
隙間からコンニチワ

ミッションを後ろにずらすためにはなるべく水平にしたいが、そうすると後ろが引っかかるので、狭い隙間であっちこっち確認しながら、ジワジワ下げたり引き抜いたり…。

これ、戻せるのかなあ…。(´・ω・`)

まあともかく、相棒さんにも手伝ってもらって(ミッションが左右にコケないように俺が支えながら相棒さんがジャッキをジワジワ下ろす)、ようやくミッション着地!

ミッション下ろせた!
ミッション下ろせた!

ん?この画像では分かりにくいが、この高さじゃジャッキに乗せたままミッションを引っ張り出せないじゃないか!?
Σ( ̄□ ̄;

うーん、どうしよう?ベアリングを取り替えるだけなら、このまま車の下で作業するか?

とりあえずブツをチェックしてみよう。

・・・!?

ひでぶ!?
ひでぶ!?

情報源のどれかで見たやつと同じだ!!いやむしろ、
こっちのが酷いんじゃ!?Σ( ̄□ ̄;

ベアリングを引っこ抜いてみたら、内側の樹脂部分がリテーナーに焼き付いてて取れんぞ…。

新旧ベアリングを比較してみると、もはや原形をとどめていない…。クラッチカバーを押さえる金属部分も変形しちゃってる。

新旧ベアリング
新旧ベアリング

これ、クラッチカバー側もダメージあるんじゃないか??変えるつもりなかったんだけど大丈夫かな…。(((( ;゚Д゚)))

微妙なクラッチカバー
微妙なクラッチカバー

多少の磨耗は覚悟してたけど、ベアリングの金属部の残骸なのか、スプリングのフチに金属のバリみたいなのが出てる。ヤスリで整えたらまだ使えるかなあ。

てなところで今日はタイムアップ。明日は、ミッションをどうにか引きずり出して、リテーナーに焼き付いた残骸を引っぺがせないかちょっと悪あがきして、ダメなら部品注文かな。

ていうか、どうせシフトレバーのブーツも注文しないといかんし、作業の続きは来週末になるから、クラッチカバーやらクラッチやらミッションオイルキャッチタンクやら、この際色々やってしまうか!?

甥っ子連れてドリフトごっこ

ara_RさんがYZにドリドリしに行くと言っていた同じ日に、甥っ子が遊びに来たので、甥っ子を連れてウチもドリドリしに行くことにした。(画像なしで味気ないけど)

しかし、瑞浪IC~恵那ICは昨日から通行止め。YZに行くときにいつも使っている瑞浪ICはやはり渋滞がひどいので、五斗蒔PAとやらで降りてみた。

そんな感じで現地に着いてみると、ara_Rさんは既にPコースでドリドリしていたが、ウチは午後から遊ぶことに。今回は、街乗りタイヤのままのBRZで。

街乗りタイヤといっても、ドリフト野郎御用達のNANKANG NS2。どんなもんだか楽しみにしつつ走ってみると(滑ってみると?)、なんか知らんがこりゃいいぞ(笑

大してパワーがなくても速度域が低くても滑らせられるし、それなりに白煙が出るほど空転させてもあんまり減らない(爆

そりゃドリフト野郎にモテるわけだ。

で、高校生になった甥っ子を助手席に乗せてドリドリさせてみたりもしたけど、そのうち悪ノリして、運転させてみた(爆

元カート小僧だったのでそれなりに転がせるはずだが、逆にカートの経験しかないので、左足でブレーキを踏もうとする(笑

そして当然クラッチを踏んだことはない。

なので、とりあえずそーっと発進させて、1速2速だけで遊ばせたんだが、やはりさすがにシフトチェンジは全然できず、そしてこんな短時間ではアクセルやブレーキの効き具合にも慣れることはできず、緊張してたのか、初の自動車運転はガックンガックンでしたとさ。

数年後、改めて自動車学校で練習するか、あるいはマシンをゲットしてじっくりクローズドで練習するかしてくれたまえ!(笑

さて、一方の東コースは、ここ最近の大雨で土砂が流れ込んで砂だらけではあったけど、ドリフト野郎どもが砂煙を撒き散らして掃除してくれてるので、ライン上はそれなりにアスファルトがでてきてる。

と言うわけで、2時間目は東コースを走ることにした。

が、この時間はさっきまでとは違ってアウトコース(逆走)。つまりまだ砂だらけ…。

まあ何とかなるだろうと思って走ってみると、ストレートエンドの一番速度が乗るところが砂だらけで、その向こう側がいきなり土手と言う、リスキーなコースレイアウトであることが判明(爆

ピットに戻ると、一緒に走ってたドリフトの外人さんが、「アブナイよー、コワイよー」と話しかけてきた。んなこと言いながらアナタ、砂の中に横っ飛びで突っ込んでんじゃん(笑

甥っ子を助手席に乗せて再度走り出すと、ちょうど目の前にドリフト野郎登場!

と言うわけで、こっちはグリップで多少マージンを残しつつそれなりに接近して走ってみた。

するとどうでしょう、砂煙ってマジでコース見えないのね!前の車に追いついちゃったラリードライバーが怒るわけだわ(爆

ていうか白煙も全然コース見えないんだけど。ドリフトで追走やってるやつら、頭おかしいYO!(爆

そんな感じで、甥っ子は実車でのサーキットはこれが初めてだったんだけど、オイラのヘタクソなドリフトもどきよりはグリップのほうが違和感なくて楽しめたそうな。

はてさて、甥っ子は再び道を踏み外すのだろうか!?楽しみだw

BRZのプラグ交換に挑戦

しばらく前に「交換すると結構変わるよ」と教えられてたんだが、重い腰を上げてようやく交換してみた。

しかし、BRZ, 86のプラグは結構特殊らしく、NGKの品番もなんかよく分からん…。その代わりにHKSが対応プラグを売り出してるようだ。熱価10番だそうな(汗)。純正も9番と知って驚いたが。

HKSのプラグ(M50HL)
HKSのプラグ(M50HL)

で、作業のほうは、こちらのページを参考にやってみた。エンジンとフレームの隙間にボロ布を詰めてボルトや工具の落下を防止する、ってのは非常に有効だった(爆)。

しかし、手持ちのプラグソケット(カレン用)はサイズが違うので、マグネットの付いてないただのディープソケット(14mm)と、首振りアダプタとエクステンションを駆使して、何とか交換できたけど、超絶めんどくさかった。手や腕が傷だらけだし。(´Д`)

参考にしたページには「レガシィに比べれば楽チン」と書かれてたので完全にだまされた(笑)。結局3, 4時間掛かったんじゃないかな。

まあこれは、手持ちの工具の組み合わせが微妙に合わなかったからなんだけど…。おかげで新しいプラグの締付トルクが適切だったか自信がない(汗)。舐めそうで怖かったし。

そんな感じで、取り外したプラグはこんな感じ。接地電極が3本も生えとる。ネジ部に変なカスが付いてるのは、プラグホールのゴミかなあ。

古いプラグ
古いプラグ

んでもって、試しに走らせてみたら…、ちょっとスゲーんじゃね、これ? プラグ変えただけなのに違いを体感できたよ。

と言っても、まだ街乗りレベルなので、とりあえず分かりやすいところでは、低回転時にガサガサ・バスバス言わなくなって、トルクアップしたような気がする。

苦労した甲斐があったぜ。

3号機のオイル交換

連休初日は、天気が微妙っぽいので引きこもり。

でもそれじゃ時間がもったいないので、BRZのオイル交換をすることにした。(ちょっとサボってて、半年振りの交換らしい。orz)

しかし午後からホントにザーッと雨が降ってきたので(雷も鳴ってた)、ガレージのシャッター半開きで作業開始(笑)。

オイル交換
オイル交換

ふと見上げると、シャッターのふちのところ(画像の左上のほう)にハチが巣を作っていた。(´=ω=`) 殺虫剤を吹きかけ&ホウキで撤去だ!やれやれ。