「カート」カテゴリーアーカイブ

ふらっと石野をひとっ走り

準備中
準備中

同僚さん3人(♂♂♀)引き連れて、仕事帰りに石野をひとっ走りしてきた。

全員石野で走ったことはあるようなので、相棒さんも混ぜて5人でレースパックをやろうと誘ってみたんだけど、遠慮されてしまったので、フリー走行×2本にしといた。

1本目は、先導走行風にリードしてやって、51.9~54秒ぐらい。

休憩中に2階席から見物しながら解説してやって、2本目は最初から全開で。見物中に走ってた人は47秒台を普通に連発してたので、俺もいけるんじゃないかと思って。

しかし、甘かった。48.597しか出んかった。orz

とりあえず1~2コーナーをノーブレーキで曲がれるようにはなったんだけどなー。ちなみに、同僚さんたちは51.3~52.3にタイムアップ。

カートのタイム表

夕日に向かって走れ!
夕日に向かって走れ!

ベテランの味、恐るべし

スターティンググリッド
スターティンググリッド

てなわけで、今日も仕事をちゃっちゃと切り上げて、ara_Rさんの応援に駆けつけたのだけど、ふたを開けてみればara_Rチームが2位に8Lap差をつけてブッチギリの優勝で、ara_Rさんも47秒台を出して俺のベストをぶち抜いてくれて、さらに例のおじ様がara_Rさんを抑えてファステストラップを叩き出すという、驚愕の展開…。(((;゚Д゚)))

もうお前たちに教えることは何もないよ。(´;ω;`)

ていうか、おじ様、そのベストラップを出す直前に、力みすぎたのか2コーナーでスピン&コースアウトして、コースに戻る際に何を思ったかヘアピン側にショートカット(笑)して、そのまま続行するのかと思ったら、自主的にピットスルーペナルティーしてったり(爆)で、もうやりたい放題ですわ。(*´Д`)

突如出現したミヤマクワガタ
突如出現したミヤマクワガタ

突然カート

残像拳!
残像拳!

仕事中に突如ara_Rさんからお誘いがあり、仕事をさっさと切り上げて現時逃避に石野サーキットをひとっ走りしてきた。

ara_Rさんの会社のイベントでレンタル貸切レースをやるそうで、そのための練習にアドバイザ(?)として拉致られたのだけど、今日は久々に驚いた。

とりあえずara_Rさんを引っぱる形でフリー走行1本走ったんだが、しょっぱなどれくらいのペースで走ろうかなー、とちょっと油断してたら、ara_Rさんの後ろの別の参加者2人にいきなりぶち抜かれた!Σ( ̄□ ̄;

そしてラインが悪くて立ち上がり失速してる隙に、ara_Rさんにも抜かれた!!(爆

ara_Rさんは数周後になんとか抜き返したけど、残りの2人は抜けなかった。追いつくとこまでは行ったんだけどな。orz

タイム自体は48.069で(改修後の)自己ベストを更新してるんだけど、なんか軽く挫折感(笑

その後、別のカップルが走ってたんだけど、ふと電光掲示板を見ると、2台とも47秒台でやんの。(((( ;゚Д゚)))

どーなってんだ今日は。

ところで、ara_Rさんのチームメイトのおじ様が、レンタルカート2回目だというのに、ちょっとアドバイスしてあげたり、速い連中は1, 2コーナーでブレーキ踏んでないねー、みたいな話をしてたら、その後もう1本走ったときには毎周タイムアップして、1, 2コーナーノーブレーキもできるようになっちゃって、最終的に48秒台まで突入しちゃって、これまたビックリ。

いったい何者なんだ(爆)。(((( ;゚Д゚)))

カートのタイム表

貸切レンタルカート大会やってみた

全員集合
全員集合

前回は幹事S井さんのサポートだったけど、今回はオイラの仕切りで貸切レンタルカート(1時間)をやってみた。

元々はウチの部全体に声を掛けてたのだけど、結局ウチの部からの参加は3人だけで、残りは他社他部署の人ばかりで総勢27人9チーム。当日、一人欠席が出たので、補欠の相棒さんも登場(笑)。

石野サーキットは2月にコース改修&マシン入れ替えがあったそうだが、その後初走行だ。

ありがちな話だが、過去の記憶がチラついて、うっかりラインを間違えそうになる。2ヘア後のシケインが逆向きになってて、縁石が結構高いのであまり踏みすぎると火花が散る(笑)。

マシンはたぶん個体差が少なそうで、パワー感もあって結構乗りやすい。ホームストレートのスピードの伸びも意外といい。自分で手元でペダル位置の調整ができるのもいい(今回オイラは使わなかったけど)。

そんな感じで予選は俺がトップタイムで、相棒さんが2番手、全日本ラリーに出たことのあるK川さん(カートは初?)が3番手、てな順位。

決勝スタート直前
決勝スタート直前

決勝は例によってリバースグリッドで、ウチのチームは例によってオイラがスタートドライバー。最後尾からまくっていくぜー。~( ̄▽ ̄~)

基本的に初心者ばかりなので、当てないように一応気を使いながらも、スタート直後から次々とパス。しかし1ヘアでスピンした前の車を避けるときに、ちょっとミスってつられてスピン。orz

その後立て直したが、3位争いあたりでちょっと足止め。I社のY木さんがそこそこ速くていいラインを取っている。3周ぐらい接近戦が続いたが、隙を突いてパス。

一方、周りの様子を見てみると、結構スピンやコースアウトする人はいるけど、大きなクラッシュはなかったかな。

予選中に1台、3コーナーあたりで止まっちゃった車がいたけど、後で聞いてみたら、チェーンでも外れたのかアクセル踏んでも前に進まなくなっちゃったんだと。マシン入れ替えになった模様。

で、オイラは48.833というベストラップを残して10分ちょい過ぎた辺りでピットイン。

だいぶマージンを築いたはずなのでこのまま逃げ切れるかな、と思ったのだけど、第3ドライバーのK野くんが残り2分ぐらいで突如ピットインしてきた。

「足がつった・・・。orz」

なにーー!?

あわてて第2ドライバーM田さんにメットをかぶせて送り出す(爆

結果、何とか首位をキープしてチェッカー。2位は前回幹事S井さんチーム、3位はラリードライバーK川さんチーム。相棒さんチームは4位だった。

しかし、リザルト用紙をよく見てみたら、1位から4位まで31周で同一周回という、なかなかの接戦だったようだ。

K野くん、ネタをありがとう!!(笑

ぽでぃうむ!
ぽでぃうむ!

ともかく、幹事をやりつつ、予選トップタイムを出し、決勝もチームで優勝し、ファステストラップも出して、完全勝利ということで!(`・ω・´) 段取りはちょっとバタバタしたけど(汗

カートのタイム表

石野で貸切カート大会

久々の石野サーキット
久々の石野サーキット

職場の仲間たちと、石野サーキットで貸切カートやってきた。3人×5チームで1時間貸切パック(練習&予選20分・決勝30分)だ。

言いだしっぺは、以前耐久レースやったAE86海苔S井さんとその仕事のお相手部署の86海苔K林さん。経験者はK林さん・S井さん・オイラぐらいだったので、レベルが釣り合うように適当に分散させてチームを組んでみた。

その結果、オイラのチームのメンバーは、先週末一緒に山登った後輩♀と、サーキットに興味ある風なのに誘ってもなかなか反応してくれないMさん(笑)。

石野サーキットは、その昔46秒台を叩き出したこともあるようなんだが、その後のコース改修やマシンの入れ替えで最近はタイムが下がってる模様。

とは言え、48秒台には入れたいなーと思っていたのだが、予選で走ってみてビックリ。タイヤ冷えた状態からの約5分6周程度では、50秒切れんかった。orz

内心ガックリしながらも予選トップタイムはキープしていたのだが、予選後半に登場したK林さん・S井さんがガンガンタイムを上げてきて、結局K林さんに抜かれて予選は2位。

その頃、ウチのチームのメンバーは、スピンもなく手堅く走りつつも、後輩♀が1台抜いたりもしていた模様。あ、オイラ予選で1回スピンしたな(笑)。

で、決勝。

色々アドバイスしたり戦略を練ったりとかする暇もなく、慌しく決勝が始まろうとするので、ウチのチームはとりあえずオイラがスタートドライバー。その後は後輩♀の体力の無さwを考慮して、俺10分→後輩♀5分→Mさん10分→後輩♀5分、という作戦。

決勝は当然のごとくリバースグリッドなので、オイラは4番手スタート。ライバルのKさん・Sさんはスタートドライバーではないので、経験にモノを言わせて、シグナルスタートをバッチリ決めて、1・2コーナーで全車パスしてそのままブッチギリ(爆)。

そして何台も周回遅れにしつつラップタイムを気にしてたんだけど、やっぱり50秒が切れない…。○| ̄|_

そのうち10分経過してそろそろドライバーチェンジしなきゃなーという頃、いい感じに8コーナーをクリアできて最終コーナーもスピードを乗せたまま通過できそうなので、もう1ラップアタックすることに(笑)。

すると、絶妙にクリアラップが取れて、ようやく49秒後半!

で、案の定最終コーナーがイイ感じだったので、もう1ラップ(爆)。まあ、メンバーの負担(走行時間w)を減らしてあげたということで。( ̄▽ ̄;

そして何とかたたき出したのが、49.418。てなところでピットイン。

で、後輩♀は無難に走ってるようなので、その間にMさんにライン取りや踏みどころなどのアドバイスをしていたら、いつのまにやら5分以上経っていた(汗)。

とりあえず懐中電灯で合図を送ってピットインの指示を出し、Mさんにドライバーチェンジ。

さて、最後のドライバーチェンジの指示をいつ出そうかなーと時計を見ると、残り11分とな。やはりピットインのタイムロスを加味すると、オイラちょっと走りすぎたかな(汗)。

と思ったけど、どうやら後輩♀は既にお腹一杯らしく、残りはこのままMさんに走ってもらうことにした。

ところで、肝心の順位のほうは、オイラが最初にぶっちぎって稼いだマージンがまだあって首位をキープしていたのだけど、電光掲示板を見てたら、下のほうから2台ガンガン順位を上げてきている。

K林さんとS井さんだ!(;´Д`)

そしてふと気が付くと、順位が入れ替わっていた!!

で、そのままチェッカーとなったのだけど、チェッカーが振られたタイミングがビミョーで、Mさんが通過した直後に振られて、その瞬間シグナルの赤点滅が始まったので、Mさんもそのラップで終わりと思ってピットに戻ってきてしまった。

あとでラップチャート見て気付いたのだけど、どうやらMさんの真後ろに迫ってたのが、トップのK林さんだったようだ。で、もしMさんんがそのまま1周してチェッカーを受けていたら、ギリギリ同一周回だったようだ(笑

と言うわけで、1位K林チーム・2位たぽチーム・3位S井チームなんて、幹事が上位を占めるという茶番くさい展開wでレース終了。ファステストラップはオイラが頂き☆

しかし、最近レンタルカートにはまり始めた某御仁に経験者ヅラしてアドバイスなんかしちゃったりしてたけど、あっさり負けちゃいましたよ☆最終コーナーは余裕で全開でいけるんだけどなー。(´・ω・`)

ところで、今回ラップチャートは順位と各チームの周回数・ベストタイムが載ったやつ1枚しかなかったんだけど、チームごとの全ラップが載ったチャートは出してくれなくなっちゃったのかな?あれがあると走行後にしばらくネタにできるのになあ…。

常滑イオンでカートやってきた

予想外に時間の掛かった某パーツを受け取り、めんたいパークとコストコを経由して、常滑イオン(シーサイドサーキット)でレンタルカートやってきた。過去のタイム一覧(カート)はこちら

週末だからかなかなか盛況で、殺伐とした雰囲気が全然なくて、設備もきれいでマシンも妙に安全・安心な感じ(笑)。なんせ走行時間が終了すると勝手にリミッターが掛かるとゆー徹底ぶり。もうちょいで8周目が計測できそうだったけど、最終コーナー手前でリミッターが入ってピットレーンへ ~( ̄▽ ̄~

そんなこんなで初走行のタイムは、40.406秒。41秒を切ると速いマシンに乗れるってことなので、とりあえずの目標はクリア。

しかし、速いマシンに乗るための条件が厳しい!41秒を切る・10回以上走る・ライセンス発行料(=回数券)11,000円だとさ。

10回はちょっと頑張りすぎじゃねー?ギリギリ切れない人にとってはそれぐらい必要かも知れんけど、サクッと速いマシンに乗りたい人にとっては、ライセンス料も含めて金額的なハードル高すぎ。orz

ちなみに、2年ぶりにカートやった相棒さんは、タイム切れなかったとさ。 ┐( ̄~ ̄)┌

SR ALL STAR Meeting

後輩君に誘われて、静岡のエコパスタジアムまでSR ALL STAR Meetingというイベントに行ってきた。シルビア・180SXの大規模オフ会ですな。

後輩君はこの日のためにマフラー交換を決行したのだけど、やっぱりその後干渉音が気になって、強化吊りゴムと延長ステーで昨日対策したんだそうな。お疲れさん(笑

この前のセリカdayもなかなかの台数だったけど、今回はさらに凄いね。さすがメジャー車種(笑)。

では個人的に気になった車両を画像とともにお届け。

まずは、なんといってもアンダー鈴木号。筑波最速だっけ?フロントウィング凄すぎ。そしてリア周りもパイクスピーク車両みたいだ。

カーボンだらけ
カーボンだらけ

そして、こちらの赤いマシン。深みのあるワインレッドがなんとも言えず、気に入っちゃった。

ワインレッドなS15
ワインレッドなS15

他にも、主催者の一人の青いS15も気に入ったんだけど、いい画像が撮れてなかった。残念。「金掛かってます」とか弄られてたけど、ガレージもスゲーっす、このお方。

で、ここからはイロモノコーナー(笑)。

まずはこちらの旧車ルックのマシン。後ろから見るとS14だった。他にも、前から見るとS30?・後ろから見るとR34?・中身はS15?な痛車とか、不思議なクルマが一杯。

旧車風味なS14
旧車風味なS14

ところで、かつてS14のバンパーやアコードのヘッドライトを流用してたカレンがいたけど、S14にもアコードのヘッドライトが付くらしい(笑)。彼らの中では互換性があるようだ(爆)。

何か違うヘッドライト
何か違うヘッドライト

そして最後に、S14のふりして紛れ込もうとしたカレン(爆)。

似非14
似非14

会場に到着したとき、後輩君のS15に続いて駐車スペースに入ろうとして、スタッフさんに「車種ごとに場所を分けてるので、S15とS14は別になっちゃうんです。すんませーん。」とS14コーナーに誘導されそうになって、「いや、ウチはエントリーしてないんで。ていうかS14でもないんでw」と自己申告して、見学者駐車場へ停めたのだった(笑)。

そんなこんなで、解散後の渋滞を避けるため、ちょっと早めに撤収して、思いつきでつま恋へ移動して、後輩君のカートデビュー。

つま恋のカート場
つま恋のカート場

久しぶりのカートだったけど、なんだか快適だった。ペダルの奥行き調整ができなかったり、レンタルのヘルメットがきつかったりしたけど、コースがなんだか楽しかった。石野の逆周り風かな。ただ、非会員だとラップタイムを印刷してもらえないのは残念。

↓は後輩君の初走行の様子。チェッカー後に追い上げていくのがオイラ(笑)。

で、その後浜松餃子を食いに行ったら、開店直後なのに50分待ちとか言われて断念。結局、新東名のSAでちょっと早めの晩飯を食って解散。お疲れさんでした。m(_ _)m

ローストビーフ丼(メガ盛り)とラーメン&餃子
ローストビーフ丼(メガ盛り)とラーメン&餃子

甥っ子カート対決 リベンジの巻(笑

初盆てことで、相棒さんの実家に義兄一家がやってきていて、例によって甥っ子姪っ子の相手をしているのだが、今年はラジコン持っていって一緒にドリドリしたりとか、主に甥っ子と遊んでた。

そんでもって、どうせならと石野でレンタルカート対決してきた。(`・ω・´)

こいつのとカート対決は、なんと7年ぶり。前回はこんなチビッ子だったため、体重ハンデの影響が大きく(?)負けてしまったが、そのチビッ子もいつの間にやら中学生。普通サイズのレンタルカートで、イコールコンディションでいざ勝負!

かつて結構本気でカートやってた少年が、初のレンタルカートで、初走行のサーキットでどこまでヤれるのか見届けてやろうではないかと、こっちも手加減なしで走行(爆)。

結果、2ヒート走って、俺は48.704秒。甥っ子は50秒切れず。大人げない大人の本気を見せてやったわい。( ´,_ゝ`)

久しぶりにカート

仕事帰りに職場の仲間(AE86・RX-8・プリウス)と相棒さんを引き連れて石野サーキットを走ってきた。

久しぶりだったせいか、寒くてタイヤが温まらないせいか、スピンしまくった。そして、特に最初の1ヒート目は、かろうじて50秒を切るのがやっとなレベルまで劣化していた…。しかも、微妙に相棒さんに負けた。orz

しかし、たまたま乗った13号車は、どうやら本日の当たりカートだったらしく、かなりのパワーとスピードの伸びを感じる。なのにリアがすぐ飛んでくので、1~2コーナーでずいぶん早めにブレーキを掛けてる気がする。そして、最終コーナーの1個前がベタ踏みで行けそうでイケない…。orz

と言うわけで、レースパックの予選も同じマシンで丁寧に走ったら、48.272でコレが本日のベストラップ。カキンッとブレーキで向き変えて、スピンしそうなのをこらえながらコーナーを抜けるってのをしばらく試したんだけど、やっぱりリアがロックしない程度のブレーキでちゃんとクリッピングポイントを抑えながら走るほうが速いらしい。

で、決勝は例によってリバースグリッド。

先頭はカート初走行のRX-8さん、2番手はカート4回目のプリウス君、3番手はYZで耐久レース一緒に走ったAE86さん、4番手相棒さん、そして最後尾がオイラ。

しかし、よりによって決勝はさっきと違うマシンになってしまって、ようやく慣れてきたパワフル13号車はAE86さんの手に。オイラは相棒さんが乗ってた1号車。グリッドに並ぶまでに色々試したけど、やっぱりアクセル踏んでからの立ち上がりがヌルい…。

まぁ、ともかく、シグナルスタート!

すると、案の定AE86さんと相棒さんがいいスタートを決めて、さっそく前の2台をパスして差を広げていく。オイラも続こうと思ったけど、初心者相手にあまりえげつない事しても悪いかなと思って、ヘアピンぐらいまでおとなしくしておこうとしたのに、なんと2コーナーあたりでスピン。Σ(゚Д゚|||)

その後、初心者2台は普通にパスしたんだけど、その後も何回もスピンして、先頭2台には全く追いつけず。(´・ω・`)

途中、RX-8さんがマシントラブルでリタイヤなんてアクシデントがあったり、 ファイナルラップで相棒さんがAE86さんに追いついてプレッシャーを掛ける場面もあったけど、基本的にはほとんど他車との絡みもなく、スピンしないようにタイムを詰めるような自分との戦い(笑

そして結果は、AE86さん、相棒さん、俺、プリウス君、RX-8さん、の順。やはり13号車は速かった。(ぇ

しかし、Fastest Lapはオイラが取ったど!<負け惜しみ

職場の仲間とカート

Title
Caption

ウチの部に配属された新人君(ZZT乗り)が、走りに興味あるらしいので、早速サーキットに行こう!と思ったら、もらい事故で修理中(´・ω・`)ってことなので、その他の連中も誘って仕事帰りにレンタルカート行ってきた。

今回の参加者は、以下の通り。

レースパックの前に、初走行組のためにフリー走行1本。初心者のために先導走行的に走ってやろうかと思ったけど、86乗りがつついてきたので、引き離すことに(笑)。

で、オイラがトップタイム、相棒さんが2番手、86乗りが3番手だった模様。その間、初心者組はスピンしたり手アンダーでコースアウトしたりと、モータースポーツの醍醐味をちょっぴり味わってみたり。みなさん想像以上のスピード感・ダイレクト感に驚いている様子。( ̄ー ̄)

フリー走行が終わる頃、コッシーとそのお連れさんが到着。レースパックはやっぱり8台までと言うことなので、体力的にしんどそうな女性陣と入れ替わりでコッシーたちが参戦。

まずレースパックの予選、今回オイラが乗ったマシンはなかなかの当たりだった。が、ベストラップは48.874。うーん、イマイチ。でもまあ、トップタイム。

決勝は例によってリバースグリッド。なので最後尾からの追い上げ。86乗りが1つ前(右側)にいるので、左側アウトサイドから大回りにぶち抜き。外側のコンクリート路面も使って第1ヘアピンあたりで既にトップに。( ̄m ̄)

86乗りはダンゴ状態の他車をパスするのに手間取ったのか、なかなか浮上してこないので、こちらは危なげなくトップチェッカー。( ̄∀ ̄)/~~

というような決勝スタートの動画↓



走行終了後、N野さんがクレジットカードで立て替えてた走行代金を精算しようとしたときに、N野さん自身が現金を出したりして混乱を招き(笑)、女性陣に「疲れてるのかなあ(#´艸`)、こんな彼らが担当しているシステムが心配だわ」と笑われたり。