「ブレーキ」カテゴリーアーカイブ

bremboキャリパー他

キャリパー交換BBQ

第4回 車イジリBBQ
第4回 車イジリBBQ

恒例になりつつある、会社の同僚を呼んでBBQしながら車イジリの会、第4回を開催した。今回のお題はBRZのブレーキ交換。

使用前
使用前
使用後
使用後

素材はこちら。まずは中古のGRB用ブレーキ一式(キャリパー、ローター、パッド、パッドを固定する金具一式、キャリパー固定ボルト(新品))。ただし、ローターはP.C.D100加工済み。

GRB用ブレーキ一式
GRB用ブレーキ一式

あと、エンドレスのブレーキホース(スイベル機構に期待して採用。ただしブレンボ用はなかったので、とりあえず普通の17インチ車用)。

ユニオンボルトも新品を用意した。ホースのつなぎ替えを効率よくするために。

 

そのものズバリの情報は意外と見つけられなかったんだけど、BRZ, 86にGRB, GVB, VABのブレーキは一応ほぼポン付け可能。加工が必要なのはローターの100-5H化のみ(ホースの取り回しはちょっと怪しいけど)。※スバルのキャリパーについてはここが詳しかった。

なので当初は、プロミューの2ピースローターにして、フロントは元から10穴なのでOKで、リアだけ自分で穴開けてやろうかと思ってたんだけど(アルミなので加工できるはず!)、ヤフオクを物色してたら「即決価格なら100-5H加工済みローター付けます」ていうのを見つけて、予算オーバーだったがポチッてやった(新品の2ピースローター買うよりはだいぶ安く上がったからこれでいいのだ)。そして届いたキャリパーは、再塗装されているのか、つるつるピカピカでラッキー♪

なお、上で「一応」と書いたのは、フロントのキャリパーの向きが逆になるから(BRZ, 86は車軸の前側にあるけど、インプレッサは後ろ側にある。エア抜きバルブは上に向けたいので、左右逆にして取り付ける)。そうすると、異径ピストンの大小がローターの回転方向に対して逆になるので、パッドの減りが偏るらしい。(解説は、例えばココ)

一方で、「そんなの誤差の範囲」という説もあり(あのページどこだったかなー?競技やってるショップのページだったと思うんだけど。ここだったかな?)、それを信じることにした。

エア抜きバルブの位置を変えるって手法もあるらしいのだが、普通には取れないネジ(配管用のテーパーネジ?)でふさがれてるらしく、高額の美品を破壊覚悟で加工する勇気はなかった。

あ、あと、リアのバックプレートは干渉するので、フチの部分をグラインダーでぶった切ってやった。手筒花火ばりに火の粉を浴びながらぶった切った。ガレージ中鉄粉だらけなんだろうな…。

で、BBQも解散して夜になってようやく作業完了。その結果、フロントは街乗り用の16インチが履けなくなった(笑)。リアは大丈夫だったんだけど。

なので、一応溝のある595RS-RRを久しぶりに履いたんだが、試走中にキャリパーの変化よりロードノイズのうるささに衝撃を受けた。早く新しいタイヤを買おう…。orz

 

ところで、今回のBBQには今年の新人も2人来たんだが、そのうちの1人は学生フォーミュラ経験者らしく将来有望(笑)。作業もちょっと手伝ってもらって(古キャリパーの取り外し)、新車時から外したことのないリアのキャリパー固定ボルトがメチャ固かったんだけど、外してくれて楽させてもらった。

しかし、手分けした弊害がいくつか…。

まず、4つ一気にキャリパー変えるとエアが多すぎてエア抜きがやりにくくなるので、前だけまずは軽くエア抜きしようと思ったんだけど、既にリアが外されてて(ホースはつないだままだけど)、いったんローターを挟むように戻してエア抜きした。

そして、フロントのホースのクリップが見慣れない形状だったので外すのに手こずって、取れたクリップを見せてもう片方(運転席側)を外してもらったんだけど、クリップがない状態でフレアナットを外そうとしたら、変な方に力が逃げてブラケットが曲がってしまった。

曲がったせいでクリップが入らず、フレアナットを外すのも一苦労だったし、ホース交換後にクリップが装着できなくなっちゃった。今度ブラケットだけ交換しよう。ていうか、このブラケット溶接されてなくてよかったな(汗

本日の失敗
本日の失敗

2号機、カナード装着

完成形
完成形

先週に引き続きの車イジリ。今シーズンの秘密兵器、カナードを装着した。FRPの安いやつにしようかと思ったけど送料がバカ高かったので、別のショップのカーボンのヤツにしてみた。

S, M, L, XLと、サイズバリエーションが豊富な中から、Lをチョイス。しかし、届いたやつは、思ったより大きかった(汗

サイズ合わせ
サイズ合わせ

ともかく、バンパーに合わせてカットするために、まずはダンボールで仮合わせ。うむ、デカイな。(;・∀・)

段ボールカナード
段ボールカナード

そして、おっかなびっくりカーボンカナードをカットする。最初は金ノコでギコギコやろうとしたけど、全然思ったように切れないので、途中で路線変更。切断砥石で大まかに(目標ラインに対して1~2cm残して)カットして、残りはエアグラインダーで削る。粉まみれだ…。(´=ω=`)

カナードの加工
カナードの加工

ていうところまでが、実は先週の作業。今週は、いよいよ車体に取り付ける。

まずは、付属のアルミアングルをカナード側に取り付け、角度を微調整しながら、車体に貼り付けて左右のバランスを確認。

左右チェック
左右チェック

で、穴の位置にマーキングしていよいよ穴あけ。

付属のボルトはM5の丸頭6角穴ボルトで、ナット側はラジコンのホイールに使ってるようなナイロンロックナット。着脱のしやすさを考えると、車体側はブラインドナット的なヤツにしたい。

外したときの目立ちにくさ的にはエビナットのがいいんだけど、きれいに穴を開けれない気がしたので、ジャックナットを採用。案の定、フェンダー側の穴はガタガタになってしまった。orz

が、ジャックナットに隠れて見えないので気にしないことにする(笑 (ちなみにM5のジャックナットの下穴は約10mm)

ジャックナット取り付け
ジャックナット取り付け

ジャックナットやエビナットはアンダーパネルの取り付けでも使っていて、その時は、ボルトとナットを組み合わせた、なんちゃってナッターで取り付けたんだけど、地味にめんどくさかったので、今回は工具を調達。ストレートのナッター&リベッター。

ストレートのナッター
ストレートのナッター

パーツを入れ替えるとリベットも打てる。さらにヘッドの向きが変えられる優れもの。しかし、ジャックナットに対してはストロークが足りなくて、2ストロークでかしめ完了。

しかし、いざ取り付けようと思ったら、カナード側のボルトが飛び出してて、車体側のボルトが取り付けれん。orz いったんカナード側のボルトを緩めて車体側にステーを取り付けてから、改めてカナード側を固定。

裏から見た図
裏から見た図(裏から見ると隙間が雑だなorz)

これじゃあ着脱が楽にならんではないか。そのうち、カナード側をリベットで固定してやるか。

それはともかく、アンダーパネルも装着して、ひとまず完成! うむ、カーボン率がちょっとUP。

完成!
完成!

そしてやっぱりデカイな!(゚∀゚)

ところで、途中でついでにアンダーパネルのステーとかも修正してたんだけど、オイルクーラーのステーもポッキリ折れてたので交換。こうなる予感はしてたけど、振動による金属疲労だな。

オイルクーラーのステー
オイルクーラーのステー

あと、ブレーキの位置も微調整。最終的に、ナックル側に1.6mm キャリパー側に1.0mmのワッシャーを挟んでジャストフィット。

キャリパーのオフセット調整
キャリパーのオフセット調整

そんな感じの車イジリでしたとさ。

2号機、ブレーキ周りのメンテ

プロミューから正しいローターがようやく届いたので、さっそく交換。間違ったほうは着払いでプロμに返品(笑)。

ローター×2
ローター×2

2ピースローターの交換は、地味にめんどくさい…。トルクレンチでちゃんと測定しながら組み付けるが、10個もボルトがあると、どこまでやったか分からなくなる。

2ピースローターの組立
2ピースローターの組立

古いローターは4年半使ったことになるようだが、外周部分に2ミリぐらいパッドが当たらない部分があったので、キャリパーを少し外側にずらすことにした。単純に2ミリのワッシャーをはさんだだけ。

外周の段差とワッシャー
外周の段差とワッシャー

しかし、ちょっとワッシャーが厚すぎたかも。見た感じ、パッドのフチがちょっとはみ出してるような…。

はみ出しパッド
はみ出しパッド

で、久しぶりにキャリパーを外したので、ちょっと念入りに掃除。ブレーキダストが堆積してた…。あと、キャリパーのダストブーツが破れてた。(´・ω・`)

破れたダストブーツ
破れたダストブーツ

最後にブレーキフルードの交換。しかし、ストックしてた缶の中身がちょっと少なくて、不完全燃焼。交換し切れなかった。リザーバタンクの液量もMINのあたり(汗)。

フルードと薄めのワッシャー、調達しておこうかな。

プロμまた誤品

2号機の(3号機でも使えるけどw)フロントのローター(2ピースローターのディスク部分)とパッドをネット通販で注文したんだが、2週間ちょいの納期を経て届いたのは、品番の違うローターだった。orz

届いた箱を空けたら、パッドとプチプチにくるまれたローターが出てきたんだけど、プチプチにはプロμからお店への宅急便のラベルが残ってて、そのラベルには正しい品番が書かれていた。

つまり、プロμが中身とラベルを間違えたようだ。orz

プロミューのローター、前にも一度注文と違うのが届いて交換してもらったことがあるんだけど、あれも店じゃなくてプロミューが間違えたのかなぁ? ┐( ̄ヘ ̄)┌

カレンの車高調O/H

本日の材料
本日の材料

ずいぶんと時間が掛かったが、2号機の車高調をオーバーホールしてもらった。40歳の誕生日プレゼント(笑)として、相棒さんのヘソクリから資金提供を受けたのだけど、色々あって予算オーバー。orz

「ビルシュタイン系の車高調は精度が高く作ってあって耐久性も高いから、O/Hが必要になるまでの距離が長くていいんだぜー」と買うときに言われてたけど、10年10万km以上、しかもかなり過酷な使用条件wで使い続けてしまった。

おかげで(たぶんガイドメタルが磨耗して)シリンダーのガタツキが酷くなってきたので、一念発起してようやくO/Hの依頼をしたのが8月末。

初期状態よりはバネを硬くしてるので、それに合わせて減衰特性を変更してもらおうと思ったのだけど、仕様変更は意外と金が掛かるようなので、思い切って減衰調整式にすることにした。おかげでちょっと予算オーバー。

あと、(特にフロントは)バネが遊んじゃってるので10mmショート加工することってことで、O/H内容は決定。

で、9月央ごろ仕事中にお店の担当さんから電話があって、「お宅の車高調は減衰調整にできんヤツだった~」とのこと。

なんですとー!?

記憶をさかのぼってみると、ウチのカレンのエナペタルは元々純正形状のダンパーで、そいつを仕様変更して車高調化したものだった。

通常のエナペタルの車高調はシリンダー径36mmなんだが(モータースポーツ用のもっと太いのもあるらしい)、純正形状は30mmだそうな。そして、減衰調整式は36mm以上ってことで、ウチのは30mmのままだったので、減衰調整式にできんとのこと。(´・ω・`)

うーむ、想定外。そしてもっと早く教えてくれればじっくり考えたのに。

どうやらこの時期、シーズンオフってことで車高調のO/Hラッシュなんだそうな。当初「1週間ぐらいじゃない?」とか言われてたのに、着手するまでに3週間ぐらいかかっとる。(゚Д゚)ゴルァ!

それはさておき、担当さんと電話しながら検討して、シリンダも36mmに交換して減衰調整化って案が出てきたので、とりあえず見積もりを出してもらうことにした。

そして週明けに再び連絡があって、出てきた見積もりは、

倍増!(当初の予算からすると3倍!!(爆))

いやー、ないわー。とりあえず、30mmのまま今のバネに合わせて仕様変更ってことで決着。今のシリンダーのうち1本は状態が悪くて交換になったので、微妙に代金上乗せかもってことだったけど。

「残りの3本もそれなりに消耗してるから、この機会に36mmにしたら?」とそそのかされたけど、我が家の台所事情を考慮して、ぐっと我慢…。

シャフトの傷とガイドメタル
シャフトの傷とガイドメタル

そんなこんなでようやくO/Hが完了して、ブツを引き取りに行ったのが先週の日曜。いろいろ出かける用事があったので先週末は作業できず、平日に段ボール箱を開けてみたら、バネやらアッパーマウントが入ってなかった。orz 古いシャフトやガイドメタルは入ってたんだけど。

ダンパー単体にしてエナペタルに送らないと工賃が高くなるからと、担当さんが気を利かせて店で分解してくれてたんだけど、渡すのを忘れてしまったそうな。(´・ω・`)

で、平日に相棒さんが取りに行ってくれて、今日ようやくカレンに装着。

久しぶりに着陸
久しぶりに着陸

うむ、ショート加工のおかげか、フロントが結構低いな(汗)。もうちょっとプリロード掛けておいてもいいかも。

 

以下、ついでにやった作業。

リアのキャンバー調整ボルトを撤去して純正に戻した。アーム側でキャンバー調整できるようになってるので、可動部を減らしたほうがよいかなと。

あと、リアのブレーキローターを交換した。DIXCELのスリットローター。こいつも10年近く使い続けてて、競技用のFFリヤ用っていうロックしにくいパッドにしてたせいか、不均一に錆が残ってしまってジャダーが激しくなってしまったので。

スリットローター
スリットローター

それから、スモールランプを交換。1個80のLEDは、片方すぐにチラつくようになっちゃったので、それなりの金額のヤツに替えてやった。

ちなみに、1ヶ月もウマに載せたまま放置してたから、バッテリー上がってた。バッテリーもそろそろ替えなきゃなー。

 

さて、リフレッシュした車高調の感触を確かめるために、近所をぐるっと試走。しかし、フロントに履いたタイヤが新品(と言っても入手したのは3ヶ月も前だが)だったので、ヌルヌルしてグリップしなくて、なんだか落ち着かない。

いつもなら1周で帰ってくるところを3周ぐらいして、加速・減速したりスラローム的にタイヤをこじったりして、軽く皮むきしてようやくまともに走れるようになった。

で、肝心の車高調の感触は、カレン自体が久しぶりすぎてよく分からんけど、ちょっと硬めでシャッキリした感じかな。皮むくのに一生懸命であんまり気にしてなかったけど、ステアリングのガタはたぶんなくなったはず。

さあ、これからのアタックシーズンに、効果は出るかな!?( ̄ー ̄)

ara_Rさんの鈴鹿デビュー

鈴鹿のピットにて
鈴鹿のピットにて

ara_Rさんの鈴鹿フルコースデビューに合わせて、2号機で出撃。冬のアタックタイヤも準備できつつあるが、今日は温存。スリップサインの出始めたZ2☆と旧フェデラルの組み合わせ。

鈴鹿に向かう道中、リアのキャリパーをリフレッシュした効果を確かめながら走っていると、リアはだいぶイイ感じになったが(まだローターのサビが落ちきってないので多少のジャダーは残ってるけど)、フロント足回りに違和感が…。

もともとここ最近、車庫入れなどで前後に向きを変えながらブレーキを踏んだときに、ゴキっとか鳴ることがあって、パッドかローターが前後に動いてるのかなあとか思ってたんだけど、今日はその異音がやけに激しい。

鈴鹿のピットに着いてから、とりあえずフロントのブレーキ周りを点検してみると…、

キャリパーブラケットのボルトが緩んどった。((((;゚Д゚))))

あっぶねー。この異音が出始めた頃に、一度キャリパーのガタツキも疑ってチェックしたことがあるんだけど、その時はキャリパー自体を手でゆすってみても特にガタは感じられなかったので、確かローター裏のボルトの増し締めはしなかったんだよなー。

そんな訳で、ようやく前後ともにブレーキ周りはマトモになったと思ったんだけど、いざ走ってみると、ヘアピンとかシケインとかのフルブレーキがなんか不安定…。フロントのZ2☆が終わってるのか、フロントがロックしやすい。(´・ω・`)

そして、2速・3速へのシフトチェンジがかなり渋い…。

130R手前で4速リミッター直前まで車速が伸びるのでパワー感はあるんだけど、フロントのグリップ不足(ダウンフォース不足?)で130Rは結構スピードを落とさないと曲がれないし、シケインの立ち上がりが甘いのか1コーナー手前の最高速が190km/h越えれなかった。

そんな言い訳グダグダな走りで、本日のベストタイムは2分40秒切れんかった。○| ̄|_

ara_R号、鈴鹿デビュー
ara_R号、鈴鹿デビュー

一方のara_Rさんは、30分×2本の走行であっさり2分33秒とか出してきおった。Σ( ̄□ ̄;

もはやara_R号に一泡吹かせられるとしたら、やはり真冬のALTだけなのか!?それかBRZのリミッターをカットしてニュータイヤを突っ込んでドップリ走り込んだら或いは…。

ブレーキO/H第2ラウンド

相棒さんが、スバルのDラーに行く前に、部品共販に寄ってカレンのブレーキオーバーホールキットを受け取ってくれたので、帰宅後にオイラがオーバーホールの続きを実施。

と言っても、面倒な分解・清掃は終わってるので、O/Hキットのゴム類にグリス塗ってキャリパーに組み付けて、車体に取り付けるだけ。あと、エア抜き(リアのみ実施)。

アンダーパネルは全然間に合わんかったけど、ブレーキはスッキリしたので、26日は何とか走れそうだな。( ̄ー ̄)

リアのキャリパーO/H

カレンのリアのブレーキは、結局ヤフオクで中古キャリパー(3S-GE用)を送料込みで3,000円でゲットしてきて、オーバーホールすることに決定。

GT-FOURキャリパーでもポン付けできねーかなー、なんて妄想したりもしたけど、タイミングよくヤフオクに出てなかったし、そもそもポン付けでもないっぽいので断念。いや、単に金と手間を惜しんだだけなんだけど。

で、部品共販に行って、別件の小物部品とともにオーバーホールキットを注文(支払いはTSキュービックのポイントを使用)したら、意外にも入荷するのが来週後半とか…。消耗品系はもっと早いと思ったんだけどなー。

ていうのが昨日の朝イチ。そして今日は、ちょっと筋肉痛だけども、届いた中古キャリパーの分解と清掃。

モノ自体は、後期ST202で使ってたってことで、わりと綺麗。シルバーで塗装されてる。ガタツキも少なめ。しかし、所々ブーツが破れてるので、やっぱりO/H前提だな。

今回はピストンを抜くのにエアを使ってみた。1回目はペンチでつまんで無理やり引っこ抜いた。2回目は確かブレーキペダル踏んで押し出した。で、今回はエア攻撃。

中古キャリパーは、ぶった切られたブレーキホースがつながったままだったので、そのゴムホースにエアガンの先を押し当てて、ジワジワ押し出してポンって発射したんだが、こんなホース付いてない状態だったらどうやってエアを送り込むんだろ?? (12/28追記:キャリパーとホースの接続部の穴に布を被せて、そこにエアガンの先端を当ててエアを送ればOKだそうな。みんカラのガンちゃんのコメントより)

それから、ピストンのダストブーツを引っぺがすのにもひと苦労。これまでどうやって外してたんだっけ??結局、ゴムの部分は引きちぎれてしまって、残ったリングとゴムの一部を、精密ドライバーのマイナスでこじったりして無理やり摘出。

ダストブーツの溝
ダストブーツの溝

そして、そのダストブーツがはまってた溝に、ブレーキダストやらグリスやらサビやら色々堆積してたのを、精密ドライバーでゴリゴリ掻き出してやった。

おかげで安物精密ドライバーが曲がったり欠けたり…。

ピストン磨き
ピストン磨き

あとは、抜き取ったピストンの側面が、サビなのか何なのか少し汚れていたので、耐水ペーパーで軽くこすって滑らかにしてやった。

続きはオーバーホールキットが届いてから。

アンダーパネルの材料調達

ってなわけで、大き目のホームセンターで材料を調達してきた。

  • アルミ複合板(約1820mm×910mm×t3.0mm)
  • 養生用プラダン(半透明。採寸用。)
  • 取付け用のステー
  • M6のボルト、ナット、など

ところが、デカイ荷物が運べるように後部座席のない2号機(カレン)で出撃したんだけど、カレンにも入らんかった。○| ̄|_

どーしよー、と途方に暮れてるところに、店員のおにーちゃんがやってきて、「軽トラ貸しましょうか?」と神の声。(゚∀゚) (まあ、借りられることは知ってたけど、60分無料とは知らなかった。)

快適軽トラ体験
快適軽トラ体験

と言うわけで、軽トラ(AT)で運搬したんだが、店自体が新しいので軽トラもかなり新しいおかげか、思いのほか快適な軽トラ初ドライブだった。そりゃもう、この前乗った積車なんかとは比べ物にならんぐらい(笑)。

ところで、家からホームセンターまで往復する道中、何やらカレンのブレーキに違和感が…。(´=ω=`)

元々ここ数年リアのブレーキの引きずりのような音(低速時にタイヤの回転に合わせて周期的にシャリシャリ言う)が気になっていたんだけど、今日はその音に合わせてブレーキペダルに振動が伝わってきた。キャリパーピストンのノックバックも起きてるのか、ブレーキ抜けの症状も若干…。

ブレーキ抜けってことなのでハブベアリングのガタも怪しいんだけど、リアのハブのガタは最近ちょくちょくチェックしてて、特に問題はなさそう…。

だとすると、ローターが曲がってるのかなーと思って、ローターを見てみると、左リアのローターだけサビが全然落ちてない。そしてそのサビが一部だけひどくて、指で触って分かるぐらいの段差ができてた(レコード盤的な半径方向の段差ではなく、円周方向の段差)。

振動やノックバックの直接の原因はこれだな。(´=ω=`)

じゃあなんでローターのサビが落ちないのか。そりゃブレーキパッドが当たってないってことだわな。キャリパーのスライドピンの固着かなあ。でもこの前ばらした時はそこまで動きは悪くなかったと思うんだけど…。むしろスライドピンのガタの方が気になったぐらいで…。

そういえば、車検のときにリアブレーキの効きが片側おかしかったけど、その頃からなんだろうなー。

さて、キャリパーのオーバーホールするか、中古でキャリパーゲットするか。はたまたキャリパーのグレードアップするか!?

3号機、ブレーキパッド交換

BRZのブレーキパッド交換
BRZのブレーキパッド交換

と言うわけで、明日のシェイクダウンに向けて、ブレーキパッドを交換。銘柄はいつものプロμHC+。相棒さんはカックンブレーキがお好みなので。(○´艸`)

今回、前後1台分キャンペーンでお得にゲットしたんだが、こんなデカイ箱に入ってきた。今まで1台分キャンペーンって使ったことなかったっけかなあ?

前後1台分キャンペーン
前後1台分キャンペーン

あとついでに、久しぶりにフルードのエア抜きも実施。

ちなみに、使用済みのパッドはこんな感じ。フロントはまだ5mmぐらいありそうなので、予備として取っておくかな。(笑

使用済み
使用済み

で、ペラペラになるまで使い込んでたから、キャリパーのピストンがかなり突出していて、そのせいでダストブーツが伸びちゃって、ピストンを押し戻してもブーツが綺麗に縮まなかった…。早くもオーバーホールキットが必要かなあ。orz