鈴鹿本コースデビュー

雨のホームストレート
よりによって今日だけ雨.誰だ,雨男はっ!>俺?
しかもその雨の朝,リアのブレーキパッド交換してたりして(笑.
例によって節約のため高速を使わず鈴鹿サーキットへ.ファン感謝デーのときと同じゲートを通ってピット裏の駐車場へ行くと,気合の入ったスカイラインが何台も停まっていた.ピットの様子をうかがってると,みんな適当に車を入れてるようなので,うちも動かしてレビンが2台入ってるピットへ入れた.


受付時間が近づくと,気合の入ったスカイラインはますます増えていった.ひょっとして,ぱっと見ノーマルのうちのカレンは結構場違いなんじゃ??場違いっぷりはヴィッツといい勝負?
結局1つのピットに7,8台の車が入って,みんなそれぞれ走行準備を進めてる.もうちょっとピット使わせてくれればいいのに….それに,本場鈴鹿なのにピット内禁煙が徹底されてないのは正直ガッカリ.小さなサーキットでも「火気厳禁」って分かりやすい理由で禁煙がそれなりに定着しているのにねぇ.
さて,そうこうするうちに,コントロールタワーでのミーティングも終わって完熟走行.どうやら俺たちAグループの枠内で全員分の完熟走行をやるらしい(Aグループってちょっと損だよな…).俺は前回一応本コースを走ったので,今回の完熟走行は相棒さんが運転することにした.相棒さんはカナリ緊張気味.ピット内のアナウンスは壁に反響しちゃって何言ってるか分かんないので状況がつかめず,気が付いたらみんなピットロードに待機してて慌ててうちも発進.
完熟走行1周目はわりとゆっくりめ.それでも前回のサーキットランよりは明らかに速い.いいなー.俺も早く走りてー.2周目に入ると,ちゃんとHKSサーキットアタックカウンターもスタートして動作OK♪今度はさっきよりスピードも出てる.先導車からは結構離れてるので,ラインとかはよく分からなかったけど,俺は助手席だったせいもあって,コーナー手前の距離看板や旗を振るポストの位置は一通り見れた.
2周目のシケインを抜けたところでピットインし完熟走行は終了.各車一斉にスタート!といいたいところだけど,うちはドライバー交代.まずは俺が運転することに.白いGT-Rに続いてピットアウト.完全にウェットなので白GT-Rは結構慎重に走ってる模様.余裕で付いていける.でも,逆バンクを抜けたあたりでRX-7に追いつかれたのでデグナー前で追い越してもらう.追い越されるとしぶきがすごくて前が見えん(汗.
ふと気が付くと赤信号が点滅してる.はて?ヘアピン(だったかな?)のポストでは黄旗を振ってる.おお,なんか派手にコースアウトしとる(汗.次のポストでは赤旗振ってる.なに?1周もしとらんのにもう戻るの!?(涙.つーか,西ストレートでもガードレールにぶつかったような形跡があるんだけど….
ピットに戻ると,救援作業が画面に映ってた….結局走行再開はAグループ1回目の枠が終わる直前だったのだけど,気を利かせてくれたのか,ちょっと延長してくれることになった.
まだ1ラップもタイムが残せてないので,走行再開までピットロードでやる気満々で待機.信号が青になるのと同時にレビンに続いてスタート!!….ヘアピン後の200R(?)で今度は目の前のレビンがスピン.なんかスローモーションを見るかのように,回りながらコースアウトしていく.アクセルをゆるめて様子をうかがってたら,後のCR-X(?)に抜かれた(汗.
3位入賞!?(なんちゃって)
そんなこんなで無難に周回を重ね,やっと1回ラップを取ることができた.タイムは3’28.954.次の周にはもうチェッカーが振られた.やれやれ.鈴鹿って1周が長いから,1度走り出したらある程度走り続けないとタイムが取れないんだねぇ….ピットに戻って画面を見ると,どうやらラップタイムと順位が表示されるようだ.この時点ではなんと3位.ホンマかいな(汗.
次はBグループ(鈴鹿経験者のみ)1回目.当然タイムは塗り替えられていく….
Aグループ2回目は相棒さんが出走♪ガチガチに緊張してるけどだいじょぶかな….「少なくともタイムは残して帰ってこいよ」と声をかけ,れっつごー♪いったんスタートしてしまうと,ピットからはホームストレート以外の状況が分かんないのは,広いサーキットのあかしか….
結局相棒さんも,1ラップだけタイムを残してピットイン.どうやらピットイン前の周で,ヘアピンでスピンしたらしい.お大事に~.さて,相棒さんのタイムは,3’36.178.おー,結構近いぢゃん.
続いて俺が運転席に乗り込み発進(ごめんよカレンちゃん)!…と思ったけど,なんか4点ベルトがゆるい.あぁ,左のバックルが裏返ってる(泣.走りながらじゃ直せないので,残り時間も少ないけどピットイン.ピットロードからふと左を見ると,チェッカー振ってるちゃん!
なんともしまりのない終わり方で俺たちの鈴鹿デビューは終了.完全にウェットとはいえ,ヘアピンやシケインなどの低速コーナーはしっかりグリップする.これがドライなら,ちゃんと荷重を載せないとタイヤの肩ばっかり減るよ,ってことか.でも,長いストレートとその後のブレーキングでは,さすがに雨が怖くて踏み込めなかった.ストレートの後半はぜんぜん全開にできずに,パーシャル状態で走ってしまった.次こそはドライで走りたいぞ.ちなみにタイムは42台中28位だった.トップ(GT-R)1台だけ飛びぬけて2’51で,後はみんな3分台.他人と比較してもしょうがないけど,鈴鹿経験アリのGT-Rとかより速かったのはなんかうれしいぞ(笑.
そうそう,せっかく油温計・水温計つけたんだからメモっとこう.油温約110℃・水温約100℃だった.雨だったし,あんまり全開にできなかったし,速度もそれなりに出てたから,コレでもわりと低めなのかな.街乗りでも90℃前後だし.ほかのカレンはどれくらいなんだろうか?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.