Ozzfest!

今頃(2007/6/24)になって思い出しながら書いてます(笑)

今日はこの旅行のメインイベント,Ozzfestだ!マンハッタン島から電車(NJトランジット)に乗ってニュージャージー州へ.
ぶっちゃけ,電車の乗り方もよく分からんし,不安でいっぱいだが,何とかなるだろってことで,出発した.

NJトランジットは,近鉄特急みたいな感じと言ったらいいだろうか.NYの地下鉄よりは上流な雰囲気だけど,微妙に寂しげな感じ? 切符代わりの細長い札を,前の座席の肩のベルトにはさむのが暗黙のルールのようだ.周りの乗客の真似をしてみた.

目的の駅に降り立つと,結構田舎(汗).それっぽい人も見当たらない.バスで会場まで行けるはずなんだが….ちょっと歩いたところにバスが止まってたので,運転手に「Ozzfestに行きたいんだけど」と話してみると,「これに乗ってけ」っとな.確かに乗客はみんなそれっぽい格好だ(笑).ってな感じで会場に到着!

2ndステージ

Title
Caption

若手の集うセカンドステージでは,熱いパフォーマンスが繰り広げられてた.しかし,熱いのはステージの上だけじゃなかった.

ビビリの俺たちは,観客席(?)のやや後ろ,PAの脇の空間で見物してた.前の方では激しくモッシュしてる.ふと気が付くと,モッシュ集団の中の約2名の様子が変だ.マジで殴り合ってる.鼻血出してる(汗).

そのうち巨漢セキュリティがのしのしやってきて,殴り合ってる2人の片方を後ろから羽交い絞めにして,あっという間に連れて行ってしまった(汁).さすが,本場は違うぜ.( ゜д゜)

メインステージまでの間

Title
Caption

メインステージまでの時間では,色んなバンドがファンとの交流イベントをやってるらしく,お目当てのDisturbedもサイン会をやるみたい.でも,行列に並ぶには,その場でCDを買わなきゃいけないそうな.もうそのCD持ってるんだけど,ここまで来てケチケチしてられん(笑).日本盤・いろんな国の初回限定盤などなど合わせて,Sickness 2枚・Believe 4枚だ(爆).

で,お待ちかねのメンバー登場で会場は熱気ムンムン.俺たちもメンバー全員と記念撮影したりサインもらったりで大満足.

Title
Caption

メインステージ開始にはまだちょっと時間があるけど,ちょっと早めに観客席に行ってみた.しばらくすると,正面のスクリーンにこんな表示が….

オジーは来ないってかorz.まあ,いいけどさ,俺たちはDisturbed目当てだから.

Marilyn Manson色んな意味でスゲェ

Title
Caption

日が傾いてきた頃,メインステージ開演!1組目のChevelleはあんまりパッとしなかったので省略.

2組目はマリリン・マンソン.実はあまり興味なかったんだけど,ステージ見てビックリ.なんだかわけの分からんオーラ出しまくり.ちょっとこんなまだ明るい時間には似合わんような,エロい演出盛りだくさん(笑).日本でもライブやるらしいけど,これ,そのままヤれるのかなぁ.ダンサーのアソコ(※偽物だよ.念のため.)にマイク突っ込んでるよ(汁).

Disturbed登場!

Title
Caption

薄暗くなってきたところで,お目当てのDisturbedの登場.いやー,金さえ出せばこんな近くの席が取れるアメリカって,資本主義の国だなぁと実感.

ところで,その観客席はこんな前の方でも所々空きがある.どうやらアメリカの連中は,お目当てのバンドだけ観るようだ.マンソンを観終わったヤツが,「オレの席使っていいよ」と(たぶん)言って去っていった.

Kornと帰りの電車

Ozzyが出ないのでKornがメインステージのトリ.Kornはマイクスタンドとドラムセットがかっちょよかった.プレイもかっちょいいんだけどさ.

でも,電車で来てる俺たちは,そろそろ終電orz.Kornの途中だけど脱出して駅まで歩き始めた.
駅に着くと,相棒さんはどうも熱中症気味なのか,具合悪そう(汗).

ふと気が付くと,俺たちと同じように電車を待つ日本人を発見.話しかけてみると,名古屋からNYの親父さん(?)ち経由で来てるらしい.その人と一緒に近くのコンビニで怪しげな緑茶(Green Tea with Ginseng and Honey)を買って水分補給.

帰りの電車では,Ozzfest帰りと思われる集団が前の方で騒いでたりもするけど,相棒さんは隣で爆睡(笑).そのうち,「耳が聞こえないんだよ,恵んでくれよ.」的な人がまわってきたのでドキドキしてると,騒いでた連中が「コレやるからがんばりな!」とコンドームを渡してた(爆).物乞いも大ウケ.オレは無難に幾らか寄付してやりすごした.

NYに戻ると,夜も更けているのに結構人がいて,雰囲気としてはやっぱり名古屋の栄みたいな感じ.もちろん規模や危険度は違うんだろうけど.でも,とにかく今回の大冒険(笑)は無事に終了.ホテルの部屋に帰ると,文字通り,バタンきゅー.

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.