4日目:Washington D.C.観光とFloridaへの移動…

Title
Caption

今日は夕方から,IAD(Washington D.C.)からMCO(Orlando, FL)(現地時間夜着)へ移動の予定.ついでなので,ワシントン観光をして行こうという計画.だがしかし….

Washington D.C.観光

フロリダではレンタカーを借りる予定なので,ワシントンD.C.への道中で旦那のJeepで路上教習(笑).うわー,右側通行ってすげー違和感(汗).赤信号でも左から来る車がなければ右折OKなんだって.合理的なようなそうでないような….

で,俺と相棒さんそれぞれ10分ぐらいずつ運転して,旦那にバトンタッチ.ペンタゴンや日本大使館の近くを通りながら,まずはThe Dancing Crabというカニ料理屋へ.

メニューを見ると,カニのサイズがSmall, Medium, Large, (もうひとつなんだっけ), Monsterって書いてある.モンスターって何だよ(汁).怖いもの見たさで頼んでみようかって話も出たけど,店員にそれぞれのサイズを聞いてみたら,「今日はMediumしかない」ってことで,大人4人+子供1人でカニMedium 10匹と生カキ6匹を注文した.そしたら店員に「それで全員分?」と聞かれたらしい.現地人は一人でそれくらい食うらしい(汗).

ふと店の壁を見ると,有名人っぽい写真がはってあって,その中にトム・クルーズがいた(!).でも他のヤツは誰だか分からなかった(笑).

Title
Caption

出てきたカニは,全体にスパイスがまぶしてある.ナイフ・フォークとともに木づちが渡されたんだけど,どうやって使うんだろうか?とりあえず木づちで甲羅を割ってみたけど,どうにも食べにくい….店員を呼び止めて一発実演してもらった.

すると結局日本と同じように,腹から甲羅を剥がして,胴体を真っ二つに割って,爪や足を食べるときにナイフを木づちで打ち込んで割ってた.さすが手馴れてる.

ってなわけで,真似して食ってみると,うまいんだけど例によって味が濃い.途中で甲羅が滑って相棒さんのバッグに落ちて,バッグがカニ味噌風味になった.orz

カニを食うのに手間取って,D.C.観光する時間がなくなっちゃったので,Jeepの車窓からD.C.めぐり(笑).国会議事堂やエンピツ(違)を眺めつつ,ダレス国際空港へ.

空港にて

もともとは17:05発の飛行機だったんだけど,16時ごろ(?)慌てて空港に駆け込んでみたら,19時ごろ出発に遅れてる.orz

とりあえずUNITEDのEasy Checkin(だったかな?)の端末で航空券をプリントしようとして,色々操作してたらちょっと離れた席になってしまった.どうやら,途中のEconomy Plusにするかどうかの選択肢でそのまま進んでいくと,その先で座席を選べるはずだったらしい.

UNITEDのカウンターで隣の席に変更できないか聞いてみると,「ゲートの中のカウンターで聞いてみろ」ってことだったので,相棒さんのねーちゃん一家に見送られながら,セキュリティチェックへ.

と,ここで相棒さん,お土産に買ったメイプルシロップが手荷物検査に引っかかってバッグを開ける羽目に(笑).
バッグは開けられたものの特に問題はなく,行きと同じ変な乗り物に乗ってゲートCへ.

とりあえずUNITEDのカウンターで座席を隣にできるか聞いてみたけど,もう一杯でダメだった.orz

ふと気が付くと,出発時間がさらに遅くなってる.他の便を見てみると所々キャンセルも出てる(汁).

自分達の便も,その後ジワジワ出発が遅くなっていったので,オーランドのホテルとレンタカー屋に「遅れます」の連絡をすることにした.携帯をレンタルしてたけど,小銭が大量に余ってたので,公衆電話からかけてみることにした.

が,かけ方がよく分からなくて四苦八苦してると,俺たちが待ってるC19ゲート周辺が急にザワザワっと慌ただしくなって,カウンターの前に行列ができてる.相棒さんもその列の後ろの方にいる(汗).結局キャンセルになったらしい._| ̄|○

と,とりあえず,レンタル携帯で旦那に連絡して,旅行保険の窓口にも連絡して,遅延証明(Delay Statementとかなんとか)を航空会社にもらえって事なので,そのまま行列に並んでいると,散々待たされた挙句,突然隣のカウンターに並びなおされて,話聞いてなくて要領の悪い俺たちは気が付いたらほとんどドンケツになっていて,その列も途中までさばいたところで突然クローズとか言い出して,ワケが分からんから何がどうなってるんだと話しかけたら「何度も同じこと言わせないでちょーだい.こっちはおしまい.あっちのCustomer Service Counterに行ってちょうだい」とか逆ギレされて,またたらいまわしだよってことでそっちのカウンターに並びなおして,ようやく順番がまわってきて,結局もう今日の便はないので明日の9時の便に振り替えってことになった.(´・ω・`)

で,今晩の宿は,UNITEDが50%持ちで一応宿が取れるらしい.残りの50%は旅行保険でまかなえるっぽいけど,めんどくせー.っていうか,こんなシチュエーションを乗り切れるほどの英語力はないよー.と途方にくれていたら,バージニアの自宅まであと少しだったはずの姉ちゃん一家がD.C.まで戻ってきてくれた.(T^T)

とりあえず発着ゲートから脱出してねーちゃん一家と合流.旦那様が通訳,というか代理で,オーランドの宿・レンタカー・今日の宿について電話で確認してくれて,オーランドの宿は予約した分の代金は発生・レンタカーは実際に借りた期間に応じた代金・今日の宿は空港から車で30分ぐらいで1泊$85ということが分かった.

で,今日の宿まで車で送ってもらって,明日の朝6:30頃タクシーを呼んでもらうように手配してもらって,ホントに本当にお世話になりましたっ!m(_ _)m

ってなところで午前2時ごろバタンきゅー.

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.