試乗(`・ω・´)

SKさんに症状を的確に伝えるため,そして何より自分が理解するため,実際に発症するのを体験するべく試乗(?)してきた.

至って快調でした.気持ちえぇー(爆).って,それじゃ意味がなーい!ヽ(`Д´)ノ

メカニックの話では,問題の症状はかなりランダムに発症するらしい.
今回みたいに5分や10分普通に走っても全然OKだったり,
交差点で右折中に発生したり….
発生するときの回転数もバラバラらしい.

症状が出ると,燃調が合ってないような感じで,
アクセル開けてもエンジンブレーキが掛かるような状況だそうな.
逆にアクセルOFFしたほうが進むぐらいだそうな….

次なる手は,木曜に後期ST202を借りてきて,
センサー類をとっかえひっかえしながら,
走行中のECUへの信号をモニタしてみるってさ.

と,ここでSKさんから突っ込み.SK号の症状と同じなんじゃないかと.AT用ECUの弊害じゃないかと.

で,Google先生で検索しまくって見つけた情報.

AE92(MT)にAE111(AT)の4A-Gを乗っけて,ECUをAT→MTに変えた場合

「低アクセル開度でクルージングするには、MTのECUよりトルクフルに感じました。が、急にアクセルを踏み込み、急加速すると、コンマ数秒、息付きの様に反応が鈍いです。」

アコードEuroRは,年式によって加速不良が出るらしい.(Poor Acceleration(ECU change)の項)

「低回転&高負荷の状況で発生しやすい.一度エンジンを切らないと元に戻らない.ECUを交換したら直った.」

よくよく考えてみると,AT→MT換装の場合でも,ECUをMT用に交換することがあるぐらいなんだから,こりゃAT用ECUが悪さしてるっぽいなぁ.それにしても,カルディナAT用とセリカAT用で症状が違うってのが分かりにくい!とりあえず,サンプルST202後期とのとっかえひっかえは,ECUもやってもらおう.

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください