STIギヤシフトレバー装着

クイックシフト装着中
クイックシフト装着中

3号機購入時に、値引きの代わりにオマケしてもらった追加パーツの2つ目、STIのギアシフトレバー(クイックシフト)をようやく装着した。(ちなみに1つ目は、アンダーカバー)

カレンにクイックシフトを装着したことがあるからナメてたけど、BRZの内装バラシに慣れてないってのと、FRだからか、意外と手こずった。

まず、某所でゲットしてきた整備書の抜粋を元に、内装をバラす。初めてバラすところは、相変わらず力の加減が分からずドキドキするが、カレンのような金属クリップよりも、現代っ子の樹脂クリップは外しやすいかも。外す場所と向きさえ分かってれば。

あと、シフトブーツの外し方。表の革のブーツも中のゴムのブーツも、シフトレバーの上側にムギュっと引っ張っちゃえばいいと気付くのに、ちょっと時間かかってしまった。

そして問題のシフトレバー。先端にまたゴムブーツが付いてるんだが、スペースが狭くてなかなか外れない。このブーツは再使用不可らしく、クイックシフトに新品ブーツが付属してたので、工具でグリグリやって無理やり引っぺがしてやった。やぶれちゃったのでホントに再使用不可(笑)。

で、ショートシフトの方を取り付けるんだが、そのゴムブーツをかぶせるところが一番手ごわかった。狭い隙間でグリグリやってるときに、シフトレバーを支える金属のフチで、人差し指の関節部分をパックリ切ってしまった。3号機に噛みつかれたの、2回目だ…。orz

バンドエイドで応急処置して第2ラウンド。問題のゴムブーツは、車体から生えてる棒の方にかぶせておいて、シフトレバーを接続してから、接続部にかぶせるようにしたら、なんとか定位置に設置できた。こっちの穴のが小さいから、こんなに広がると思わなかったんだもん。

そして、整備書の指示に従って、シックネスゲージでシフトレバーキャップの位置を調整して、内装を戻して完成!

しかし、肝心のショート化による変化は、位置調整でシフトをガチャガチャ動かしてるうちに慣れてしまって、ほとんど体感できず…。(´・ω・`)

スポンサード リンク

「STIギヤシフトレバー装着」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.