西浦でR1Rデビュー

Title
Caption

予定変更をさらに変更して、月曜にスパ西浦を走ってきた(11時と14時)。うまく予定が合わせられなかった方々、スマソ…。m(_ _)m

元祖反則タイヤR1Rは、確かになかなかのグリップだ。そして噂どおり、なかなかの減りっぷりだ。orz

しかし、フロント:R1R・リア:フェデラル、の組み合わせは、かなりいい感じだ。1コーナーのフルブレーキでもほとんどリアが乱れない。と言うわけで、1コーナーは50m看板ちょい手前まで頑張れた。( ̄ー ̄)

が、タイムはいまひとつ伸び悩み1分2秒76。

これまでのベストは、おろしたてのクムホ出だした1分2秒126。それだけクムホがすごかったってことか? うーむ、その前にも、リアつるつるのRS Sportsで1分2秒7出してるしなぁ。やっぱり多少ドリドリしないとダメなのかな。

いや、単に走りこみ不足か。orz

よーし、今シーズンは走りこむぞー!?

はっ、消しゴムタイヤがもたんか。orz

ところでその消しゴムタイヤだけど、荷重を掛けてやればステアリング切っただけ曲がっていく感じで、さすが反則タイヤと言われるだけのことはある。しかしクムホを味わった後だとそのインパクトはちょっと薄まってしまう。でも、言われるほどグニュグニュした感じはなく、俺にとっては意外と素直な印象。

まだあまりスキール音を鳴らしたりロックしたりってとこまで攻め込んでないから分からんけど、これはなかなかお買い得なタイヤかも。あとはライフかな。

2時間走行後、タイヤをチェックしてみたら、既に減った感じが…。そしてクムホと同じように、トレッドの溝のエッジが立つように削れてる。まあ、他の人のR1Rも似たような減り方してたような気がするから、こんなもんなんでしょう。さあ、どこまで持つかな。( ̄m ̄)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください