西浦の走行の分析

Title
Caption

青いラインが俺のベスト、赤いラインが相棒さんのベストラップ。立体交差直後はGPS信号が乱れてるので、あまりあてにならないが、それ以外は結構違いが出た。逆に言うと、これぐらいの規模のサーキットじゃないとよく分からんてことかな。

で、違いはというと、相棒さんはコーナー進入でまっすぐブレーキングしてアウトから入ってくるのに対して、俺はブレーキングしながらターンインを開始するので先にインに付く感じ。1コーナーと、後半の2連ヘアピンが特に顕著。

でも、立体交差後のS字の進入は俺のがアウトから進入してる。同じノリで早めにインについてもいいかも。あと、S字からの脱出は、俺は右アウトいっぱいまで使ってるが、相棒さんはまだ使い切ってない。

それから、2ヘアの後の右→右→最終コーナーがずいぶん違う。1個目の右は俺は普通に全開でイケるんだけど、2速だとレブるので3速にシフトアップしてる。で、左いっぱい(ほぼピットロード入り口)でブレーキング、って感じ。

他にも、車速のグラフも比較してみたんだけど、1コーナーのツッコミが甘あまですな。

次の土曜の鈴鹿フルコース(ずいぶん久しぶりだ…)までに、グランツで修行しておくよーに!>相棒さん

てなわけで、オイラのベストラップの車載動画をアップしてみた。



スポンサード リンク

「西浦の走行の分析」への2件のフィードバック

  1. 分析、ご苦労!
    適当に走ったつもりだったが結構、それっぽいラインだったか…
    あと2秒縮めるのはムズいかもしれんな(〜〜)

  2. 鈴鹿南で吹っ飛んだGPSは、ちゃんと分析できますた。
    あと2秒がなかなか手ごわいですねー。
    1コーナーでブレーキがんばって、1~3コーナーの車速を維持して、
    S字をリズミカルにこなして、って感じですかねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください