LiFeバッテリー

Title
Caption

2号機のバッテリーがヘタってきたので交換した。ここ最近は、修理系のネタばかりだったけど、今回は走りに効きそうなイジリネタ。一部で話題の超軽量バッテリーだ。ご覧の通り、片手で持てちゃう。約1kg!

リチウムイオンバッテリーの一種で、リチウムフェライト(LiFe)バッテリーと言うらしい。ラジコンの世界では既に普及してるらしく、数年前からバイク用にも出回り始めたが、それが4輪にも使えちゃうそうな。

みんカラで偶然見かけて、意外と安いのにメチャメチャ軽いので、ネットでポチって見た。3メーカーぐらいから出回ってる中の、一番安いヤツにしたった(爆)。SHORAIというメーカー。

しかし、バイク用のバッテリーなので端子が違う。「M2のドライバッテリーの端子を流用」って人も見かけたけど、とっくに処分しちゃったので、アダプターを入手。競技車両ではバイク用のバッテリーを使うこともあるらしいので、もっといっぱい出回ってるのかと思ったけど、意外と見当たらなかった。ALPHAというショップの通販でゲット。

しかしそれでも一筋縄ではいかないのが激安DIYの道。アダプターのボルトはM6なのに、SHORAIの端子の穴はM5なので、M5のボルトをホームセンターで買ってきて、ようやく取付け準備完了。

Title
Caption

ところでバッテリーの搭載位置だけど、これだけ軽けりゃエンジンルームに置いても全然気にならないのでトランク移設はやめにして、トランクまで引き回してた太いケーブルも撤去して、バッテリーとケーブルなどで合計約10kgの軽量化!

ちなみに、車体への固定は両面テープとゴムベルトというお手軽仕様(笑)。軽いので、まあ大丈夫だろう。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください