だばぁの後始末

今日は洗車しようと思ったんだけど、その前に、この前こぼしたミッションオイルの後始末をすることにした。ブレーキクリーナーでそれなりに掃除したつもりだったけど、ガレージの床に所々たれてたので…。

と言うわけで、エンジン・ミッション下のアンダーカバーを2枚とも外して、左前の車高調もバラして、バッテリーもいったん外して、ブレーキクリーナーをかけまくって、ようやくスッキリ。

自分のしょーもないミスの後始末って、テンション上がらないよなー。

と言うわけで、ついでにもうひとつ地味な作業。相棒さんに手伝ってもらって、クラッチフルードの交換をしてみた。3号機ではたぶん初。

そしたら、クラッチ踏んだときのキコキコ音が大きくてビックリ。最近気にしてなかったんだけどなあ。フルード抜いたせいで音が大きくなったのか??

たぶんレリーズフォークのピボットのグリス切れなんだろうなー、と思って、ダストブーツをめくってみたり、ミッション側面のカバーを外したりして覗き込んでみたんだけど、車載状態ではリンク先の画像のようにターゲットを目視することは全くできず、闇雲にグリスを吹き付けてうっかりクラッチ滑るようになっても嫌なので、そのまま元に戻した。

と言いたいところだが、ブーツを戻すのにすげー苦労した…。orz

てなことをやってたら、ヤル気が萎えて、洗車はまた今度~。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.