リビルトのドラシャと格闘

いい加減2号機のミッションオイルを交換しなくては、と思っていたけど、どうせならついでにドラシャもリフレッシュしようと思い立ち、楽天のセールに合わせてリビルトのドライブシャフトを発注。

届いたら2週間以内に古いドラシャを返送してね♪、っていう仕組みなので、ストックしてあった2号機のドラシャをそのまま返送しようと思って、念のため新旧並べて見比べてみたら、何かちょっと違う(汗

ドラシャ新旧比較
ドラシャ新旧比較

長いほう(運転席側)のドラシャの、途中にあるベアリングの、ブラケットがない…。何度かリビルトのドラシャを使ってるけど、初めてのパターンだ…。

ていうか、これ、外れるのかな…。不安になって整備書を見てみると、プレスで脱着することになってる。しかしウチのプレスは小さすぎて、使えない。orz

困ってしまったので、メールで店に泣きを入れてみたら(ブラケット付きのヤツはないか聞いてみたら)、「基本的にブラケットは付属しません。Cクリップを外せば簡単に取れるはず。固着してる場合は軽くプラハンで叩けば取れると思います。」との回答。

なので、Cクリップを外して、ダメ元でハンマー(金づちw)で叩いてみたが、やはり抜ける気配なし…。○| ̄|_

整備書を改めて見てみると、前期スポセレ(E56 M/T)用のドラシャはブラケットなしでベアリングだけがドラシャにくっついてくるらしい。

もしかして、間違って前期スポセレ用が送られてきたんじゃ…?

それにもし古いほうからブラケットが外せたとして、新しいほうに圧入するときにベアリングに変な負担がかかってマズいんじゃ…??

と思って再度店にメールしてみたら、翌朝店から電話が掛かってきた(汗

モノとしては合っていて、やはりブラケットはナシ。なので、たぶん固着してるんだろう、とのこと。古いほうのベアリングは多少壊れても構わないので、外せさえすれば、はめるのは傾きに気をつければちゃんとはまるので、頑張ってください、とな。(-_-;;

と言うわけで、今日はバーナーで炙りながら、ハンマー2本でバランス取りながら叩いてやったら、ようやく外れた!

外れたブラケット
外れたブラケット

で、新しいほうにはめるのも、やはりバーナーで炙りながらハンマーで叩いてやって、なんとか合体。これで良かったんだろうか?ベアリングメーカーは「ハンマーで取り付けてはダメ」と説明しているが(笑

ふと思ったんだが、前の人がブラケットを付けたまま古いドラシャを送っていたら、オーバーホール後もブラケット付きで出荷されたんじゃないだろうか?

逆に、ブラケットをわざわざ外した状態で返送しちゃうと、その後もブラケット無しのまま出荷されちゃうんじゃなかろうか??

だとすると、今回のリビルトドラシャはこの先もずーっとブラケット無しということか…。誰かが新品ブラケットを入手するまでは。

ついでなので品番と値段を検索してみたら、昔の価格で3千円ぐらいと出てきた。意外と高いなコレ(汗

スポンサード リンク

「リビルトのドラシャと格闘」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください