社内ロボコン優勝

やはりタイムアタックでは負けるわけにはイカンよね。

と言うわけで、大人げなくおっさんパワーをつぎ込んで、社内ロボコン(忘年会の出し物w)でひとっ走り、勝ちをかっさらってやった。

部対抗で7チーム、9×14マスの迷路を持ち時間4分の間に5本走り、最速タイムを競うというレギュレーション。スタートとゴールの座標だけが既知で、迷路の探索も4分の中で行う。

大半のチームは去年のをベースに改良を加えてくるのだが、ウチの部は去年完走すらできなかったので、ゼロからの開発だ。なので、前評判的にはウチのチームはかなり下位(笑


各チームだいたい8秒前後でゴールする中、俺の出番が回ってきて、まずは1本目、迷路の探索。

と思ったら、練習走行時のメモリをクリアするのを忘れてて、すすーっと最短ルートでゴールしてしまった。orz

1本目タイムはノーカンとなって、メモリをクリアして2走目。本来の予定通りゴールを見つけ、ゴールからの帰り道で最短ルート候補をしらみつぶしに探索していく。

で、3本目。トップスピードを上げて、最短ルートを走行。前半は結構スムーズに走るので、観客も一瞬「おっ!?」と沸くが、後半で壁に衝突→リタイア。「やっぱりねー」的な空気。

しかし4本目、斜め走行有りで走ると観客もどよめき始め、5秒台で一気にゴール!

さらに5本目、斜め有りなら より短距離でゴールできるルートを走って4.7秒でゴール!!会場も大盛り上がり(爆


その後、自分達で基板の設計からやってDCモーターで超軽量化したチームが登場したが、リハーサルではそれなりに走っていたのに本番ではまともに動かずリタイアになったり、去年の優勝マシンのロジックをベースにした後任チームも斜め走行まではやれなかったりで、ウチのマシンがダントツで優勝。(`・ω・´)

ちなみにその去年の優勝マシンは、去年あまりにも速かったので、今年はマイクロマウスの中部大会や全国大会に出たりして、社内的には殿堂入り扱いw

そいつが今日は最後にデモ走行的にタイム計測したんだが、最終的に4.6秒で僅差で俺のタイムを上回ってきた。さすがだ。

と言いたいトコだけど、実は計測は手動ストップウォッチなので、厳密な勝敗は不明。実際、リハーサルでは俺が勝っていた。と言い訳をしてみたり(笑

でもそのマシンは、車体はノーマルのままでソフトだけでここまでのタイムを出しているので、車体をイジリ倒してタイムを出した身としては、内心結構悔しかったりもする。

もっと時間(工数)を掛ければ、もっとタイムを削れると思うが、来年はどこまでイケルかな。そして誰がやるのかな?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください