ノートPC買い換え

メインで使ってた黒VAIO(Win7)がブルースクリーンで落ちるようになって、まともに使えない状態になってしまって、しばらくはタブレット+Bluetoothキーボードでやりくりしてたんだけど、やはりPC育ちのオイラには厳しくて、相棒さんの銀VAIO(Win8世代のをWin10にアップデート済)を時々借りてたんだが、こいつはこいつでクソ重くて、俺のリズムでキーボードを叩くとキー入力を取りこぼすような(キーボードと言うよりはIMEの問題か?)ダメダメちゃんだったので、さっさとノートPCを買うことを決心した。

で、ノートPCのキーボードと言えば、上の2台のVAIOをはじめ、最近のノートPCはデザイン性重視なのか、キートップがフラットなものが多いんだが、個人的にはこれが苦手。

昔ながらのデスクトップPC育ちなので、キーボードを叩きながら指先でキートップの凹みを感じ取って、叩く位置を無意識に補正してるようで、真っ平らだと補正が効かずよくミスタイプするのだ。

そんなあたりを念頭に置きながらググっていたら、こんな記事を発見した。

「史上最低のキーボード」の汚名返上に向け、富士通の”Mr.キーボード”が0.05mmにかけた執念(前編後編)

で、家電屋で実機を触ってみたところ、確かに何だかシックリくるキーボードだ。そして、想像以上の軽さに衝撃を受ける。

別に持ち歩くつもりはないから、黒VAIOと同じように15インチぐらいのサイズで考えてたんだけど、この軽さで性能も十分。

ちょっと予算オーバー気味ではあるけど、富士通のサイトでキャンペーンもやってて、いろいろスペックが選べるので、こいつ(FMV LIFEBOOK WU2/B3)に決定。

3倍速い!?
3倍速い!?

変更した主な点は、CPU(第8世代Core i5)・メモリー(4+8GB)・タッチパネル液晶・MS Officeやサポートの削減。

注文から10日ぐらいで届いて、サクサク動くのでサクサク環境を整えてるんだけど、ちょっと前にウィルスバスターから乗り換えたPC Maticが、なんかちょっと相性悪いのかな。スーパーシールドとやらが動いてると、Windows UpdateとかVMwareのインストールとか、途中でふん詰まることがあるようだ。(そうなると、再起動でもふん詰まるので結構やっかい。一晩かけて再起動させるとか…)

まあ、ちょっと癖はありそうだが、基本的には非常に快適♪

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください