「車:サーキット」カテゴリーアーカイブ

夏バッジ

ALTの1コーナー
ALTの1コーナー

ひょっこり夏バッジを狩ってきた。

フロント595RS-R・リアZestino 07Rという組み合わせ(ウチのゼスティノは空気漏れやすいのでフロントには履けないので…)なので、さすがにアンダー出やすいし、リアはエア3.5kでパンパンにしても全然動かんけど、まあなんとか30.722は出て無難にバッチGET。

ところで、一緒に走ったプリウスさんは、リアシート無しのドンガラ仕様でちょっとスゴかった。バッテリーが熱くなるのでダクト引いて冷やすんだとさ。

ピットの面々
ピットの面々

そして、全然関係ないけど、新たなプレリュード使いが出現した模様。車種別ランキングで1台だけブッちぎってた某タテさんのタイムに突如として喰らいついていく勢い。

なかなか太っ腹なタイヤを突っ込んでるけど、夏バッチも獲得しているようで、この時期にこのタイムって、ちょっとヤバイっすよ。一体何者!?(((; ゚Д゚)))

さて、今日のおまけコーナー。さくらの変顔(?)。

さくら、顔どうなってる??
さくら、顔どうなってる??

おまけその2.今日のかき氷。

黒蜜きなこわらび金時氷
黒蜜きなこわらび金時氷

甥っ子連れてドリフトごっこ

ara_RさんがYZにドリドリしに行くと言っていた同じ日に、甥っ子が遊びに来たので、甥っ子を連れてウチもドリドリしに行くことにした。(画像なしで味気ないけど)

しかし、瑞浪IC~恵那ICは昨日から通行止め。YZに行くときにいつも使っている瑞浪ICはやはり渋滞がひどいので、五斗蒔PAとやらで降りてみた。

そんな感じで現地に着いてみると、ara_Rさんは既にPコースでドリドリしていたが、ウチは午後から遊ぶことに。今回は、街乗りタイヤのままのBRZで。

街乗りタイヤといっても、ドリフト野郎御用達のNANKANG NS2。どんなもんだか楽しみにしつつ走ってみると(滑ってみると?)、なんか知らんがこりゃいいぞ(笑

大してパワーがなくても速度域が低くても滑らせられるし、それなりに白煙が出るほど空転させてもあんまり減らない(爆

そりゃドリフト野郎にモテるわけだ。

で、高校生になった甥っ子を助手席に乗せてドリドリさせてみたりもしたけど、そのうち悪ノリして、運転させてみた(爆

元カート小僧だったのでそれなりに転がせるはずだが、逆にカートの経験しかないので、左足でブレーキを踏もうとする(笑

そして当然クラッチを踏んだことはない。

なので、とりあえずそーっと発進させて、1速2速だけで遊ばせたんだが、やはりさすがにシフトチェンジは全然できず、そしてこんな短時間ではアクセルやブレーキの効き具合にも慣れることはできず、緊張してたのか、初の自動車運転はガックンガックンでしたとさ。

数年後、改めて自動車学校で練習するか、あるいはマシンをゲットしてじっくりクローズドで練習するかしてくれたまえ!(笑

さて、一方の東コースは、ここ最近の大雨で土砂が流れ込んで砂だらけではあったけど、ドリフト野郎どもが砂煙を撒き散らして掃除してくれてるので、ライン上はそれなりにアスファルトがでてきてる。

と言うわけで、2時間目は東コースを走ることにした。

が、この時間はさっきまでとは違ってアウトコース(逆走)。つまりまだ砂だらけ…。

まあ何とかなるだろうと思って走ってみると、ストレートエンドの一番速度が乗るところが砂だらけで、その向こう側がいきなり土手と言う、リスキーなコースレイアウトであることが判明(爆

ピットに戻ると、一緒に走ってたドリフトの外人さんが、「アブナイよー、コワイよー」と話しかけてきた。んなこと言いながらアナタ、砂の中に横っ飛びで突っ込んでんじゃん(笑

甥っ子を助手席に乗せて再度走り出すと、ちょうど目の前にドリフト野郎登場!

と言うわけで、こっちはグリップで多少マージンを残しつつそれなりに接近して走ってみた。

するとどうでしょう、砂煙ってマジでコース見えないのね!前の車に追いついちゃったラリードライバーが怒るわけだわ(爆

ていうか白煙も全然コース見えないんだけど。ドリフトで追走やってるやつら、頭おかしいYO!(爆

そんな感じで、甥っ子は実車でのサーキットはこれが初めてだったんだけど、オイラのヘタクソなドリフトもどきよりはグリップのほうが違和感なくて楽しめたそうな。

はてさて、甥っ子は再び道を踏み外すのだろうか!?楽しみだw

ふらっと石野をひとっ走り

準備中
準備中

同僚さん3人(♂♂♀)引き連れて、仕事帰りに石野をひとっ走りしてきた。

全員石野で走ったことはあるようなので、相棒さんも混ぜて5人でレースパックをやろうと誘ってみたんだけど、遠慮されてしまったので、フリー走行×2本にしといた。

1本目は、先導走行風にリードしてやって、51.9~54秒ぐらい。

休憩中に2階席から見物しながら解説してやって、2本目は最初から全開で。見物中に走ってた人は47秒台を普通に連発してたので、俺もいけるんじゃないかと思って。

しかし、甘かった。48.597しか出んかった。orz

とりあえず1~2コーナーをノーブレーキで曲がれるようにはなったんだけどなー。ちなみに、同僚さんたちは51.3~52.3にタイムアップ。

カートのタイム表

夕日に向かって走れ!
夕日に向かって走れ!

みんとも異種交流走行会@MLS

ara_Rさんのお誘いで、MLSの走行会に行ってきた。久しぶりのWETで、ara_Rさんとサルのように追いかけっこして楽しみましたとさ。

ところで今回は、他にも知り合いを色々誘ってみた。えむつーさんとかしーちゃんさんとか。あと、職場の新人(笑)。

新人君はまだ車もないので、朝っぱらからうちの車で拉致ってきた。ウチの車、実は定員がアレだったりするが、リアシート&シートベルトを久しぶりに装着してカモフラージュして強行(爆

朝イチのパドック
朝イチのパドック

そして走行準備やドライバーズミーティングを済ませて、最初の走行枠が回ってきたのでカレンに乗り込もうとすると、「全然気付かないんだねー」と相棒さん。

え、なにコレ。また何か地雷踏んだ??(汗 (((( ;゚Д゚)))

とドキドキしながら辺りを見回すと、

おや?

シュロスの4点シートベルト
シュロスの4点シートベルト

いつの間にやらシートベルトが変わってる!?

今まで使ってたもらい物のTAKATA(破産申請しちゃったね…)は、さすがに消耗が激しくて、いい加減買い換えなくちゃな、と思ってたのだけど、思い続けて早何年??てな状態だったのだ(爆)。

さんきゅー相棒さん!(ノ≧∀≦)

しかし、新品の3インチベルトは、ベルトの生地が固すぎて、長さの調節がしづらい&首への当たりが強くて痛い…(汗

てな感じで手間取って、最後尾でピットレーンに並び、いざコースイン!

朝イチはほぼドライだったので、新人君を助手席に乗せる前にとりあえず感触を確かめていると、2,3周目に49秒台が出たあとパッとしたタイムが出ない。どうもタイヤの感触がおかしい。

これはあれだ、パンクだ。orz

空気抜けてきた?
空気抜けてきた?

ピットに戻ってタイヤを見てみると、案の定、運転席側がペッタンコ。この前復活したと思ってたゼスティノだが、やっぱりフロントで荷重を掛けると空気が抜けるらしい。

スペアタイヤとして1本だけ持ってきた595RS-RR(賞味期限切れw)と交換するか迷った挙句、ゼスティノをリアに、595RS-R(わりと新しい)をフロントに履いてみた。

えむつーさん
えむつーさん

で、次のフリー走行枠が回ってくる頃にはすっかりWETで、リアタイヤの負荷は大した事ないからか、空気は漏れないようなので、そのまま走行継続。

そして新人君を助手席に乗せてみたり、ara_R号の助手席に新人君を放り込んでみたりして、楽しんでもらった(笑)。

しーちゃんさんとK.Sさん
しーちゃんさんとK.Sさん

午後からは逆走。相変わらずラインや踏みどころが分からないので、ひたすら走り倒したのだけど、だいぶ雨が激しくてヘビーウェットに。

そして久しぶりにやらかしましたよ。(´・ω・`)

傷跡
傷跡

(順走で言うところの)2ヘア手前でブレーキロックさせてしまって、人間ABS発動させるも間に合わず、あまり目撃者もいない中こっそりタイヤバリアを数本蹴散らしてきました。orz

あれ?久しぶりってこともないか??(汗

まあ、足回りにはダメージはなさそうだったので、そのまま走り続けたけど、またフェンダー曲がっちゃったなー。ウチに在庫あったかな?? orz

一方、ara_Rさんも助手席に人乗せてる状態で泥遊びしてた模様。

ara_Mud号
ara_Mud号

あんな溝なし極太タイヤで「ハイドロ怖え~」とか言いながらもぶつけないのはさすが。

なんだか悔しいので、最後の順走枠は0.1秒差でトップタイムを奪い取ってやった。単に路面コンディションが良くなってきただけとも言うが、そして配布されたタイム表では朝イチのドライのタイムにかき消されて表面化してないが、粘り勝ちてことで(自己満足w)。

そんな我々常連組は「速すぎてキモイw」とか言われてたけど、変態の称号はara_Rさんにお譲りしますよ。( ̄m ̄)

ところで、相棒さんはGT-7さんのポルシェの助手席に乗せてもらって、とても感動した模様。「色んな駆動方式の車に乗りたいよねー」なんつってたけど、RRの車を買うほどのお財布はないですよ…。(*´Д`)

911
911

ベテランの味、恐るべし

スターティンググリッド
スターティンググリッド

てなわけで、今日も仕事をちゃっちゃと切り上げて、ara_Rさんの応援に駆けつけたのだけど、ふたを開けてみればara_Rチームが2位に8Lap差をつけてブッチギリの優勝で、ara_Rさんも47秒台を出して俺のベストをぶち抜いてくれて、さらに例のおじ様がara_Rさんを抑えてファステストラップを叩き出すという、驚愕の展開…。(((;゚Д゚)))

もうお前たちに教えることは何もないよ。(´;ω;`)

ていうか、おじ様、そのベストラップを出す直前に、力みすぎたのか2コーナーでスピン&コースアウトして、コースに戻る際に何を思ったかヘアピン側にショートカット(笑)して、そのまま続行するのかと思ったら、自主的にピットスルーペナルティーしてったり(爆)で、もうやりたい放題ですわ。(*´Д`)

突如出現したミヤマクワガタ
突如出現したミヤマクワガタ

突然カート

残像拳!
残像拳!

仕事中に突如ara_Rさんからお誘いがあり、仕事をさっさと切り上げて現時逃避に石野サーキットをひとっ走りしてきた。

ara_Rさんの会社のイベントでレンタル貸切レースをやるそうで、そのための練習にアドバイザ(?)として拉致られたのだけど、今日は久々に驚いた。

とりあえずara_Rさんを引っぱる形でフリー走行1本走ったんだが、しょっぱなどれくらいのペースで走ろうかなー、とちょっと油断してたら、ara_Rさんの後ろの別の参加者2人にいきなりぶち抜かれた!Σ( ̄□ ̄;

そしてラインが悪くて立ち上がり失速してる隙に、ara_Rさんにも抜かれた!!(爆

ara_Rさんは数周後になんとか抜き返したけど、残りの2人は抜けなかった。追いつくとこまでは行ったんだけどな。orz

タイム自体は48.069で(改修後の)自己ベストを更新してるんだけど、なんか軽く挫折感(笑

その後、別のカップルが走ってたんだけど、ふと電光掲示板を見ると、2台とも47秒台でやんの。(((( ;゚Д゚)))

どーなってんだ今日は。

ところで、ara_Rさんのチームメイトのおじ様が、レンタルカート2回目だというのに、ちょっとアドバイスしてあげたり、速い連中は1, 2コーナーでブレーキ踏んでないねー、みたいな話をしてたら、その後もう1本走ったときには毎周タイムアップして、1, 2コーナーノーブレーキもできるようになっちゃって、最終的に48秒台まで突入しちゃって、これまたビックリ。

いったい何者なんだ(爆)。(((( ;゚Д゚)))

カートのタイム表

スパ西でβ02終了

立体交差手前
立体交差手前

平日にスパ西浦を走ってきた。気温がだいぶ高くなってきたので、よく行くサーキットじゃガッカリなタイムしか出ないだろうから、久しぶりにスパ西にしてみた。

ショルダーがむけ始めたβ02はまだイケるんじゃないかと思ったけど、さすがにもう無理だった。(´・ω・`)

走り出してみると、それなりにグリップするんだけど、右コーナーでの踏ん張りが足りない(剥けてる方を左前に装着している)。そしてストレートでスピードが上がると、振動が激しい。

なんとか3秒台後半は出たけど、電光掲示板上は全く同じタイムが出て、一瞬計測ミスか?と思ったりとか(笑

連続同タイム(6番がオイラ)
連続同タイム(6番がオイラ)

で、一度相棒さんと交代してからもう一度走ってみたら、振動がさらに激しくなってる(汗)。そしてストレートを走ってると、砂利を巻き上げたようにバチバチと下回りに何かが当たる音がする。

途中で、コレはタイヤが遠心力でミチミチ千切れて飛び散ってる音だと気が付き、このまま走り続けるとSuperGTとかでよく見かける、タイヤバーストからのフェンダー粉砕、ってパターンじゃねーか!?とか、1コーナーのブレーキング中にベロンと剥けてスピン→クラッシュとかしても保険掛けてないからボッたくられるじゃねーか!?とか連想して、慌ててピットイン。(((;゚Д゚)))

タイヤを見てみると、うむ、やっぱりますます剥けてる。反対側のタイヤはここまで酷くないけど、部分的に剥け始めてる。

β02終了
β02終了

β02はきれいに使い切るのが難しいタイヤだなあ…。RE-71Rは意外とライフが短いっぽいし、なんだかんだでやっぱりクムホかなー。

で、ちょっと消化不良気味なので、復活wしたゼスティノをフロントに履いて、もう1本オカワリしてみた。

後半セクションはつつじが満開
後半セクションはつつじが満開

変な振動もなく安心して踏み込めるので、ちょっとタイムアップして3秒017が本日のベスト。2号機では初西浦だったんだけど、1号機のベストは更新できなかった。ちょっと悔しい(笑

久しぶりのZestino 07Rのインプレとしては、絶対的なグリップはやはりあんな状態でもβ02よりは落ちるので、ほぼ新品のリア595RS-Rが振り回せず、基本的にはアンダー。しかしこの価格でこのグリップなら十分満足だ。RRとかRSも試してみようかな。

貸切レンタルカート大会やってみた

全員集合
全員集合

前回は幹事S井さんのサポートだったけど、今回はオイラの仕切りで貸切レンタルカート(1時間)をやってみた。

元々はウチの部全体に声を掛けてたのだけど、結局ウチの部からの参加は3人だけで、残りは他社他部署の人ばかりで総勢27人9チーム。当日、一人欠席が出たので、補欠の相棒さんも登場(笑)。

石野サーキットは2月にコース改修&マシン入れ替えがあったそうだが、その後初走行だ。

ありがちな話だが、過去の記憶がチラついて、うっかりラインを間違えそうになる。2ヘア後のシケインが逆向きになってて、縁石が結構高いのであまり踏みすぎると火花が散る(笑)。

マシンはたぶん個体差が少なそうで、パワー感もあって結構乗りやすい。ホームストレートのスピードの伸びも意外といい。自分で手元でペダル位置の調整ができるのもいい(今回オイラは使わなかったけど)。

そんな感じで予選は俺がトップタイムで、相棒さんが2番手、全日本ラリーに出たことのあるK川さん(カートは初?)が3番手、てな順位。

決勝スタート直前
決勝スタート直前

決勝は例によってリバースグリッドで、ウチのチームは例によってオイラがスタートドライバー。最後尾からまくっていくぜー。~( ̄▽ ̄~)

基本的に初心者ばかりなので、当てないように一応気を使いながらも、スタート直後から次々とパス。しかし1ヘアでスピンした前の車を避けるときに、ちょっとミスってつられてスピン。orz

その後立て直したが、3位争いあたりでちょっと足止め。I社のY木さんがそこそこ速くていいラインを取っている。3周ぐらい接近戦が続いたが、隙を突いてパス。

一方、周りの様子を見てみると、結構スピンやコースアウトする人はいるけど、大きなクラッシュはなかったかな。

予選中に1台、3コーナーあたりで止まっちゃった車がいたけど、後で聞いてみたら、チェーンでも外れたのかアクセル踏んでも前に進まなくなっちゃったんだと。マシン入れ替えになった模様。

で、オイラは48.833というベストラップを残して10分ちょい過ぎた辺りでピットイン。

だいぶマージンを築いたはずなのでこのまま逃げ切れるかな、と思ったのだけど、第3ドライバーのK野くんが残り2分ぐらいで突如ピットインしてきた。

「足がつった・・・。orz」

なにーー!?

あわてて第2ドライバーM田さんにメットをかぶせて送り出す(爆

結果、何とか首位をキープしてチェッカー。2位は前回幹事S井さんチーム、3位はラリードライバーK川さんチーム。相棒さんチームは4位だった。

しかし、リザルト用紙をよく見てみたら、1位から4位まで31周で同一周回という、なかなかの接戦だったようだ。

K野くん、ネタをありがとう!!(笑

ぽでぃうむ!
ぽでぃうむ!

ともかく、幹事をやりつつ、予選トップタイムを出し、決勝もチームで優勝し、ファステストラップも出して、完全勝利ということで!(`・ω・´) 段取りはちょっとバタバタしたけど(汗

カートのタイム表

幸田サーキットでプチクラッシュ

幸田サーキット前半セクション
幸田サーキット前半セクション

急に思い立って、カレンで幸田サーキットを走ってきた。

今年の1月2月はやたらと走りに行ったけど、3月はなんかタイミングが合わず1回も走らなかった。このままβ02のおいしい時期が過ぎちゃうのはもったいないよな、と思って。

とは言え、だいぶ気温も上がっちゃったので、あんまり走りに行ったことのないところにしよう、と言うことで、幸田サーキットである。2回目だ。

おかげで、試行錯誤しているうちに1本目の走行時間終了(笑)。β02のグリップは健在で、だいたいは狙ったラインをトレースできるんだが、狙うべきラインがまだ全然分からん。

そして、後半セクション~ホームストレートのギア比が微妙。2速のままでは吹け切っちゃうけど、3速に上げる余裕があんまりなかった。でも走るにつれてレブに当たる回数が増えてるので、さすがに3速に上げないと厳しそうだ。

最終コーナーの1つ手前
最終コーナーの1つ手前

と言うわけで、相棒さんの走行枠と昼飯タイムを経て、もう1本オカワリ。後半セクションで3速を使ってみた。

Aコーナーの立ち上がりがうまく行くと、その次の右コーナーの手前でさっそくレブに当たるので、その前に早めにシフトアップしてみた。

で、そのまま3速でDipper~最終コーナーを抜けてみたんだが、さすがにちょっと最終コーナーの立ち上がりが鈍い。いったん2速に落とすべきかなー、と考えたりもしてたけど、ちょっと余裕がなくて1コーナーまで3速キープで走っちゃった。

結果、午前中よりは微妙にタイムアップしたけど、本日のベストは49.189秒。さすがに前回のBRZよりは速いけど、もうちょいいけたんじゃないかという気分。(´・ω・`)

そんなことより、久しぶりにコースアウトしてしまった(爆)。前回もヤバイと感じていた、バックストレートエンドのブーメランカーブからヘアピン。

ブーメランをオーバースピードで抜けてしまって、ヘアピンへのブレーキングで右にタイヤ半分ぐらいはみ出してしまって、そのままスピン。

幸いエスケープが広めの方向に向かって滑ってるけど、悪あがきして右側面から当たるべきか、このままくるっと回って後ろから当たるべきか、とか一瞬考えたけど、まあ素直にリアバンパーで行ってみた。

すると、スポンジバリアにばふっと当たったけど、衝撃はそれほどでもなかった。

やれやれと思いながら、いったんピットに戻って確認して見ると、バンパーもディフューザーも問題なさそうだった。バンパーに砂埃が大量に乗ってる程度。

バンパー無事だった
バンパー無事だった

するとそこにスタッフのおにーさんがやってきて「どの辺でコースアウトしましたか?スポンジバリアでしたか?タイヤバリアでしたか?」と話しかけられたので少々会話したんだが、走行後に計測器を返しにいったとき、「スポンジバリアの皮が融けてたので¥3,500になります♪」とおねーさんに言われてしまった。

ああ、そういうことね。(´¥ω¥`)

突っ込んだ後わりとすぐに脱出したんだけど、そういえばその時ミラーの片隅に白煙がちょっと見えた気がするわ。(´;ω;`)

そして、ふとタイヤを確認すると、この有様。(((;´Д`)))

剥けてきたβ02
剥けてきたβ02

235/40R17といういつも使ってるサイズだが実際はもうちょい太いらしく、キャンバーが甘くて多少フェンダーに当たっていて、そのせいか左右ともショルダーが少し剥けてるところがあったので、今日はキャンバーをもう少し倒したんだが…。

どうやらこのタイヤは、フェンダーで削ったりアンダーでこじったり、とか下手な使い方をしてショルダーが削れると、そこからはがれてきちゃうようだ。ある意味上級者向きと言うべきか…。反対側はこんなに酷くないんだが…。

BRZで久々にALT

BRZ in ALT
BRZ in ALT

ara_Rさんの誘いに乗ってALTを走ってきた。久しぶりにBRZで。

フロントにβ02・リアにRE-71R(溝無し)、という組み合わせにしてみたんだが、結構ドリドリだった。やはり71Rは終わったか…。だとすると71Rはライフいまいちだなあ。

そして、BRZで走るのは約1年ぶりとは言え、未だにオープンデフ×3.7ファイナルの頃のベストを更新できないと言うのは、ちょっと(´・ω・`)ショボーンだな。

山頂のヘアピンはいい感じにリアを流しながら曲がれるんだけど、最終コーナーはアンダーが出やすくて、アクセルで曲げられない。

そしてやっぱり3コーナー。今日は手前で3速に上げるようにしてみたけど、3速のままでは登ってかないし、2速に落とそうと思うとあたふたして乱れちゃう。タイヤの外径を大きくしてみようかなあ。

そんなこんなで今日のベストは30.818。ALTバッジの基準タイムはクリアできず。(ALTバッジは1シーズンに1人1枚ってことになったので、仮にクリアしててもオイラはもらえないんだけども。)

しかし、BRZでタイム出そうと思ったら、(特にALTは)もっと走り込みが必要だなー、って感じだけど、今はどっちかと言うとカレンにβ02履いて各サーキットの自己ベストを更新したい欲求が強いんだよなー(笑

コースによってはara_R号に結構肉薄できてるしね。(・∀・)

ていうか、年明け以降の2ヶ月で既に8回もサーキット走ってるけど、ウチの財政は大丈夫か!?(((( ;゚Д゚)))