「フィンランド・ラトビア研修旅行」カテゴリーアーカイブ

オープンソースめぐりの旅

フィンランド大使館公式Twitterのオーロラ画像

俺がフィンランドに行った直後(ラトビアにいる頃)、駐日フィンランド大使館の公式Twitterアカウントが投稿したオーロラ画像が・・・。フィンたん・・・。


最終日:帰国

最終日は昼から移動開始。バスで空港に行って、リガ→ヘルシンキ→セントレア。ラトビア出発は2/27(木)昼だけど、日本到着は3/1(土)朝。時差って不思議。

と言うわけで昼までは時間があるんだけど、昨日無駄に歩き回って疲れちゃったので、のんびり荷物を片付けつつ2度寝をして、時間つぶし。飛行機の中でも、スマホでちょこっとゲームをしたりもしたけど、基本的にウトウト睡眠して、特にネタ無し。

Title
Caption

それだけではあんまりなので、2つほどネタを。

左の画像は、ヘルシンキを出発して1、2時間の機内。「一部のモニターが不調なので全台再起動します」的なアナウンスのあと、ふと気がつくとこの画面。飛行機のモニターってLinuxだったのね(爆)。

Title
Caption

次に右の画像。ラトビアのホテルの売店で買った雑誌。TOP GEAR ラトビア。全く読めないので写真を見て楽しむ(笑)。

ところで、今回の行き先、フィンランド・ラトビアの車について、俺が見た範囲で感じたことでも。

まずフィンランド。ボルボのステーションワゴンが多かった。ボルボ以外だとVWやアウディ・ベンツ・BMWなどのドイツ勢のステーションワゴン。時々セダン。日本車はあんまり見かけなかったけど、日本車の中ではマツダが多かったかな。1台だけST202を見た。プリウスもほとんどいなかった。いじってそうな車もいなかった。残念。

フィンランド人ドライバーの走りっぷりでも見られるかと思ったけど、こちらも街中ではほとんど分からず。残念。

一方ラトビアは、結構日本車多かった。ここでもマツダが頑張ってた。あ、シビックTypeRユーロが結構たくさん走ってた。ちょいちょい弄ってる車も走ってた。そういえば、TopGearの雑誌のそばにもチューニング雑誌が何冊か置いてあった。意外にも、ラトビア人の車感覚のが俺たち向きなのかも。

あ、あと、GPSロガーを持って行ったんだけど、設定が悪かったのかイマイチ綺麗に取れてなかった。もちろん、ヘルシンキやリガにいることは分かるんだが、結構衛星をロストしてて軌跡が飛び飛び。

行きの飛行機は窓際だったので、ダメ元で電源入れてみたらある程度は座標が取れてて、高度や速度もそれなりの数値が出てたのは、ちょっと面白かったけど。

まあでも、スマホのカメラでジオタグONにして撮った情報の方が、有益っぽいな。

4日目:リガ旧市街めぐり


Title
Caption

Title
Caption

Title
Caption

今日の午前中は、昨日のまともな方のガイドさんの案内で、リガ旧市街を散策。街全体が世界遺産だそうな。

ガイドさんが、地球の歩き方とかのガイドブックに載ってるような、古~い建物をいっぱい紹介してくれる。教会とかユーゲントシュティール建築とか。古い建築に興味のある人にとってはたまらんのでしょうな。

でも、俺にとってはガイドさんのトークのが楽しかった。ユーゲントシュティール博物館の中で「ここにきて最初に思ったのは、『私の実家と同じだ。そこに置いてある温度計は現代のものだけど、ウチのは当時のだ。』ということです」みたいなプチ自慢とか(笑)。

しかし、朝早くから石畳と石造りの建物の中を歩きまわると、結構寒い。油断してた。念のため丸めて持ってきたmont bellのU.L.ダウンを重ね着しても寒い。なんとか我慢できるが。

で、午後からは自由時間。とりあえず相棒さんの指令で聖ペテロ教会周辺でいくつかの買い物をして、中央市場をうろついて、でも市場では結局何も買わず、駅前のSTOCKMANN(デパート)でお土産を入れるためのバッグを購入w。

いったんホテルに戻って、晩飯をどこで食おうかと近所をうろついてみたものの、ちょっと店に入る勇気が出なくて、結局ホテルのビュッフェで済ませたり。昼飯はお手軽にファーストフード屋を見つけて入ったんだけどな。

そういえばこのとき(18時~19時ごろだったかな)、ホテルの周りがあちこちものすごい渋滞してた。何かと思ったら、パトカーがあちこち封鎖してた。何か事件かと思ったけど、どうやら偉い人が通るようだ。時々、前後にパトカーを従えた車列(国旗付き)が結構なスピードで通過していく。

3日目:ラトビアへの移動とZabbix社訪問


Title
Caption

Title
Caption

Title
Caption

3日目は、朝から飛行機でラトビアの首都リガへ移動(1時間ちょい)。EU圏内は国内線扱いで手続きが簡単なようだ。しかし、ラトビアはさすがにマイナーで客数が少ないのか、プロペラ機での移動となった。でも予想に反して、離着陸は非常にスムーズだった。

リガに到着すると、現地ガイドが待っていてくれて、再びバスで移動。ヘルシンキよりは南に位置するけれど、こっちも路肩には雪、そして川は基本的に凍ってる。

バスの運ちゃん道に迷いながら、なんとか今日の訪問先、Zabbix社に到着。こちらもCEO自らお出迎え(汗)。

銀行勤務時代に趣味でZabbix(オープンソースのサーバ監視ツール)の初期バージョンを開発し、独立してラトビアとその周辺の銀行などにZabbixを導入してるんだと。

Title
Caption

ちょっと変わってるな、と思ったのは、オープンソースではあるけれど開発自体は全てZabbix社内でやっていて、外部からのパッチなどがそのままコミットされることはないそうだ。それによって品質を保っているんだそうな。でも、オフィス見せてもらったら、ちゃんとアジャイルやってて、すげーなー。

で、その後、Zabbixを導入している銀行のデータセンター(と言っても、割とこじんまりとしたサーバールームだったけど)を見学させてもらったり、役員会議室的なフカフカのじゅうたんの部屋でZabbix導入経緯の説明をしてもらったり、とか。

ただ、この日のガイドさんはちょっと日本語怪しくて、相手の人が話してることをかなり省略しちゃってるんで、むしろ英語だけの方がよかったかも。これぐらいの英語はできんとやっぱつらいよねー。(´・ω・`)

Title
Caption

夕方からはまた別のガイドさんがやってきて、こちらは日本語ペラペラ。ていうか、たぶん「地球の歩き方」に(ちっちゃいけど)写真が載ってるガイドさんだ!

そのガイドさんに連れられて、旧市街の地下のレストランで晩飯。民族楽器の生演奏な店だった。

2日目:SkySQL社, Monty Program社 訪問

Title
Caption

今日(の午前中)は仕事。MySQLの開発者MontyさんがMariaDB開発のために設立したMonty Program社と、MySQLやMariaDBのサポートをしているSkySQL社を訪問した。

ちなみにMySQLは超有名なオープンソースのデータベースシステムで、このブログシステムの裏でも使ってる。しかし商用DBのOracle社に間接的に買収されてしまって、先行きが不透明なので、Montyさん自ら本家MySQLから分家して生まれたのがMariaDBだそうな。この辺の詳しい話が知りたい人は勝手にググッてくれ。

で、Montyさん(彼もMariaDB開発会社のCEO)とSkySQLのCEOがわざわざ俺たちの相手をしてくれたのだが、正直、お遊び気分だった俺たちは恐縮してしまった。

「御社ではまだMySQLなどは利用されてないんですよね?」という問いに「ウチの自宅サーバで使ってるよ」と反応してみたけど、世界中で使われてるMySQLを作ってる人から見たら、( ´_ゝ`)ふーんって感じかな。

エンジニアとしては、オープンソースという開発スタイルには共感できるし一種の憧れみたいなものがあるけど、仕事で使うとなると、ウチの会社や客(親会社)は、トラブル時に責任を取らせる会社がないオープンソースはなかなか使いたがらないんだよね。コスト低減には異様に執着するくせに。

「大企業のIT部門よりは、営業・宣伝部門みたいなとこがパパッと立ち上げるWebシステムなんかには相性がいい。そういうところから導入して広めていくのがいいのでは?」と彼ら自身も言っていので、今俺たちのいるような部署ではやっぱり難しいのかもな。

Title
Caption

そんな感じで、その筋では世界クラスの人たちとの会話なので、彼らからするとレベルが合わねーなー、とか思ってたかもしれないが、ビュッフェスタイルのランチの後、フィンランド式にもてなしてくれた。

サルミアッキの酒だ。

サルミアッキというのは、探偵ナイトスクープで「世界一まずい飴」として紹介されたこともある食い物で、昨日ホテルの近くのスーパーで小さめのヤツをいくつか買ったんだが、怖くてまだ食べてなかったのだ。

それの酒バージョンを先に口にすることになったのだが、これは強烈だわ。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

俺、ゲテモノ耐性は結構強い方だと思うんだが、これはスゴイ。これは食べ物の味じゃないと思うんだが…。こんなのがフィンランドでは子供に大人気(酒じゃなくて飴の方ね)だと言うんだから恐ろしい。

とりあえず飴の方は元々職場へのお土産にするつもりだったが、絶対余ると思うので、今後会った人にももれなく1粒進呈することにしよう。

以前、下関ドライブでフグ雑炊ドロップを職場の土産にして以来、なぜかまずい飴を送り合うという変な流れを職場に作ってしまったんだが、そのふぐ雑炊を超えるモノはまだなかったんだけど、ついに超えてしまったのでは!?

さてその後、MySQL社を出発して、ガイドさんの案内で観光スポットをめぐり、晩飯にラップランド料理を食って、ホテルに戻った。

ところで今日のガイドさん、昨日とはまた別の人なんだけど、彼も日本語ペラペラ。彼のおかげで英語のしょぼい俺たちでもMontyさんたちとちゃんと会話ができた。Kiitos!!


Title
Caption

Title
Caption

Title
Caption

海外特別研修

Title
Caption

会社の研修で1週間ほど海外に行ってた。海外経験のない中堅社員に対して「海外見て学んでこい」という名目の、ある意味ご褒美旅行だ。

各部からテキトーに選ばれた14人(俺が面識あるのは2人だけだったが)のチームで、行き先から旅行会社の手配とかもろもろ決めて活動するんだが、成り行きと勢いでフィンランド・ラトビア4泊6日オープンソース視察の旅、なんてことになってしまった。

何もこんな寒い時期にチョー寒いとこに行かなくても…、と皆に言われたし自分たちでも思ってはいるが、これまでのチームはアメリカやドイツのIT系展示会とか、せいぜい東南アジアのオフショア視察ぐらいだったので、ネタとして面白いだろうってのと、プライベートではなかなか行かないだろう、って理由で行き先を決定。

と言うわけで、相棒さんが真冬のALTに着ていく巨大なダウンのコートに加えて、ヒートテックのシャツ&モモヒキw&靴下やらmont-bellのウルトラライトダウンとか、滑りにくそうな光電子(?)ブーツとか調達して、フル装備で現地に飛んだんだが、天気がよすぎて暖かくて拍子抜け→油断した後半戦で寒さに震える、というパターンだった。

さて、まず初日、約10時間のフライトを終えてヘルシンキの空港に着くと、案内看板に日本語も書かれてたり日本語アナウンスが流れてたりと、至れり尽くせり。そして迎えてくれた現地ガイドのにーちゃんも日本語ペラペラ。エヴァで日本語勉強したとか口走ってたけど嘘くせー(笑)。

空港からホテルまで、バスでにーちゃんのトークで笑わせてもらいながら、ホテルに到着。まだ現地時間の17時ごろなんだが、あたりは既に薄暗くなってきていて、ホテルの夕食までの間に近所のショッピングセンターを探検したりして、この日のお出かけは終了。晩飯食ってシャワーを浴びて、時差ボケなのでさっさと就寝。

と、その前に、ホテルのWiFiでネットにつないで、Skypeで相棒さんとテレビ電話。こりゃ便利だ。WiFiの安定性の問題なのか、時々切れちゃうけど、無料だから我慢してやるか。

ちなみにこっちは無料WiFiが結構あちこちにあるらしい。海外パケ放題は日本時間の0時を境として1日1,980円 or 2,980円、という設定なので、キリのいいところで使い分ける予定。Google Mapは手放せない。