鈴鹿でドッキリ

86だらけ

アンダーパネルやバンパーと255タイヤの具合を確かめるため、久しぶりに鈴鹿のフルコースを走ってきた。

しかし、今週末86 BRZレースがあるらしく「混雑が予想されます」って注意書きに前日に気が付き、珍しく予約してみた。

そして当日、10:30枠狙いで9:30ぐらいにパドックに着くと、なるほど大混雑(汗)。受付近くのピットはどうせ空いてないだろうと思って、最終コーナー側のほうに空きを探しながら進んでいくと、空きがない

少し1コーナー側に戻って、走行中なのか荷物がいくつか残ってるピットに無理やり停めて、受付に向かって歩いていくと、予想に反して3, 4番ピットがガラ空きだったので、こっちに移動してピット確保。

ピット確保!

そういえば、伊勢湾岸道から東名阪に入るところが、新名神の開通で大幅に変わってて、間違えそうになった。看板の表示が、名神・新名神・東名阪とか似て非なる道だらけだし、行先もなんかどっち行っても京都・大阪だったり、確かにその通りなんだが、パッと見では訳が分からんって。(゚Д゚)

さて、長々と走行前の話を書いてしまったが、走行のほうは、台数が多い割には意外と走りやすくて楽しかった。

86レース車とは速度域が近いので参考になるし、譲ったり譲られたりが結構スムーズで、あまり邪魔にならない。コースイン直後はさすがにちょっとカオスだけど、1, 2周のうちにだいたいいい感じの距離でバラける。

しかし、同じ86レース車でも、プロとアマの差がはっきり分かった。挙動が不安定な車と無駄なくスムーズな車が丸分かり。

ていうか、プロだと思うけど、ふと気が付いたらバックミラーにビタビタに張り付かれてるのが映って焦った。俺も「車間距離近すぎ」とか突っ込まれるけど、彼らの距離感は尋常じゃねー(汗

で、ジワジワ追いついてきた86を前に行かせて追いかけていたら、ちょっとドッキリしたりとか。

86を追いかけてたら・・・

ちなみに、車載動画を撮ってるGoProモドキは、マイク穴をふさいでも音割れまくりだったので、今回は、付属の防水ケースに入れてみた。が、やっぱり音割れた。だいぶマシにはなったと思うけど。

そんな感じで、基本的には30分ノンストップ(時々クールダウンは入れたけど)で2枠走り倒したけど、この日のベストは2分36秒で、自己ベスト更新はならず。暑かったからだと言い訳しておこう。

アンダーパネルとカナードと255タイヤで、フロントのグリップはちゃんとあるんだけど、1発のタイムが出なかった。クールダウンとかでレコードラインを外すと、86レース車のタイヤカスを拾っちゃうのか、しばらくグリップ感がなかったり、そもそもZ3が連続周回でタレちゃうのか、30分枠の後半はフロントが逃げがち。

しかしこの日のベストは最終ラップに出たという…。

そして関係ないけど、帰りのコンビニで買ったガリガリ君で当たりが出た!(笑

あたり!

スポンサード リンク

リコールその後

スバルの営業から保険の更新の電話があって、ついでにバルブスプリングのリコール対応の相談。

ヘッドカバーのオイル漏れは、液体ガスケットを塗り直すので自動的に修復されるはず。FA20系の初期ロットはオイル漏れが結構あったらしく、一応対策済み(手順の改善?)だそうな。

問題の、ミッション固定ボルトの斜め差しは、個別対応でなんとかしてもらえそう。良かった良かった。

ちなみに、個別対応が必要なければ、この辺のエリアだと半田あたりの航空機工場跡地にリコール対応専用ラインを作っていて、大体1週間ぐらいの預かりだそうな。

一方うちの子は、実際見てみんと分からんってことで、1ヶ月弱の日程が宣告された。しかも6月。随分先だなぁ。(´・ω・`)

一応代車を用意してくれるってことで、今回の代車は何かいな?と聞いてみたら、「カローラ」という予想外の答えが返ってきた。orz

さすがにWRXはそう簡単に出てこんか(笑

スポンサード リンク

スパイシー走行会でタテ号迎撃

カメラマンはぴかさん

ニューマシンをゲットしたタテさんに誘われて、毎度おなじみara_Rさんとともに、スパイシー走行会に参加してきた。

この日に合わせて、と言うわけではないけど、初の大物FRP工作は、カナードもなんとか装着して完成だ!(FRP工作のおかげで随分久しぶりのサーキットだと思ったら、前回走ったのは半年前のスパイシーだった。)

しかし朝イチに、ピカピカのニュータテ号の隣に停めると、手作り感あふれるカレンが少々こっぱずかしい(*´Д`*)。しばらくして変態DIYマシーンara_R号がやってきて、見慣れた風景になって落ち着いた(爆

白い3人衆

今日は255タイヤもデビュー戦。フロント周りのエアロとともに、効果はどんなもんかいな?と期待しながらほぼ全ラップ全開で走り回ったけど、46.3秒で2月のベスト(46.2)は更新できなかった。(´・ω・`) 逆回りはベスト更新したんだけどな。

ニュータイヤのおかげか空力のおかげか、アンダーな感じはほぼなくて、デフでぐいぐい曲げてく感じ。

タイヤの外径が一回り大きくなってるけど、あんまり走り込んでないサーキットだからか、特に違和感はなし。むしろ2ヘア(っていうのかな?フェニックスの1個手前)への進入は、ちょっとリミッターに当たる程度で3速に上げる必要はなくなったので、相性は良さそう。

しかし、バックストレートエンドは相変わらずどこまで攻めれるのか分からん。うっかりインの縁石を踏みすぎて下回り(ホイール?)をガツンとヒットしたり、ヒール&トゥを失敗してブレーキ踏み外して慌てたり。

とは言え、コースアウトするようなこともなく、スピンもなく周回数を重ねてたけど、午後イチの逆走枠でちょいとトラブル。

突然のエンジンストップ(汗

バックストレートエンドのコーナー(上の画像の奥のコーナー)を立ち上がったら、突然アクセルの反応がなくなった(汗)。アクセルワイヤーでも切れたかなと思ったけど、ハザードも何にもつかなくなってたので、電気系と推測。

電気系と言えば、バッテリーにキルスイッチを付けたんだけど、端子の向きがしっくりこなくて、ちょっと無理のある角度になってたので、振動で緩んだのだろう。

一瞬エンジンが回ることもあったけど、この微妙な上り坂が惰性では登れなくて、慌ててコース外に車を出そうとしたけど間に合わず、上の画像のような中途半端な場所でストップして、赤旗を出してしまった。orz

走行車がいなくなったところでボンネットを開けてみると、予想通りバッテリーの端子が外れてたので、とりあえず接続してエンジン掛けてピットイン。

同じ走行枠の皆さん、ご迷惑をおかけしました。m(_ _)m

そのほか、ぴかさんに指摘されるまで気づかなかったけど、左リアだけやけにトーインになっていたので、テキトーに修正したり(車検の時にタイヤを引っ込めたあと、戻し損なったんだろうな。アームのトー調整ネジをぐるっと1回転させてやった)。

それだけアライメントがずれてたら体感しそうなもんだけど、修正後も結局変化を感じることはなかった(爆

一方、ara_R号は何やら盛大にお漏らし。大丈夫か?

ダダ漏れara_R号

ってなところで、その他の気になる車両をご紹介。今回はRX-8が大量にいたけど、やはり我らにとってはST系!ST205が2台いた。ノーマル足っぽいけどなかなかイイ走りっぷりだった。

白いST205さん
赤いST205さん

そして謎のミゼットⅡ、絶対的な速さはないけどコーナーでは他の車を追い回してた。C&Yのステッカーが貼ってあったので、そういうネタなんでしょう(爆

AE86を追い回すミゼットⅡ

そして走行後は、我が家にご招待してプチ宴会。お疲れさんでした~。

たぽ家ガレージにて

スポンサード リンク

オイル交換とカナード加工

引き続き今日もクルマいじり(しかし画像は無し)。

まずは2台ともエンジンオイル交換。エレメントも交換。

次に、旧アンダーパネルに付けてたストレーキ(タイヤ前の風よけ)を移植。

さらに、バンパー下部の形状が変わってしまったので、カナードを再加工。

しかし、うっかり切りすぎてしまったりなかなかフィットしなかったりで、夜までかかってなんとか形は整ったが、カバー裏のナットの固定方法が未解決なので、完成はお預け。

前回と同じように、ジャックナットや エビナットをカシメようかとも思ったけど、スカスカのFRPの強度がイマイチ不安なので、あとジャックナットはフランジが意外とデカくて目立つので、カバー裏に板ナットでもホットボンドで貼り付けてやろう。

スポンサード リンク

塗装!

ようやくここまでたどり着いた。今日はついに塗装だ。まずは塗装ブースの確保。

と言っても、ガレージ奥(換気扇の近く)にブルーシートを掛けて養生しただけ(笑

簡易塗装ブース

そして、塗装は初心者なので缶スプレーでいいやと思って、Soft 99の缶をひと通り(プラサフ、カラー、クリア)通販でポチったんだが、なんとカレンのパール(カラーコード049)は既に廃盤だと!?

開き直ってスプレーガンと量り売りの塗料を調達してやった(爆

スプレーガン(アネスト岩田PS-9513B-04)

念のためフィルターレギュレーターも一緒にポチったら、今度はそいつが廃盤で、代わりのやつを注文したら、そいつは圧力ゲージが別売りで、さらに追加で注文して、とまあ、ずいぶん手こずってひと通り調達。

そんなこんなで、防毒マスクも装着して、フル装備でいざ塗装開始!

使い捨てツナギと防毒マスク(笑

・・・さて、ここで問題です。上の画像には間違いが含まれています。なんでしょうか?

経験者の人は、もうお分かりですね。

そう。この防毒マスク、肝心の吸収缶が付いてない。缶別売りのやつだった!どーりで臭いわけだ(爆

フィルターなしのマスクを装着してプラサフ塗装中

そんな致命的なミスに途中で気付いて、しょーがないから普通のマスクを付けて塗装続行したけど、そんなに頭痛くはならなかった。FRPをドライヤーで加熱して硬化させてる時のが頭痛かったな。

プラサフ完了

で、まあ何とかプラサフを塗り終わったが、穴だらけのFRPはやはり穴だらけのままだな。(´・ω・`)

昼メシ食いながらしばらく放置して、プラサフが固まったのを確認して、一応#600の耐水ペーパーで水研ぎしてみた。

なんか研磨跡のスジだらけだが、こんなんでいいのかな?(汗

ところで、カレンのパールはいわゆる3コートパール。プラサフの上にベースのカラーを塗って、パールのキラキラ層を塗って、さらにクリアを塗って仕上げる。

めんどくせーな(汗

ベースコート完了

しかし何というか、YouTubeでスプレーガンの塗装の仕方をお勉強したけど、動画のように少しずつずらしながら一定の角度・スピードで塗るって、難しいな。

そしてガンに入れる塗料がどれくらい必要なのか、どれくらい重ねればいいのか、なかなか分からん。

分からなくても前進あるのみ!次はパールだ!!

が、缶のふたを開けてちょっとビックリ。モヤモヤした液体だ。

パールのモヤモヤ

ここまで、プラサフ約160g、ベース約120gと塗ってきたので、パールも120gぐらい用意したんだけど、どうもパールは他の液体より軽いらしく、500gあるはずの缶の3分の1ぐらいガンに投入してしまった。

ちょっと失敗したかなと不安になったけど、いざ塗ってみたら、直後はあんまりパールっぽさを感じなかったが、ちょっと時間がたって塗料が落ち着いたのか、いつの間にかパールになっててテンション上がった!(゚∀゚)

で、最後にクリアを吹く。

塗装完了、そして塗装後のブースの惨状

ある部分はツヤツヤに塗れたけど、またある部分はゆず肌と言うのだろうか、ちょっとブツブツした感じになってしまった。

しかしまあ、初めての塗装にしてはまあまあかな。塗装は。

FRP自体がデコボコ穴だらけなので、近くで見てはいけない(爆

遠くで見れば、ほら上出来!!(`・ω・´)シャキーン

仮装着!

ちなみに、このカバーがないと下のような状態。たったこれだけの変化に何カ月かけたことか…。この違い、プライスレス!(笑

アンダーパネル装着
カバー装着前(2018/12/9)

ところで、白ツナギは今回LLサイズにしたんだが、やっぱりきつくてフードをかぶらずに塗装していたら、白髪になってた!

開けてびっくり玉手箱

スポンサード リンク

盛って削って…

本日の材料

というわけで、今度はパテ盛り。ホルツの2液式のパテ。

これまでさんざんDIYで車いじってきたけど、実は板金・塗装系はほとんどやったことがない。せいぜいタッチペンで小さな塗装の剥がれを塗ったぐらい。

なので、パテもこれが初めてなんだが、ベースのFRPも初作品でデコボコ&穴だらけなので、パテ盛りもなかなか大変だった。日が暮れて気温が下がるとパテが固くなって塗りにくくなるし。

パテ盛り(1回目)完了

翌日サンドペーパーで削って表面をならす。パテはほんとは空研ぎすべし、という説明も多いけど、ベースは鉄板じゃないしペーパーの目がすぐに詰まっちゃうので、水研ぎで削った。

#80辺りから始めて#600ぐらいまで順次目を細かくしていったけど、パテの盛りが少なすぎたり、FRP部分を削ったら空洞を掘り当ててしまったりで、何回もパテを盛りなおしたり削ったり…。これは本格的にキリがない…。orz

プラサフでどこまで隠せるのか知らんけど、ほどほどのところで切り上げて、塗装の準備にかかる。

準備と言っても、粉塵だらけのガレージを掃除するだけ(笑)。まずはカレンの洗車。その前に、アンダーパネルとボデーに貼った養生テープをはがす。結構長期間貼りっぱなしだったので、糊残りを警戒してドライヤーで温めながら剥がしてやった。

洗車前の白いカレン

そして、久しぶりの洗車。あまり外を走ってないからか、前回洗車時のワックスがまだ効いてて水玉コロコロしてたので、シャンプーのみでちょっと手抜き。

で、翌日、ガレージ奥の荷物もほぼ全部出して、ホースで放水しながら6年ぶりの大掃除。

大掃除!

ついでに玄関の土間も水洗いしたり、ガレージの換気扇も掃除したり。そろそろガレージの床も塗装したいなあ(ぇ

いやいや、塗装するのは床ではなくてFRP。と言いたいところだけど、今週末はここで時間切れ。続きはまた来週~。

スポンサード リンク

雪山デビュー

綿向山の霧氷

車イジリはエスカレートする一方だが、我が家のもう一つの趣味である登山の方も、いつの間にかこんな景色を見に、雪山デビューしてしまった。

まあ雪山と言っても積雪はせいぜい10cmあるかどうかってとこだけど、風が吹くとなかなかの寒さだし、このとき登った綿向山の登山道はガッツリ凍ってて、6本爪の軽アイゼンが威力を発揮。

軽アイゼンデビュー

しかしアイゼンのグリップ、スゲーな(汗)。 WRCではグラベルより雪道のが速い(スタッドの生きてるスノータイヤなら)って話を思い出した(笑)

詳細はYAMAPの活動日記参照。

他にも、1/24にも三峰山で霧氷を見たり、1/3に鍋割山で5リットルの水を担ぎ上げて鍋焼きうどんを食ったり、そんなこんなでFRP工作がなかなか進まんのであった。(・_・)

鍋割山の鍋焼きうどん

スポンサード リンク

Nickelback Live!

Nickelback!!

久しぶりにライブ鑑賞してきた。ニッケルバックだ。

整理券が1300番台だったんだが、行列なげーよ。Zepp Nagoyaから線路の向こう側までぐるっと行列が伸びていた。

開場時間が過ぎてしばらくしてから行列が動き出し、開演間際にようやく会場入り。久しぶりに黒Tシャツを買って、ドリンクは後回しにして、いざスタンディング席へ。

そしてメンバーが登場して演奏が始まると、、、

みんな一斉にスマホを向けて撮影しだした!

いや、俺もコソッと数枚撮ってやろうと思ってたけど、みんな堂々と撮りまくりじゃん(汗)。写真だけじゃなく動画とか、隣の南米系なカップルに至ってはTwitter的なヤツに即アップしたり、さらにはビデオチャットで生中継とか(爆)。

昔は入り口の持物チェックでデジカメやレコーダーが没収(実際には預かりだけどw)されたりしてたけど、カメラ付きのスマホがこれだけ普及したらもう収集がつかんだろうなーと思ってたけど、まさかここまでとは…。

まあ逆に宣伝効果はあると思うけど、ちょっとジェネレーションギャップを感じたよ。(´・ω・`)

ライブ自体は、過去のアルバムの代表曲も多くやってて、古き良きロックを彷彿とさせるイイ感じのライブだったよ。酒かっくらいながら歌ったりとか、客席から二人ステージに上げて一緒に歌ったりとか(笑

スポンサード リンク

FRP整える

今日はいよいよFRPを引っぺがしてフチを切り落とす。

と思ったけどその前に、ガッチリ固定されてる状態で表面の凸凹やトゲトゲをグラインダー(ドリルだけど)でならすことにした。

グラインダーでヤスリがけ

しかし、順調に積層できたと思ってた運転席側は、全然脱泡できてなくて2プライ目が浮きまくりだった。俺の腕にはちょっと硬化が早かったのかなあ。

一方、ドロドロでなかなか固まらなかった助手席側は、意外と奇麗に積層できてたようだ。

で、次はアンダーパネルを引っぺがす。樹脂製の内装はがしを突っ込んでグリグリやっていったら、思ったより簡単に(とは言えそれなりに力技でw)バリバリっと剥がれた。フェンダー寄りの、アンダーパネルがぐるっと包まれてる部分はさすがにちょっと手こずったけど、養生テープはパリパリ剥がれてなかなか優秀。

バンパーからも手でバリバリっと剥がせた。フロントのダクト回りの包み込んでる辺りがちゃんと剥がせるか心配だったけど、バンパー自体がある程度柔軟なので、問題なく剥がせた。

バンパーから引き剥がす

そして、はみ出たグラスウール部分を切断砥石でカットして、やすりやエアグラインダーを駆使して縁のラインを整える。

いい感じに保持できるような形になった

ある程度形になったので、次は、再び表面の凹凸をグラインダーで整えることにした。

やはり運転席側の浮いてるとこが気になるので、凸凹をならしていたら、2プライ目をほぼ削ってしまう羽目に…。そして穴が開いてしまった。あとでもう一度積層してやるか…。orz

フチを切り落として整える

で、最後に、裏のスタイロもある程度剥がすことにした。なんとなく邪魔なので。

しかし、グレーのスタイロ用樹脂は、ちゃんとスタイロを保護してくれていて、逆に塗りが甘いところはスタイロが解けてたりするんだけど、スタイロをはがすんだったらスタイロ用樹脂より養生テープのほうが奇麗にはがれて快適だった。

うむ、グレーの樹脂がまだかなり余ってるけど、もう出番はないかな。(´・ω・`)

スポンサード リンク

FRP積層

FRP貼ってみた
FRP貼ってみた

というわけで、ようやくFRPを積層した。予想はしてたが手ごわかった。orz 手ごわかったので作業中の画像は無し。

まずはスタイロに発泡スチロール用の樹脂を塗るのだが、楽天で調達した樹脂は3液式のグレーのやつ。ara_Rさんのコメント通り、粘っこい。

通販サイトの説明ではグラスマットの含浸にも使えるってことだったので、1プライ目はグレーで積層しようと思ってたんだけど、初心者には無理だった。粘っこくてなかなか浸透していかないし、色が透けてないから浮いてるかどうか分からん。

なので、1層目からノーマル樹脂に変更。残ったグレーの樹脂(調合済み)は反対側のスタイロに塗ってやったらちょうど使い切れた。

で、ノーマル樹脂だが、ちゃんと固まるか不安だったけど、硬化剤をちょっと多めにしてやったら。ちゃんと固まったようだ。ちなみに今の俺の手際の悪さだと、100gぐらいがちょうど使い切れるペース。(´・ω・`)

ところで、当初の予定では3プライ重ねるつもりだったけど、アンパネを支えてるわけじゃないし、材料の残量もちょっと微妙だったので、2枚重ねでまあいいや、と。

そして片方終わらせたところで、続きは後日かなとも一瞬考えたのだけど、そんなペースじゃいつまでたっても完成しない気がしたので、勢いで反対側も積層開始!

しかし、日が陰ってきて温度が下がってきたのか、ちょっと色々難易度上昇。

固まりが悪くなったかなと思って硬化剤を増やしたら、混ぜが甘かったのかすぐに部分的にジェル状になってしまったり、そもそも硬化剤を混ぜる前の樹脂が缶から出した時点でだんだんドロドロになってきて、硬化剤で固まってるのかなんだかよく分からなくなってきたり…。

辺りが暗くなった頃にようやく貼り終わったのだけど、なんだか固まる気配がない。しょうがないのでドライヤーで温めてやったら、何とか固まったようだ(汗

そんな感じのFRP遊び。次回は、いったん剥がしてフチをカットして表面を整える、かな。

スポンサード リンク

車、音楽、コンピュータ、etc…