六連星走行会@筑波サーキット

筑波のパドック
筑波のパドック

ちょっとひとっ走り、筑波サーキット(TC2000)まで遠征してきた。team六連星というとこの走行会で。

久しぶりに初めて走るサーキットなので、グランツーリスモで予習しようかと思ったが、PS3は死んでるのでPSPを発掘してきたら(相棒さんがw)、バッテリーが膨張してて裏ブタがはじけ飛んだそうな(爆

膨張バッテリー
膨張バッテリー

と言うわけで、ぶっつけ本番で走ったけど、ゲームの記憶のおかげでコースに迷うことはなく、ラインやブレーキングポイントは意外とすんなりつかめたんだが、1ヘアの進入で右の縁石を踏みながらブレーキング、ってのが挙動を乱しそうで結構怖い。

あと、最終コーナーが、3速目一杯ぐらいの速度域でぐるーっと長時間回り込んでいくので、意外と横Gが体にこたえる(汗

1コーナーや各ヘアピンは、路面のバンクのおかげで、突っ込みすぎても意外と曲がれて楽しい。

縁石多めに踏んでみた
縁石多めに踏んでみた

なんとなく、鈴鹿のデグナーとかヘアピンとか、バンクきつめでアップダウンのある辺りにちょっと通じるものがあるかも。

まあ突っ込みすぎたときは当然タイムは出ないんだが、それはそれとして、ミスなくまとめたと思っても、思ったほどタイムが出なくて、ちょっとショボーン。(´・ω・`)

ヘアピンからの立ち上がり
ヘアピンからの立ち上がり

初筑波のベストタイムは、1分8秒015。朝イチの枠で8秒9だったので1秒も上がっとらん…。6秒台ぐらいは行けるんじゃないかと、根拠もなく思ってたんだけどな。orz

ちなみに、最後に配られたタイム表を見てみたら、ベストタイムは半分より前(94台中40番目)だったけど、トップスピードは72番目という、ビミョーな結果も判明。「パワーではなくテクニックで!」とは言うけれど、いざこの結果を見せ付けられると…(笑

チェッカー
チェッカー

ところでこの走行会、100台近い参加台数なのに、4クラスに分けて物凄い手際の良さでさばいていく。走行時間は15分×4本なのでちょっと物足りないかなと思ってたら、クラス替えの時間をうまいこと節約して、15分ほぼ走り倒せる。なので結構おなか一杯。

そして、駄菓子が食い放題(?)だったり、昼におでんが出たり、昼休みにホームストレートを歩けたり(笑

筑波のホームストレート
筑波のホームストレート

さらに今回はなぜかST系が一杯。まずは誘ってくれたara_Rさん。

ara_R号
ara_R号

そして白ST205のTwoさん流雲さん。そっくりで見分けがつかんかった(失礼

白ST205
白ST205

あと、銀ZZTさんも速かった(汗

銀のZZT
銀のZZT

と言うわけで、走行中はあんまりお話しなかったけど、走行後に並べて記念撮影。

4台のST系
4台のST系

オマケ。ブレーキのダストが凄いことになってた。そろそろパッドとローターの交換をしなくては、と思っていたけど、今日の走行でまた一段と減ったようだ。

戦の後のブレーキダスト
戦の後のブレーキダスト

筑波への移動中にブレーキの警告灯が付いたり消えたりしてたけど、走行後は付きっ放しに。BRZもちょうど今付いたり消えたりしてるのでパッド買わねばと思ってるんだけど、ST20系もブレーキフルードのワーニングなんか付いてる世代だったのね。赤ヘッド世代だけかな?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。