GeForce256!

aquaで吹きつけモデラWinを動かすと,必ずフリーズする.
しかも,マウスカーソルすら動かないぐらい重症.
これが解決した!
なんと,Creativeじゃなくて,nVidiaのリファレンスドライバを
インストールしたらまったく問題なくなった.それだけ!?
しかしかなり速い.やばいぞSGI!

スポンサード リンク

続々ぞく・Apache + …

DebianのstableのPostgreSQLはバージョンが古くて,
自宅やimperialで吐き出したデータがちゃんと読めなかった(;_;).
なので,結局コンパイルすることにした.
この際だから,apache & php もコンパイルしてしまえ!

ということで,本に書いてあるとおり,

$ ./configure --with-mb=EUC_JP
$ make all
$ sudo make install

としてみると,コンパイルは通るのにインストールできない(T_T).
よーく見ると,
postgres11なんかないって言ってる.
あたりまえだろーー!!

試しにうちで同じことをやってみても問題なくいってしまう.
kaiser でやってみると,同じ.Debianがいかんのか?
がんばってMakefileを解読してみると,backend/Makefileの
install-bin:が怪しい.postgres$(X)なんてのがある.
Makefileに

hoge:
echo $(X)

って項目を作って $ make hoge してみると,まさに,”11″と出た!
どうやらこれは X11 を表してるっぽい.
そこで,Makefileの先頭に無理やり

 X=

という行を足したら,万事うまくいった!
やっと!長かったなあ….

スポンサード リンク

続々Apach + PHP + …

そして結局あきらめてDebian@danieliに入れちまうのだった….
Laser5とはだいぶ勝手が違ってやりにくかった.
まず,public_htmlが見れなかった!
どこで設定してるのか探したら,smr.conf だと!?知るか!!
そしてphpもモジュールをスクリプトのほうで

dl("pgsql.so")

とかして毎回読まなきゃいけなさそう.
init.inc で読ますか?
いやいや,いい方法がありまっせ.
php3.ini に

LoadExtensions=/some/where/pgsql.so (だったカナ?)

なのだ!
あと,Debianはapacheがユーザwww-dataとかで動いてるので
PostgreSQLに接続できなかった.”-“がいかんらしい.
なので,nobodyに変更.完了!

スポンサード リンク

gccのコンパイル

そこで,何を思ったのかimperialでgccをコンパイルし直すことにした.
ver.2.7.? -> ver.2.95.? となる.
しかし!
すっげー時間かかる!imperialおっせー!
一晩かかってコンパイルが終わって,朝飯食いながらインストールしてたら,
imperial:/export があふれやがった….
使われてなさそうなのを消して再度GO!!

スポンサード リンク

続・Apache + PHP + PostgreSQL

色々試すうちに,imperialで_memmoveが引っかかるのは
pcore/Makefile (?) で

 CFLAGS = ... -DUSE_BCOPY (-DUSEBCOPYかも?)

とすればいいことが分かった.
しかし相変わらず fgetc で引っかかる.
無理やり通すと Seg. fault…
うーむ.

スポンサード リンク

Apache + PHP + PstgreSQL

が,どーしても研究室のワークステーションに入らん!
ひとまず動くようになったのは,

  • PosgreSQLはimperialにあった残骸.
  • Apache + PHPはavariでコンパイル.

その際,libpq.soが必要になるので,postgresqlのソースを展開して,
libpq関連のとこだけコンパイルした.と言うのも,
postgresql全てはコンパイルできなかったから.
SGI4台とも同じ症状.
やれやれ.納得行かんがとりあえず公開.

スポンサード リンク

せっかく入れたけど,いきなりWindows2000に.

押領司が「Win2kはAdobeのPSドライバがまだない」と言っていたので,
共有マシンはNTにしたんだが,
玉木さんが,「Win2kでも使えるじゃん」っと言うことで,
いきなりNT消してWin2k入れることにした.

Win2kはあっさりビデオカードも認識してくれたし,
楽チンだった.
ただ,同じ設定のユーザをいくつも作るのが面倒だった.
NTみたいにコピーはできんのか!

スポンサード リンク

PostgreSQL & PHP

今作ってる
大西研計算機データベース を研究室で動くようにするために,PostgreSQLとPHPをインストールする.
前までwebサーバはimperialで動いていたので
みんなここにインストールしてもいいんだけど,
遅いしHDDの空きも /export1 ぐらいにしかないので
avariにでも入れることにした.
でも,PostgreSQLがインストールされてる!誰だろ?

まず,apache-1.3.9.こいつは全然問題なくコンパイルできた.
次に,php.–with-pgsql をつけると,libpq.so がいるらしい.
つまりPostgreSQLをコンパイルしなければならない.
で,PostgreSQLは,いいとこまで行くんだけど,
結局エラーが出てコンパイルできず.
Webで検索しても解決法は見つけれなかった(T_T).
あきらめて,libpq.soに関係ありそうなとこだけコンパイルすることにした.

何とか,apache@avari -> PostgreSQL@imperial で動くようになった.
やれやれ.

スポンサード リンク

hasslerを共有NTに.

luxorのユーザ情報が飛んで久しい.
スペック的にもそろそろ厳しいのでhassler(PentiumII333)を
共有NTにすることにした.

NTのインストールは初めてである.
しかし,NT自体は以外にあっさりインストールできた.
だがしかし,ビデオドライバを入れるのにService Packがいるとか,
IE5を入れるのにService Packがいるとか,
とにかく
Service Packである.

DOS/Vマガジンの付録CD-ROMとっときゃいいのに,
結局ダウンロードか?
と思ったら,どっかの共有フォルダに残ってたので,
それをてきとーにインストール.
ビデオドライバもインストール.
なんだかNTでのハードウェアのインストールはよう分からん….

NTのネットワーク越しプリンタのインストール :
次に当初の目的,プリンタのインストールだ.
しかし,ネットワーク越しのプリンタはどうすればいいのだろう?

まず,TCP/IP越しにlprに投げるためのサービス(?)を入れて,
「ローカルプリンタ」としてインストールを始め,
ポートをそのlprと指定するようだ.
*1で,プリンタのhost名(platon, freezer, prinprin)(or IPアドレス)と,
ポート名(マニュアルで調べたら,passthru, xjprint, raw)を指定すればいいようだ.
しかしその後プリンタの種類を聞かれる.
ここでなかなかそのものズバリのドライバがなくて,
なんだか怪しいことになった.
そのせいか,elのテスト印刷が出てこなくて,
いったん電源を切って入れなおしたら,
文字化けした数行が印刷されたものが大量に出てきた.
しばらく色々試したが全然止まらないので,
結局もう一度電源を切ってしばらく待って入れ直したら止まった.

AdobeのPSプリンタドライバ :
そうこうしてるうちに,玉木さんがどっかから
AdobeのPSプリンタドライバなるものを取ってきてた.
このドライバのsetupから上と同じようにしてインストールすると,
うまいこといってしまった.
ただし,プリンタを入れるごとに再起動させられる….



*1
:つまり,ここで出てくる「ネットワークプリンタ」は,
リモートのWindowsにぶら下がってるプリンタのことのようだ.

スポンサード リンク

車、音楽、コンピュータ、etc…