「BRZ/86の鉄板ブレーキ」カテゴリーアーカイブ

鉄板ブレーキ、中の人に聞いてみた

最近仕事でシャシー系の電子制御(ABSとかVSCとかTRCとか)に詳しいオジサマと知り合ったので、会議の合間にBRZ, 86の鉄板ブレーキについて聞いてみた。

まず、発生するときの状況について、前に書いたことを伝えてみた。

すると、「君、アクセルからブレーキへの踏み替えが結構早いよね。トラクションコントロールのモードからブレーキのモードに切り替わるより早くブレーキペダルを踏んでたとすると、そういうことも起こりえるかな。」だそうな。

えー、分かってたら対策してくださいよー。せめてブレーキロックでもいいですから。(T_T)

「ていうか、僕も昔SW20でなったよ。えーっと、たしか下山のチョイ手前の…、モーターランド…?」

え、モーターランド三河?

「ああ、三河じゃないほう」

オートランド作手!?

「そうそう。作手の左コーナーを上って、坂の上の右コーナーで。」

まるっきり同じじゃないっすか!(爆

「んー、でもブレーキ思いっきり踏めばバックアップバルブ(?)が開いて一応ブレーキ効くはずだよ。少なくともSWはそうだったけど。」

マジすか。結構踏んだけどダメでしたよ。

「じゃあいつもブレーキブースターに助けられてるんだよ( ̄ー ̄)。ブースターも取っちゃってレーシングカー的なブレーキにすればOKじゃない?」

確かに初期制動きつめなパッド使ってますけど…、そこまでするならヒューズ抜きますって(汗

「でも、ブレーキペダルを思いっきり踏むと、今度はマスターシリンダーのゴム(ガスケット?)が歪んで、次のブレーキングがスッカスカになることがあるから気をつけてね。」

アカンやつじゃないすか。(((;゚Д゚)))

と、ここでもう一人の会議出席者からツッコミ。

『サーキット走るならVSCとかOFFにしてるんじゃないの?』

長押しOFFですよ。でも最近の車ってOFFにしても完全には切れないじゃないですか。

『え、そうなの?』

「あ、86, BRZってボッ○ュの制御ユニットだよね。欧州の車って、低μ路からの発進でも絶対空転を許さないような思想でできてるから、OFFにしてても意地でも前に進むんだよ。国産だとOFFなら軽く空転するんだけど。」

へー。『へー。』

そういや、アルテッツァでも起きるって聞きましたよ。

「アルテッツァも確か欧州の制御ユニットだったんじゃないかな。」

「でも、そんなよく起きる現象なら、東富士のテストドライバーが潰しこんでると思うんだけどなー。もしかして、すんごい攻めてるの??」

『いや、作手の3コーナーでそんなに滑らしてたらタイム出ないでしょう』

あなたもALT走る方ですか!Σ( ̄□ ̄;

ギリギリ滑らないところを狙ってるんですが、そうすると滑る頻度も上がっちゃうんですよ…。( ´_ゝ`)

「まあ、パーツ替えてバランス変わっちゃうと、そういうリスクもあるってことじゃないかな。」

えー、そんな結論ですかー。orz

とりあえず、リアの空転に対する電子制御の介入とその直後のブレーキング、という鉄板ブレーキの発生条件の推測は結構当たってそうだ。

と言うわけで、もし鉄板ブレーキに見舞われたら、死ぬ気でブレーキ踏んでみましょう。ダメ元ですが。

ALTでLSDの効果確認

進化したBRZ!?
進化したBRZ!?

というわけで、LSD&4.5ファイナル装着後のシェイクダウンだ。

(3号機の)ベスト更新してあわよくば30秒台前半に入れちゃうんじゃないか(・∀・)ニヤニヤとか妄想してたんだけど、さすがにそんな都合よくはいかなかった…。(´・ω・`)

しかし、成果は上々。

まず、デフのおかげで色々普通に踏めるようになった(笑)。コーナ立ち上がりの早いタイミングでアクセルを踏めるようになったし、縁石を踏んでも挙動が乱れなくなった。(・∀・)

そして4.5ファイナル。これは、(今の俺にとっては)なかなか曲者だった。

ホームストレートで3速に上げるのはずいぶん手前になったので迷う必要はなくなったけど、予想以上に手前になっててうっかりレブってしまうほど。

そして問題の3コーナー。やっぱり2速は簡単に吹け切ってしまうので3速必須だけど、旋回ブレーキの直前に2速→3速とシフトアップするのは慣れてないと至難の業。

なので、今日は2コーナーで2速に落とさずに山頂ヘアピンまで3速固定にしてみた。2コーナーで車速を維持できればそれなりに繋げられるっぽいが、やはり加速力が弱いのでちょっとタイムはロスしていそう。

その代わり、山頂のヘアピンから最終コーナーまでは2速で美味しい回転数が維持できる。ヒラリヒラリとリズミカルに、なおかつデフでトラクションも抜けなくなったので、後半セクションはかなり気持ちイイ!(・∀・) 気持ちイイので、勢い余って最終コーナーではみ出しそうになる(爆)。

なんというか、タイムの稼ぎどころがだいぶ変わった感じ?

で、忘れちゃならない鉄板ブレーキ(みんカラ版のコメントも参考に)。電子制御の具合はというと…、

今日は発症しなかった!!(・∀・)

予想通り、LSDのおかげでそもそもの電子制御(TRC?, VSC?)の発動頻度が激減。なので、山頂ヘアピンのブレーキングも至って普通。ちょっと挙動乱し気味のままブレーキングしたときも、ABSで普通にリカバリー(リアのクムホ(溝なしw)に対してフロントの595RS-RRがちょっとグリップ不足でアンダー気味ではあるけれど)。

あ、長押しオフ状態ね。

そんなこんなで、今日のベストタイムは31.324。ちょっと台数多くてクリアが取りづらかったと言い訳しておこうw。

真面目な話、今までとリズムが違い過ぎてもっと走り込みが必要。orz

デフのおかげでグイグイ進んでいくし、リアの挙動をアクセルでコントロールできる(まだまだ慣れてないので荒削りだけど)ので、すげー楽しいんだけどねえ。

走行後、香嵐渓に寄り道。いつもとは逆の方から散策して、五平餅食ったりとか。紅葉自体はちょっと今年はイマイチかなあ。なんというか、色づく前に枯れ始めてる感じ。

五平餅などなど
五平餅などなど

20151129_koya 20151129_korankei

ALTの初心者講習会

Mさんの奥さんがALTの初心者講習会でサーキットデビューするってことで、見学のついでに朝イチアタックしてきた。

夏の朝イチアタック
夏の朝イチアタック

夏バッチは成り行きでゲットしてしまったけど、レインフォース撤去で軽量化もしたので、夏にプレミアム取れるんじゃねーかと妄想も膨らんで、フロントにクムホをセットしてアタック!

ちなみに新型フェデラルは、朝イチの準備に間に合わなくて、お家でお留守番(笑)。

結果は、30.669秒。この時期としては悪くない。

が、プレミアムには0.3秒及ばず。orz

一応、1号機も含めた夏バッチ枚数トータル7枚目の規定タイム(30.8)はクリアできたのは、収穫ではあるんだが。

一方Mさんは、奥さんが初心者講習会の座学の間にALT初走行。

MさんALTデビュー
MさんALTデビュー

Mさん自身が少し走った後、苦戦しているようだったので、オイラがお手本走行をさせてもらった。フツーの街乗りタイヤのグリップ力不足はいかんともしがたいが、3.5リッターのエンジンパワーはなかなか気持ちよい。

ウエイトハンデ(Mさんw)を助手席に乗せて数周走ったところ、35秒台は出せたので、これをとりあえずの目標タイムとして設定。その後も精力的に走りこんで、見事にALTの魅力(魔力?)にはまった模様。( ̄m ̄)

そして、気が付くとara_Rさんがやってきて、12時枠に走るようなので、ウチもオカワリ(笑)。

さすがに気温も上がってきて、朝イチのタイムを更新はできなかったけど30.7は出せて、NS-2Rで遊んでるara_Rさんを撃破(爆)。( ̄▽ ̄)

 

そんなこんなで、いよいよMさんの奥さんのサーキットデビュー。ソワソワしてるMさん(旦那)がかわいかったです。(*´艸`)

ALTの初心者講習会は、宣伝文句に偽りなく懇切丁寧に教えてくれるのでオススメ。そして、自分の車でどんなタイムが出るか、どんな挙動が出せるか、ってのが実体験できるので、その後の成長が早くなると思う。

で、Mさんの奥さんも、最初はおっかなびっくりかなりおとなしい走りだったけど、最終的にはなかなかスムーズに1コーナーに進入できるようになってた。

ちなみに、講師は34秒台まで出せてた模様。むぅ、さすが、やりおる。

そして、夫婦そろって車種別ランキングにエントリーしてた。これでまた、財布のヒモが締められない夫婦の誕生だ(笑)。(* ̄m ̄*)

 

ところで、講習会の合間に、昨日の晩慌てて作ったリア補強バーの補強パーツを装着。これでしっかりボルト留めできるようになった。

ナットの回り止め
ナットの回り止め

そういえば、気が付いたらバンパーに謎の黄色い(オレンジ色?)液体が…。なんだろうこれ?? (((( ;゚Д゚)))

黄色いネバネバ
黄色いネバネバ

2015/9/7追記

朝イチの走行枠に、白いBRZがいた。595RS-RR (215/45R17)だったので、感想を聞いてみたら、アンダーがきつくてちょっと無理が利かない、だそうな。

ふむ、595RS-Rと似たような傾向だな。値上げに見合った改善があるといいのだけど。

それから、YZの2コーナーで鉄板ブレーキ発動したそうな。いやー、YZの2コーナーはヤバいでしょー。(((( ;゚Д゚)))

VSCは長押しOFF、デフは純正LSD、足回りは車高調、だったかな。話してる最中に走行時間終了になって慌てて撤収したので、あんまり話し込めなかったけど、割とフツーのセッティングでも発動するんじゃ、メーカーに真面目に対応してもらいたいなあ…。

あと、ALTにWiFiが導入されとった! au電波の我が家にとっては、これはスゲー助かる。ピットや駐車場でも一応電波届くので、過去のタイム表を参照したり、ちょっとググってみたりとか、普通に使えるようになった!!

BRZ/86のABS誤作動について考察

BRZ/86乗りの皆さん、サーキットでABS誤作動しませんか? 体験談・回避策・解決策など、情報あればコメントください。

ALTの特定のコーナー(俺は山頂ヘアピン進入、相棒さんは3コーナー)で、ブレーキが効かなくなる現象について、ネットで調べたり考察したりしてみた。

実は俺は何度も味わってて、その度にまぁヒヤッとはするんだけど、悪い意味で慣れちゃっててあまり気にしてなかったんだけど、初体験の相棒さんに「鈴鹿の130Rとかヘアピンで発動したらどうすんのさ!?」と突っ込まれて、確かにヤベーなこれ、と我に返った次第。

で、Google先生に聞いてみた。

一番シックリ来るのはこちらの解説

ブレーキラインがソレノイドバルブによって閉じられてしまうので、 ブレーキを踏んでも硬くて踏み込めない状態になります。これを「鉄板ブレーキ」状態と呼びます(笑)。

ロードスターでも起きるらしい

これに似たような事は僕もNCECロードスターで何度も経験しているしコースアウトもしちゃってる、その時は再現性もあり、何度でも同じ走りをするとABSが誤作動と思えるレベルでべダルが固くなりブレーキが効かないし、リリースして踏み直してもダメ。

上のページからもリンクされてる谷口信輝のページその1その2。群馬サイクルスポーツセンターで織戸学のドライブするZ34が刺さった件。

誤作動のタイプも、
ブレーキが固まると言うか、ペダルタッチはあるのに、ABSが「凍結路」と判断するのか?「タイヤがグリップしていない」と判断し、ブレーキを掴まず、逃がして逃がして、全然速度が落ちていかない症状と…
今回のみたいな、ABSが一切仕事をしない、ブレーキがロックしてしまう症状があります。

そういや当時このページ読んだなあ。その頃は自分がABSトラブル食らうとは思ってなかったけど。

どうやらZ34のABSトラブルは有名らしく、ショップの製品説明ページ(車高調)にも色々と解説が。

で、ウチの場合に当てはめて考えてみると、

  • インリフトしながら左コーナーを立ち上がり(TRCかブレーキLSDか分からんけど発動気味)、右コーナーへ向けて振り返しながらのブレーキングで現象発生
  • ブレーキペダルがカッチカチで踏み込めない(=鉄板ブレーキw)。減速Gは(体感的には)気休め程度。上り坂なので、何となくセーフ(汗)。
  • ペダルを踏み直しても回復しないっぽい。

以下、クルマの仕様・特徴について。

  • ブレーキキャリパーはフロントはBrembo F50だが、ノーマルでも発生した。パッドは前後HC+(初期制動強い)。
  • 車高調に変えてから発生。バネは遊んでて、荷重が抜けたときのグリップは弱そう。
  • デフはオープン。空転しやすい。
  • 電子制御は長押しOFF
  • 走り続けると発生しやすいっぽい

考えられる対策は、

  • ヒューズ抜く(爆) ←一番確実だがブレーキバランスが変わるので慣れが必要
  • 車高調のセッティング。ヘルパースプリング入れれば伸びきったときのグリップ向上するかな?
  • 機械式LSD導入! ←ブレーキLSDやらTRCやらVSCの介入抑制になるかも
  • ブレーキパッドで微調整?

てなとこかなあ。

2015/11/29追記

機械式LSD(OS技研デュアルロックLSD)を導入したところ、症状は治まった模様。3コーナーでTRCとかブレーキLSDとかが介入してこないので、山頂ヘアピンのブレーキングも特に問題なし。

まだ装着後のサーキット走行1回だし、まだ慣れてなくて振り回しきれてないので断言は出来ないけれど、たぶん効果はあったかと。

3度目の正直、クムホ様降臨

NEW ara_R号とBRZ
NEW ara_R号とBRZ

ara_Rさんを誘って朝イチアタック。3度目の正直で、BRZでのバッチ狩り、ついに達成! クムホ様(リア2本)に降臨していただきました(爆)。

リア新品クムホ&フロントほぼ新品Z2☆の組み合わせで、気温や路面のコンディションも良好で、12周目には30.8でアッサリ規定タイムクリア。

リアが流れて電子制御(長押しOFF)が介入してきても、すぐにグリップが回復して電子制御が収まるので、結構ラフにアクセル踏んでもあまりロスがないっぽい。

相棒さんも「久しぶりに踏めるので楽しくなってきた!」とテンション上々。

と言うわけで、久しぶりにもう1時間オカワリ。

しかし、11時枠は意外とクリアが取りにくかったのもあって、あまりタイムは伸びず、30.757が本日のベストタイム。相棒さんのためのオカワリのはずが、予定外に俺が走り倒してしまった…。

で、相棒さんが走ってみると、やっぱり朝イチのタイムが更新できない模様。

そして、ふと目を放した隙に、3コーナーでキュキュキュとABS発動したようなスキール音をさせてコースアウトしそうになってる相棒さん(汗)。何があった!?

ピットに戻ってきた相棒さん曰く「ブレーキが効かない!!」

ああ、それね。時々なるよね。初登場はノーマルキャリパー&車高調装着後の5月。俺は山頂ヘアピンの進入でだけど。電子制御がアホなんじゃない?

もう少し現象を解説すると、ブレーキペダルがカッチカチになって踏み込めなくなる。そしてブレーキはほぼ効いてない状態。

俺の場合、山頂なので上り坂である程度減速できるんだけど、土手が迫ってくるので結構焦るけど、まあ今のところ無事なので、発生したときの回復方法や発生しない走り方とかを模索してる。今のところ大した収穫ナシだけど…。

しかし相棒さんは「こんなの怖くて走れない」と言うので、ヒューズ(ABS No.1)抜いたった(爆)

まずは俺が試走してみると、久しぶりの完全電子制御カット状態は、なかなか繊細なブレーキバランスだ(汗)。リアがちょっと強いのかな。でもブレーキングで前荷重を作ってターンインしようとすると、むしろフロントがスッと軽やかにインを向くような軽快さもあるような。

アクセルの方は、クムホのグリップのおかげかあまり不安定な気配は感じなかった。

が、それでも慎重な運転だったせいか、タイムはかろうじて31秒台。

一方相棒さんが運転してみると、ブレーキよりもアクセルが踏めず、打ちひしがれながらチェッカーを受けてましたとさ。朝イチ終わったときはあんなにノリノリだったのにねー。

さて、このABS、どうしましょうかねー。

ALTでシェイクダウン

Title
Caption

カレンはほったらかしで、BRZでALTへGO! やっぱNEWパーツ装着したら試してみないとね(笑)。

とは言え、足回りでそんなにタイム変わるかな、と実は結構弱気だったりして、実際、最初の走り始めは前回のベストとほぼ同じタイム。でも、挙動変化がクイックになったので、俄然楽しい車になった!

しかし1回相棒さんに交代して、次に乗ったら、何かひらめいて、突如ベストを0.3秒更新。

車高調にしたことで、カレンのように簡単にインリフトしてしまって(デフ無しだと)逆に全然踏めなくなっちゃうんじゃないかと心配してたんだけど、ロールが抑えられてちゃんとトラクションが掛けられるようになったようだ。

そして、2コーナーや3コーナーで、それなりに繊細っぽいアクセルワークで、空転するかしないかギリギリのところで前に進んでいくと、最終的に約0.7秒ベスト更新。

一方、相棒さんも、最終コーナーの立ち上がりで2回もスピンしたりしながらも、やっぱり約0.7秒ベスト更新!

しかし、最後にいつもだったら相棒さんに交代するべきところを、楽しいもんだから時間を忘れて走り続けてしまって、気がついたらビミョーな残り時間…。ちょっと悪い気がするが中途半端なのでこのまま走らせてもらいますっ!

そしたら、山頂ヘアピンのブレーキングでペダルに違和感!? 感触が似てるのは、カレンのマスターシリンダーが詰まってブレーキ利きっぱなしになったとき!?

なんかヤバイ気がしたのでフルブレーキ!!ABSも効いてないのかほぼ真っ直ぐ減速(汗)。コース上にはとどまれたので、適当に向きを変えて再スタートしたら、ブレーキの感触は元通り。

んーー、なんだったんだろ。フェード?? 1、2周クーリングしながらブレーキテストしてみたり左右に振ってみたり。うーん、特に異常なし。ABSコンピュータが熱暴走したとか???

Title
Caption

てなところで走行終了。まあ、ブレーキ強化するまではヤリ過ぎ注意だな。

ところで、せっかく下げた車高の具合を、改めて確認してみた。

フロントはまぁまぁイイ感じ。リアは、今朝ちょっと下げてみた。が、まだちょっと高いか。バネが遊んじゃうので手加減しちゃった。。。

Title
Caption

あと、Dラーでダメ出しされたフェンダーの具合。フロントはアッパーマウントでキャンバー付けたので余裕でOK。リアは・・・、てっぺんは入ってるが、前後何度だっけ?規定されてる範囲が全部入ってるかはちょっと微妙な気もするが・・・、まあ気分的にOKてことで。

3号機BRZでサーキット初走行

Title
Caption

最近ストレスがたまるようなことが多いので、BRZでALTを走ってきた! (゚Д゚)

現在の3号機は、タイヤ・ホイールのみ交換(595RS-R 235/40R17)、あとはエアロ何とかパッケージのアンダーパネル装着の状態。車種別ランキングを見ると、タイヤ・ホイールのみ交換で31秒切ってる車がいるので、あわよくば31秒切り、最低でもノーマルタイヤのトップタイムである31秒9は越えないとな、ってな目標タイムを設定してみた。

が、オイラは完全なFF海苔だった模様。初FRはそんなに甘くはなかった。というか、電子制御に負けた。orz

モノは試しと思って、電子制御(TRC, VSC)を段階的に切っていって、その効果(副作用?)を確かめてみることにした。

まずは街乗りそのままの状態。違和感ありすぎ。コーナーの立ち上がりのたびに制御が入って、人間側の操作とマッチせずにギクシャクしちゃう。初走行とは言え34秒2はあんまりだ。(´;ω;`)

次に、普通にスイッチを押してTRC OFF & VSC SPORTS。が、しばらく走ってるとTRCがONに戻っちゃう模様。両方ONの状態よりはちょっとマシになったけど、相変わらず気持ち悪い。ドライバーが慣れてきたのもあって、ちょっとペースが上がってきたのか、コーナー立ち上がりでケツが出そうになる頻度が多くなってきたんだが、そこで人間がカウンター当てて調整しようとしてるのに、TRC, VSCが勝手にアクセル戻すもんだから、余計に挙動が乱れる。結果、33.1秒。(´・ω・`)

続いて、TRC, VSCのボタンを長押ししてVSCもOFF (通称 長押しOFF)。うむ、だいぶマシになった。しかし、ABSとブレーキLSDはONのまま。ABSはともかく、ブレーキLSDはやっぱり違和感があるなあ。

ブレーキLSDは、いわゆるLSDが必要になるような状況で、空転しそうになってる側だけにブレーキをかけて空転を防ぎ、擬似的にLSDのような効果を得ようとするもの。でも、タイムラグが気持ち悪いのと、結局のところ(空転は減らせてるのかもしれないが)ブレーキをかけてるので遅い! トラクションを得てるというより、単に減速しているように感じてしまう。そして、勝手にリアのブレーキパッドを消耗してくれる。パッドが焼けて臭いじゃないか!(゚Д゚)

そんなこんなで、1時間目のベストラップは長押しOFF時の32.445。最後の2ラップが全く同タイムだった。

さて、BRZ/86には、そのブレーキLSDもOFFにする「整備モード」というのが存在するが、手順がめんどくさいのと、それでもやっぱりVSCが介入してくるらしいという説もあるので、2時間目はヒューズを抜いてみることにした。

が、適当に検索して見つけた、ここのコメント欄の情報を鵜呑みにしてABS NO.2のヒューズを抜いたら、ABS, TRC, VSC以外にもエンジンチェックランプやらパワステ(?)の警告灯やら、なんか色々点灯した。

そのまま走ってみたら、思いっきりセーフモードに入っててエンジンが回らない(回転の上がるペースが遅い&5000回転ぐらいでリミッターにあたる)。ダメじゃん。ヽ(`Д´)ノ

そのままピットに戻り、ヒューズ装着。エンジンチェックランプは点いたままだが、セーフモードからは復帰したようだ。そして長押しOFFでしばらくアタック。

ちょっと慣れてきたのか、振り回し気味に走ってみたりしつつ、32.371でなんとかさっきのベストをちょっとだけ更新。

相棒さんが走行中、相棒さんのスマホで検索ケンサク。どうやら抜くべきヒューズはABS NO.2ではなくNO.1だったようだ。よっしゃ、試してみるべ♪

うむ、ブレーキLSDもABSもきれいサッパリなくなったようだ。そして見事に2コーナーでスピンしたり、ドリドリしながらコース上にとどまったり、楽しくなってきた。もともとABSすらない車で走ってたから、コッチのほうが俺好み。(゚∀゚) タイム自体はそれほど伸びずに32.751。タイヤがタレたかな?乗りこなせてないだけかな・・・。


さて、BRZでの初走行を踏まえて分かったこと。

  • 俺には電子制御はイラネー。相棒さんはビビリなので長押しOFFで充分w
  • 点灯しっぱなしのエンジンチェックランプは、ELM327アプリでクリアしてやった
  • タイヤ交換のみで31秒切りは、かなりの変態ww
  • 16インチ用のファイナルでは2速固定で回れちゃう。加速モッサリ。タイムがイマイチなのはそのせいか?
  • 純正シートのヘッドレストはヘルメットに当たって邪魔。シート交換したくなった。
  • デフ&ファイナルも欲しくなった。
  • 車高調も欲しいが、とりあえず手持ちのホイールでもフェンダーに干渉しなかった。しかし、荷重移動に伴う姿勢変化は大き過ぎるなあ・・・。
  • しばらく純正のままで楽しもうと思ってたけど、これは結構厳しい修行だなあ。どこから弄ろうかなぁ。

ところで、今日のALTは色々アクシデント・故障があった模様。

まず、3コーナーの回転灯がなぎ倒されていたが、赤86がイン巻きして刺さったらしい。左前のフェンダー、バンパー、ライト類、ボンネットの破損でKM1の積車で回収されてった。

それから、オレンジのホイールにRE-11Sを履いたスーチャー仕様のZZTが、結構いいタイムを連発してたんだけど、デフかドラシャのトラブルでブルドーザーに牽引されて退場&積車呼んでた。やはりALTはFF殺しなのか??