2号機にbrembo F50装着!

ワンオフキャリパーブラケット
ワンオフキャリパーブラケット
alt
装着!

さて、引き続き2号機にブレンボを装着。例の試作品(笑)を元に、A7075+黒アルマイトで作ってもらった。安く済ませるために、できるだけシンプルに加工が少なくて済むようにしたので、ちょっとゴツくてまだまだ軽量化の余地があるけど、キレイに仕上がってる。( ̄ー ̄)

細かいことを言えば、採寸が甘かったのか、ナックルに取付けるボルト穴の間隔が若干ずれててキツかったり、ローターとキャリパーのセンターが0.5mmほどズレてたりするけど、取付けは無事終了。

しかし、ブレーキホースの接続で思わぬトラップにハマった。orz

F50キャリパーの、バンジョーボルトをねじ込む穴は、樹脂のボルトでフタしてあったんだけど、ボルトだけじゃなくてゴムのワッシャーもはさんであった。その状態でキャリパー全体が塗装されてるので、ゴムワッシャーが貼り付いてることに気付かなくて、左のキャリパーはゴムワッシャーの上からブレーキラインをつないで、エア抜きまでしてしまった。(´-ω-`)

で、もう片方のキャリパーにブレーキラインをつなぐために樹脂ボルトを外したら、こっちはゴムワッシャーも取れてきた。Σ( ̄□ ̄; さっきのホースつけ直しじゃん…。orz

仕方ないので、まずはこっち側のホースをちゃんと接続。

と思ったら、バンジョーボルトが長過ぎてホースが密閉できない。やはり銅ワッシャーが必要か…。慌てて在庫を探したら、昔SKさんにもらったST205キャリパーのO/Hキットの中にアルミ(?)ワッシャーを発見。これで接続完了。

そして反対側のブレーキホースもつなぎなおして、エア抜きしてようやく装着完了! (`・ω・´)

しかし、オチはそれだけではなかった・・・。

ブレーキホースをつなぎかえる間、ブレーキペダルを少し踏んだ状態を維持しておくと、フルードが垂れなくなるというのを、この前のマスターシリンダーの一件で学んだので、それを実践してたんだが(正確には、相棒さんにやってもらったんだがw)、当然その間ブレーキランプが点灯するわけで。

ふと気がつくと、そのブレーキランプの光がめっちゃ弱々しい! LiFeバッテリー、容量小さっ!! ((((;゜Д゜)))

とりあえずブレーキ周りを片付けてから、ダメ元で恐るおそるエンジンをかけてみたら、「カチカチカチ…」ダメじゃん。LiFeバッテリーって一度完全放電させちゃうと、お亡くなりって噂…。まだ一度もサーキットに持ち込んでないのに~。。・゚・(ノД`)・゚・。

しょーがないので、自動後退でブースターケーブルをゲットしてきて、チャージ!!(`・ω・´)

一応復活したので、ブレーキの感触を試しつつ、近所を試走してみたところ、とりあえず普通に走れるっぽいが、不安だなあ~。

スポンサード リンク

「2号機にbrembo F50装着!」への4件のフィードバック

  1. バッテリー、普段はカットしておいて、使う時だけ繋げるようにしては?
    ECUの学習分がリセットされるからダメか…。
    あと、ランプ系を全部LEDにしてみるとか!www

  2. キルスイッチ付けようか考え中です。orz
    あと、ヘッドライトLED化計画も密かに進行中!?
    って今回の原因はテールランプかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください