FRP遊び

いろいろ割れたりヒビが入ったりしてるフロントリップを補修しようと材料を入手したんだけど、その前の練習として、目立ちにくいリアディフューザーの補修をしてみた。

作業前
作業前

元々は純正マフラーをよけるために結構大胆にカットされてたんだけど、今のマフラーならこんなにカットしなくてよいので、FRPで埋めてみることにした。カーボンだけど。

あと、カットしてない方(上の画像で言うと左側)も割れてプラプラしてる(グラスファイバー入りのアルミテープで固定してた)ので、FRPで補強するのだ。

まずは、アルミテープとプラ板でベースとなる形を作成。

アルミテープとプラ板(?)で型作り
アルミテープとプラ板(?)で型作り

で、樹脂に硬化剤を混ぜる。初めてなので分量の見当が付かないので、とりあえず300g作ろうと思ったけど、勢い余って350gぐらい投入。硬化剤は3.5g狙いで4g (笑

そして混合液を塗り塗り&グラスマットを貼り付け。勝手が分からず、ポタポタ垂らしながら塗り塗り。

塗り塗り
塗り塗り

グラスマット1枚だとちょっとペラいので、余った切れ端でもう少し補強しようとしたんだけど、イマイチくっつきが悪い。

ふと気がついたら、バケツの中の混合液が、プルプルのスライムになっていた!時間切れだ!!(爆

熱血スライム
熱血スライム

FRPって、硬化の過程でこんなプルプルになるんだねえ…。数時間後、様子を見にきてみたら、プルプルは熱々のカチカチになっていた。

そして翌日、はみ出た残骸をカットして、ヤスリで整えて、とりあえず完成。

一応完成
一応完成

やはり手際が悪くて樹脂が足りなかったのか、グラスマットの毛羽がツンツンしてたり、所々パネルから浮いてたりするし、うねうね歪んでたりもする。カットされてた部分の段差もちょっと酷い。

でもまあ、初めてだしどうせ見えないし、強度は上がったし空力もちょっとは改善するといーなー。

初FRPの出来具合
初FRPの出来具合

 

スポンサード リンク

仙丈ヶ岳で雷鳥狩り

雷鳥発見!
雷鳥発見!

紅葉狩り的な意味での狩り、ね。

登山口までバスじゃないと行けないんだけど、コースタイムに対して始発から最終までの間隔がタイトで、うちのペースじゃ間に合わないんじゃないかと思ったけど、ギリギリ間に合った。

そして、子連れ雷鳥も間近で見ることができた。

しかし、自己最高標高を更新して3,033mに到達した相棒さんは、なかなかのグロッキーっぷり。絶対終バスに間に合わないと思ったのに、標高が下がったらラストスパートをかましてなんとか間に合ったとさ。

詳細はYAMAPの活動日記を参照。

スポンサード リンク

BRZのエアコンのガスチャージ

うちのBRZは、なんかエアコンの効きが悪い。車齢20歳越えのカレンの方がよく冷える。実家のだいぶガタが来てるカローラ(スプリンター?)のがよく冷える。

最安グレード(RA)にオプションで追加したエアコンだからかと思っていたけど、どうも違うようだ。ググると、86, BRZのエアコンに対する不満と修理事例がいっぱい出てくる。

と言うわけで、DIYでエアコンのガスを補充することにした。

参考にしたのはこちらの動画↓。まさにBRZでの補充例(笑

動画と同じように、ゲージの正常範囲内だったけど、そして整備書の規定値はゲージの範囲内でも低い側だったけど、200g缶を1本分チャージ。

それでも余裕でゲージの青範囲内だったので、気にしないことにする。

そして、チャージ前はサイトグラスに液体がバシャバシャ流れてるのが見えてたが、ちゃんと液体が満たされてる状態になった。

で、エアコン吹き出し口の冷気も、20℃ぐらいから14℃弱ぐらいまでは下がったようなので、作戦成功!

エアコンのガスチャージ
エアコンのガスチャージ

ちなみに↑の画像は、缶に穴を開ける前&エアコンかける前の状態なので、ゲージは赤ゾーンを指している。

ところで、この格安ゲージ&ホースは、車体との接続口がちょっと微妙だった。ワンタッチカプラーではあるけど、手で押さえておかないとガスが入っていかない。

まあとにかく、2,000円弱の費用で効果は十分あったし、これで今年の猛暑も乗り切れる、かな?

スポンサード リンク

本日のお客様

剛性パーツ装着中
剛性パーツ装着中

いつもの後輩君、S15にnismoの剛性パーツを装着しようとしたが、手持ちの工具では歯が立たなかったんだそうな。

というわけで、レンタルガレージたぽ、緊急営業開始(笑

ところが後輩君、例によってホイールナットで今回もプチトラブルに見舞われた。

7角形の軽量ナットを使っているんだが、固く締まったナットを外そうと力をかけると、ナットは緩むんだが専用ソケットがナットに食いついてしまって外れない。

カンカン打撃を与えてやれば外れるんだけど、いちいちめんどくさい。手に持ってみた感じではナットもソケットもジュラルミンなどのアルミ系ではなさそうなんだが…。ソケットのガタが大きいのかな?

そしてさらに、クロスレンチに付けてた21mmのソケットが割れた。そんなことあるんだなぁ(汗 今は亡き安物電動インパクトの付属ソケットだったかなぁ。

割れた21mm
割れた21mm

いや、しかし、今日は暑いわ(汗

エアコンの効いた室内から他人の作業を眺めるのって、ちょっと新鮮w

現在進行形で作業中(笑
現在進行形で作業中(笑

スポンサード リンク

相棒さんに容量追加

そして相棒さんのノートPC(銀VAIO)にもメモリーを追加してやった。ブラウザのタブを常時数十個開きっぱなしにして「遅い遅い」と文句を言っているので。

と言うか、この間俺が使ってみて、あまりに酷かったので。

入手したのはノーブランドの4GB。PC3L-12800 DDR3L-160 SO-DIMM。PC自作から遠ざかって久しいので、最近のメモリーのスペックの意味とかついて行けねえ…。orz

銀VAIOの裏側
銀VAIOの裏側

しかし、銀VAIOの裏蓋のネジが外しづらかった。コインで回せるような浅くて太いマイナスネジなんだけど、浅すぎてマイナスドライバーもかかりが悪い。触らせたくないなら普通のトルクスネジにでもしてくれりゃいいのに。

ともかく無事にメモリは倍増(4GB+4GB=8GB)して快適になったはず。

その後まだあまり使ってなくて実感してないようだが。(´・ω・`)

スポンサード リンク

ノートPC買い換え

メインで使ってた黒VAIO(Win7)がブルースクリーンで落ちるようになって、まともに使えない状態になってしまって、しばらくはタブレット+Bluetoothキーボードでやりくりしてたんだけど、やはりPC育ちのオイラには厳しくて、相棒さんの銀VAIO(Win8世代のをWin10にアップデート済)を時々借りてたんだが、こいつはこいつでクソ重くて、俺のリズムでキーボードを叩くとキー入力を取りこぼすような(キーボードと言うよりはIMEの問題か?)ダメダメちゃんだったので、さっさとノートPCを買うことを決心した。

で、ノートPCのキーボードと言えば、上の2台のVAIOをはじめ、最近のノートPCはデザイン性重視なのか、キートップがフラットなものが多いんだが、個人的にはこれが苦手。

昔ながらのデスクトップPC育ちなので、キーボードを叩きながら指先でキートップの凹みを感じ取って、叩く位置を無意識に補正してるようで、真っ平らだと補正が効かずよくミスタイプするのだ。

そんなあたりを念頭に置きながらググっていたら、こんな記事を発見した。

「史上最低のキーボード」の汚名返上に向け、富士通の”Mr.キーボード”が0.05mmにかけた執念(前編後編)

で、家電屋で実機を触ってみたところ、確かに何だかシックリくるキーボードだ。そして、想像以上の軽さに衝撃を受ける。

別に持ち歩くつもりはないから、黒VAIOと同じように15インチぐらいのサイズで考えてたんだけど、この軽さで性能も十分。

ちょっと予算オーバー気味ではあるけど、富士通のサイトでキャンペーンもやってて、いろいろスペックが選べるので、こいつ(FMV LIFEBOOK WU2/B3)に決定。

3倍速い!?
3倍速い!?

変更した主な点は、CPU(第8世代Core i5)・メモリー(4+8GB)・タッチパネル液晶・MS Officeやサポートの削減。

注文から10日ぐらいで届いて、サクサク動くのでサクサク環境を整えてるんだけど、ちょっと前にウィルスバスターから乗り換えたPC Maticが、なんかちょっと相性悪いのかな。スーパーシールドとやらが動いてると、Windows UpdateとかVMwareのインストールとか、途中でふん詰まることがあるようだ。(そうなると、再起動でもふん詰まるので結構やっかい。一晩かけて再起動させるとか…)

まあ、ちょっと癖はありそうだが、基本的には非常に快適♪

スポンサード リンク

MLSでブレーキテスト

初夏のMLS
初夏のMLS

この週末、若者どもを引き連れてALTでブレーキテストしてこようと思ってたんだけど、金曜の時点でガッツリ雨の予報。orz

あきらめて中止の連絡をしたんだが、いざ週末になってみたら、全然雨降らねーじゃん(土曜に時々ザーッと降っただけ)。

というわけで急遽走りに行ってきたw。ALTではなくMLSへ。

しかし、相棒さんが「グリップしないタイヤじゃ走れない」とか言うので、カレンのフロントに履いてたクムホ(すでに剥けかけだけとw)をリアに装着することにした。

だがしかし、カレン、またバッテリー上がってやがる。この前洗車したときも上がってて、ガレージに戻すときにまた上がってたりしたもんな。さすがに限界かな…。

そんなこんなで久しぶりのMLSは、ほぼ貸切状態で2時間走って、49秒台中盤がやっと。

ドリフトごっこで振り回したおかげか、多少ケツが滑ってもコントロールできてるんだが、やはりタイヤが限界か。リアのクムホも割とズルズルだが、フロントの595RS-RRが食わなくて、2ヘアでフルブレーキすると、ABSが介入してるっぽいけどスキール音もあまりしない。そしてイマイチ止まらない。

肝心のブレーキ自体は、純正パッドの特性なのか、意外と奥で効くタイプのようで、コントロールの幅が広いように感じた。あと、当然だけど、容量アップで連続周回しても全然へっちゃらになった。タイヤやエンジンがたれるのでそんなに走れないけど。

そして副産物として、パッドに当たりがついて、ブレーキ鳴きがだいぶおとなしくなった。実はそれが裏の主目的だったり(笑

ところで、今回、ラスト数周でなぜかルームミラーが吹っ飛んだ。下からスライドして押し込むって、ちょっと謎な取り付け方だよな。

ルームミラーって取れるんだ
ルームミラーって取れるんだ

スポンサード リンク

左目も発症

ずいぶん前から右目は中心性なんとか網膜症とか言う病気で、見えにくくなったり直ったりを繰り返してたんだけど、最近またちょっとひどいな、と思ったら、今回は左目だった。

右目は今は大分安定してるからまだ良いんだけど(と言っても影がないだけで歪みは残ってしまっているんだが…)、両目同時になったら困るよなあ。

一応眼科に行って薬を処方してもらったが、まあ劇的に効くようなものでもないんで、だましだまし生活していくしかないんだが。(´・ω・`)

スポンサード リンク

3号機オイル交換

ずいぶんサボってしまった。5ヶ月弱、約8,000kmも交換してなかった(汗

一応新しいペール缶を用意しておいたが、結局前のオイルの残りがちょうどピッタリの量だった。(フィルターは替えてない)

JUMP OILの出番は無し
JUMP OILの出番は無し

あと、2号機の方のフロントリップとリアディフューザーを外した。FRP補修セットを入手したので、割れてるところを直すのだ。そのうち…(笑)

フロントリップと前回外したアンダーパネル
フロントリップと前回外したアンダーパネル

ていうか、リアディフューザー、色んなとこが結構曲がってた(汗)。幸田でケツから刺さったときかな。

ディフューザー、割れてる
ディフューザー、割れてる
取付金具も曲がってた
取付金具も曲がってた

しかし、途中で激しく夕立が降ってきて作業中断。orz

作業中の夕立は、萎える…
作業中の夕立は、萎える…

そして、再び3号機。ブレーキ周りを点検したのと、八ヶ岳登山の砂利汚れと高速道路の虫汚れを水洗いで洗浄。スッキリ!

スポンサード リンク

八ヶ岳1泊2日でエクスプロージョン!

普段使ってるPCが壊れてしまって、タブレットで書いてるので、だいぶはしょってるけど、1泊2日で八ヶ岳を登ってきた。

八ヶ岳は沢山の山の集合体で、今回は主に硫黄岳と天狗岳を登ってきた。硫黄岳は爆裂火口で有名な山。

エクスプローーージョン!!

硫黄岳の爆裂火口
硫黄岳の爆裂火口

しかしそれよりも、我が家のシャコタンBRZには、桜平登山口(中)の駐車場までの砂利道が最大の難関だった。軽トラなんかは平気で突き進んで行くけど、こっちは気分はロッククローリング(汗

そして下山後のアブの大群…。

山行自体は、ほぼ計画通りの時間で進行できたし、相棒さんも元気なまま下りてこられたんだけどなぁ。

詳細はヤマップの活動記録を参照。1日目2日目

スポンサード リンク

車、音楽、コンピュータ、etc…