フェンダー交換BBQ

ガレージにて
ガレージにて

ウチのガレージで時々やってる車イジリBBQ。いつの間にやら今回で3回目だ。そして、なぜか今回は妙に参加者が多く、総勢14人(車はウチのを合わせて9台)のBBQ大会に。ウチにそんなキャパあんのか!?

今回のお題は、フェンダー交換(笑)。

難易度や体力的には大した事ないんだが、カレンは結構バンパー外すのがめんどくさい。地道にボルトを外しまくって曲がったフェンダーが外せた頃には汗だくで、なんか気が付けば「早く肉焼こうぜー」な雰囲気に。

人数が多いので多少失敗しても何とかなるだろうと言う楽観的な考えで、今回ウチは近所のブラジル風スーパーで1kgのソーセージを調達してきた。他のメンバーも、ダッチオーブンで鳥の丸焼きとか、チーズやらベーコンやらの燻製とか、色々挑戦(笑)。

ブラジルソーセージ1kg(国産w)
ブラジルソーセージ1kg(国産w)
初ダッチオーブン
初ダッチオーブン

人数多すぎて収拾付かなくなったらどうしようかと密かに心配してたりもしたけど、BBQはなかなかうまくて、これは成功♪

ガレージ内からパチリ
ガレージ内からパチリ

しかし、今日は暑すぎた。だいたい腹が膨れたところで、エアコンの効いた室内に避難して、デザート食ったりしてたら、完全にヤル気が萎えて、肝心のフェンダー交換は中断(爆

しばらくマッタリして、後片付けをして解散~。

スポンサード リンク

乗鞍にて

山頂手前の霧の中
山頂手前の霧の中

相棒さんの高山病対策として、3,000m級の山をまったり登ってみた。乗鞍岳だ。

しかし、やはり今回も撃沈。orz

詳細は(と言うほど書いてないけど)、YAMAPの活動日記にて。

それはそれとして、今回分かったのは、3,000mともなると、ちゃんと息が切れるということ。普段相棒さんのペースに合わせて登ってると、そんなに息も切れないんだけど、今回は山頂直前で相棒さんが動けなくなってしまったので、一人で10分弱の距離を小走り気味に登ってみたんだが、マジで息が切れた(汗

3,000mをナメちゃいかんね。

スポンサード リンク

ふらっと石野をひとっ走り

準備中
準備中

同僚さん3人(♂♂♀)引き連れて、仕事帰りに石野をひとっ走りしてきた。

全員石野で走ったことはあるようなので、相棒さんも混ぜて5人でレースパックをやろうと誘ってみたんだけど、遠慮されてしまったので、フリー走行×2本にしといた。

1本目は、先導走行風にリードしてやって、51.9~54秒ぐらい。

休憩中に2階席から見物しながら解説してやって、2本目は最初から全開で。見物中に走ってた人は47秒台を普通に連発してたので、俺もいけるんじゃないかと思って。

しかし、甘かった。48.597しか出んかった。orz

とりあえず1~2コーナーをノーブレーキで曲がれるようにはなったんだけどなー。ちなみに、同僚さんたちは51.3~52.3にタイムアップ。

カートのタイム表

夕日に向かって走れ!
夕日に向かって走れ!

スポンサード リンク

フェンダー磨き

使用前
使用前

MLSでぶつけたフェンダーは、家に在庫があったので(助手席側だけ2枚もw)、フェンダーごと交換することにして、バンパーやリップ、ドアにもタイヤバリアにこすった跡が付いてるので、洗車がてら磨いてやることにした。

が、その前に、アンダーパネルを外して被害状況をチェック。

うむ、色々グニャグニャだ。orz

曲がったアンダーパネル
曲がったアンダーパネル

パネルそのものは後日また平らにするとして、とりあえずアルミアングルをもうちょい真っ直ぐに直してやろう。と思って玄関の油圧プレスのところに行くと…、

うわああああーーー、なんかいるぅーーー。(((( ;゚Д゚)))

玄関にムカデが出現!
玄関にムカデが出現!

既に息絶えてるような気配だが、念のためブレーキクリーナーをぶっかけてみると、かすかに動いて絶命。やれやれ。orz

気を取り直して、アルミアングルやそれを固定してたステーをプレスでそれなりにまっすぐにして、車体に取り付けなおし。

そしてお次は一通り洗車して、タイヤバリアの跡をコンパウンドで磨く。後輩君に借りたポリッシャーを使って。

電動ポリッシャー
電動ポリッシャー

いつも洗車のときに、サーキットでタイヤカスが当たって付いた黒いゴム跡を落とすのが結構めんどくさいんだけど、これ、楽チンでイイね!

おかげですっかり綺麗になっちゃって、なんかもうコレだけで「補修完了!」って言ってしまいたくなるけど、フチが曲がってるし、曲がってるとこの塗装が剥がれちゃってるので、フェンダー交換はそのうちする予定(笑

使用後!
使用後!

スポンサード リンク

みんとも異種交流走行会@MLS

ara_Rさんのお誘いで、MLSの走行会に行ってきた。久しぶりのWETで、ara_Rさんとサルのように追いかけっこして楽しみましたとさ。

ところで今回は、他にも知り合いを色々誘ってみた。えむつーさんとかしーちゃんさんとか。あと、職場の新人(笑)。

新人君はまだ車もないので、朝っぱらからうちの車で拉致ってきた。ウチの車、実は定員がアレだったりするが、リアシート&シートベルトを久しぶりに装着してカモフラージュして強行(爆

朝イチのパドック
朝イチのパドック

そして走行準備やドライバーズミーティングを済ませて、最初の走行枠が回ってきたのでカレンに乗り込もうとすると、「全然気付かないんだねー」と相棒さん。

え、なにコレ。また何か地雷踏んだ??(汗 (((( ;゚Д゚)))

とドキドキしながら辺りを見回すと、

おや?

シュロスの4点シートベルト
シュロスの4点シートベルト

いつの間にやらシートベルトが変わってる!?

今まで使ってたもらい物のTAKATA(破産申請しちゃったね…)は、さすがに消耗が激しくて、いい加減買い換えなくちゃな、と思ってたのだけど、思い続けて早何年??てな状態だったのだ(爆)。

さんきゅー相棒さん!(ノ≧∀≦)

しかし、新品の3インチベルトは、ベルトの生地が固すぎて、長さの調節がしづらい&首への当たりが強くて痛い…(汗

てな感じで手間取って、最後尾でピットレーンに並び、いざコースイン!

朝イチはほぼドライだったので、新人君を助手席に乗せる前にとりあえず感触を確かめていると、2,3周目に49秒台が出たあとパッとしたタイムが出ない。どうもタイヤの感触がおかしい。

これはあれだ、パンクだ。orz

空気抜けてきた?
空気抜けてきた?

ピットに戻ってタイヤを見てみると、案の定、運転席側がペッタンコ。この前復活したと思ってたゼスティノだが、やっぱりフロントで荷重を掛けると空気が抜けるらしい。

スペアタイヤとして1本だけ持ってきた595RS-RR(賞味期限切れw)と交換するか迷った挙句、ゼスティノをリアに、595RS-R(わりと新しい)をフロントに履いてみた。

えむつーさん
えむつーさん

で、次のフリー走行枠が回ってくる頃にはすっかりWETで、リアタイヤの負荷は大した事ないからか、空気は漏れないようなので、そのまま走行継続。

そして新人君を助手席に乗せてみたり、ara_R号の助手席に新人君を放り込んでみたりして、楽しんでもらった(笑)。

しーちゃんさんとK.Sさん
しーちゃんさんとK.Sさん

午後からは逆走。相変わらずラインや踏みどころが分からないので、ひたすら走り倒したのだけど、だいぶ雨が激しくてヘビーウェットに。

そして久しぶりにやらかしましたよ。(´・ω・`)

傷跡
傷跡

(順走で言うところの)2ヘア手前でブレーキロックさせてしまって、人間ABS発動させるも間に合わず、あまり目撃者もいない中こっそりタイヤバリアを数本蹴散らしてきました。orz

あれ?久しぶりってこともないか??(汗

まあ、足回りにはダメージはなさそうだったので、そのまま走り続けたけど、またフェンダー曲がっちゃったなー。ウチに在庫あったかな?? orz

一方、ara_Rさんも助手席に人乗せてる状態で泥遊びしてた模様。

ara_Mud号
ara_Mud号

あんな溝なし極太タイヤで「ハイドロ怖え~」とか言いながらもぶつけないのはさすが。

なんだか悔しいので、最後の順走枠は0.1秒差でトップタイムを奪い取ってやった。単に路面コンディションが良くなってきただけとも言うが、そして配布されたタイム表では朝イチのドライのタイムにかき消されて表面化してないが、粘り勝ちてことで(自己満足w)。

そんな我々常連組は「速すぎてキモイw」とか言われてたけど、変態の称号はara_Rさんにお譲りしますよ。( ̄m ̄)

ところで、相棒さんはGT-7さんのポルシェの助手席に乗せてもらって、とても感動した模様。「色んな駆動方式の車に乗りたいよねー」なんつってたけど、RRの車を買うほどのお財布はないですよ…。(*´Д`)

911
911

スポンサード リンク

八ヶ岳リベンジ不発?

ロープウェイとBRZ
ロープウェイとBRZ

負けず嫌いの相棒さんが再び八ヶ岳に挑戦。

ただし今回は、高山病対策として難易度は下げて、慎重に行くことにした。ターゲットは北横岳。北八ヶ岳ロープウェイで2,237mまで登っちゃって、坪庭という散策エリアで順応する作戦。

さらに、格安パルスオキシメーターをゲットし、血中酸素濃度を随時測定しながら登ってみた。

その結果、相棒さんの酸欠っぷりが明確になりつつも、頂上側のロープウェイ乗り場までは無事に戻ってこれたのだが、ロープウェイで下ってきたらいつの間にやらグロッキーに。今日はどちらかと言うと熱中症だった模様。やれやれ。

ちなみに俺の膝は、テーピングが成功してたのか、コースがおとなしかったからなのか、多少違和感はあるけど痛みが出るほどではなかった。めでたしめでたし。

YAMAPの活動日記はこちら

スポンサード リンク

左のハブベ交換

ハブ&ベアリング交換
ハブ&ベアリング交換

こないだ右を交換したばっかだけど、結局左もギーギー言い出したので、走行会前にチャチャっと交換。

今まで部品共販で純正品番で注文してたけど、ネット通販でも手に入るものがあるようなので、ちょっと調べてみて、今回はベアリングを通販してみた。定価確か7,000円ぐらいのヤツが4,000円ちょいで手に入った(ハブやダストシールは通販では見つけられなかったので、いつもどおり部品共販で注文)。

届いたベアリングは、ボールが丸見えのタイプだったが、特に問題なく装着できた。古いほうは樹脂でカバーされてるタイプだったけど、純正品番でも丸見えタイプのこともあったと思うし、このへん、どうなってるんだろうね。互換性はあるんだろうけど、できるだけ耐久性の高いやつが良いんだけどなー。

ところで、ハブベアリングの品番を調べてて今更気付いたんだけど、ST205のハブベアリングが(品番検索システム上)なんかよく分からんことになってる。

まず、リアのハブベがFFのフロントと同じ品番(90369-38003)なんだけど、後期型かな、ある年式から品番が変更(90369-38019)になってる。耐久性UPしてるならそっちの品番にしてみたいが、ただのコストダウンかも??

そして、フロントのハブベアリングの品番が分からない(!)。検索しても出てこない。バグってるのかな。ST205乗りの連中はどうしてんだろ??

まあ、それはさておき、毎回プレスで作業するときに、うまい具合に支えるのに手間取るので、今更だけどSST(09527-17011)をネットでポチッてやった。

ダストデフレクタを叩き込むヤツも欲しかったが、ネットでは見当たらなかったので、次回部品共販で注文してやろう。

相棒さんに「作業する前に買えばよかったのに」と言われたが、まったくもってその通り。(´・ω・`)

 

以下、メモ書き。

今回取り付けたナックルのロアボールジョイントは、たぶん結構新しいはず。延長アダプタで遊んでたときwのコーキング剤が着いてた。逆に、外した方のロアボールジョイントは、だいぶ緩くなってた。そろそろ交換かな。

あと、右のナックル(今付いてるやつ)はたぶん新しいヤツ。

スポンサード リンク

ベテランの味、恐るべし

スターティンググリッド
スターティンググリッド

てなわけで、今日も仕事をちゃっちゃと切り上げて、ara_Rさんの応援に駆けつけたのだけど、ふたを開けてみればara_Rチームが2位に8Lap差をつけてブッチギリの優勝で、ara_Rさんも47秒台を出して俺のベストをぶち抜いてくれて、さらに例のおじ様がara_Rさんを抑えてファステストラップを叩き出すという、驚愕の展開…。(((;゚Д゚)))

もうお前たちに教えることは何もないよ。(´;ω;`)

ていうか、おじ様、そのベストラップを出す直前に、力みすぎたのか2コーナーでスピン&コースアウトして、コースに戻る際に何を思ったかヘアピン側にショートカット(笑)して、そのまま続行するのかと思ったら、自主的にピットスルーペナルティーしてったり(爆)で、もうやりたい放題ですわ。(*´Д`)

突如出現したミヤマクワガタ
突如出現したミヤマクワガタ

スポンサード リンク

突然カート

残像拳!
残像拳!

仕事中に突如ara_Rさんからお誘いがあり、仕事をさっさと切り上げて現時逃避に石野サーキットをひとっ走りしてきた。

ara_Rさんの会社のイベントでレンタル貸切レースをやるそうで、そのための練習にアドバイザ(?)として拉致られたのだけど、今日は久々に驚いた。

とりあえずara_Rさんを引っぱる形でフリー走行1本走ったんだが、しょっぱなどれくらいのペースで走ろうかなー、とちょっと油断してたら、ara_Rさんの後ろの別の参加者2人にいきなりぶち抜かれた!Σ( ̄□ ̄;

そしてラインが悪くて立ち上がり失速してる隙に、ara_Rさんにも抜かれた!!(爆

ara_Rさんは数周後になんとか抜き返したけど、残りの2人は抜けなかった。追いつくとこまでは行ったんだけどな。orz

タイム自体は48.069で(改修後の)自己ベストを更新してるんだけど、なんか軽く挫折感(笑

その後、別のカップルが走ってたんだけど、ふと電光掲示板を見ると、2台とも47秒台でやんの。(((( ;゚Д゚)))

どーなってんだ今日は。

ところで、ara_Rさんのチームメイトのおじ様が、レンタルカート2回目だというのに、ちょっとアドバイスしてあげたり、速い連中は1, 2コーナーでブレーキ踏んでないねー、みたいな話をしてたら、その後もう1本走ったときには毎周タイムアップして、1, 2コーナーノーブレーキもできるようになっちゃって、最終的に48秒台まで突入しちゃって、これまたビックリ。

いったい何者なんだ(爆)。(((( ;゚Д゚)))

カートのタイム表

スポンサード リンク

蓼科山は高山だった

蓼科山の山頂
蓼科山の山頂

岩だらけの広大な平原で全然山頂っぽくないけど、蓼科山の山頂である。

標高は2,531mということで、前回鎌ヶ岳で熱中症にやられた相棒さんが次に選んだ山。標高が高けりゃ涼しいけど、雪はもうないギリギリの線。(実際にはちょっと雪残ってたけど。そして山頂は風が強くて結構寒かった。)

しかし、2,531mはれっきとした高山でしたとさ。なぜなら相棒さんが今度は高山病でグロッキーになったので。┐(´ー`)┌

では、詳細はYAMAPの活動日記を参照くだされ。

ところで、今日の帰り道では色々珍しい車を見かけた。新型NSXとかTVRタスカンとか。

スポンサード リンク

車、音楽、コンピュータ、etc…