RaceChronoのG-meterはGPSのみ対応(´・ω・`)

CAN-Busの高サンプリングレートのデータが取れるようになって、次回走行のために色々準備を進めてるのだけど、あと一歩かゆいとこに手が届かないことが見つかった。

車両の加速度センサーの値(「縦加速度」「横加速度」とそれらから算出した「組み合わせた加速度」)も50Hz前後で取れてるのでそれを動画のオーバーレイのメーターで重ねようとしたんだけど、どうもうまく表示されない。本来であれば、レーダーみたいな円形の上に前後左右のGに応じて赤丸が動くはずなんだけど、数字しか表示されない。(「ビデオは利用できません」の下のメーター群の一番左の0.4Gってやつ。下の画像はGPSのGを表示してる。)

縦横の2軸のベクトル値が必要なのに「組み合わせた加速度」というスカラー値になってるのがダメなのかな、何かベクトルとして指定する方法があるのかな、と思って少し調べたら、どうやらGメーターはまだGPSにしか対応しとらんらしい。残念。

以下、RaceChronoのフォーラムから引用。

The G-meter on the overlay cannot handle anything else than GPS data. It’s on my TO-DO list to overhaul this (and some other gauges too). It needs a new overlay editor though.

https://racechrono.com/forum/discussion/1940/issues-with-how-racechrono-handles-some-data-channels

む、2020年の書き込みだなあ、これ。その後どうなったんだろ??

ところで、下り坂で停車してると縦加速度0.1Gとか出るのね(笑)。マイナス0.1Gだっけ?

追記

ダメ元で聞いてみたら、v8.0で対応予定だそうな。素晴らしい!(゚∀゚)

たぽ
  • たぽ
  • カレン(ST206 3S-GE VVT-i)、BRZ(ZC6 RAエアコン有)でサーキットを走ってます。
    クルマ弄りは基本的にDIY。そのため(?)にガレージ付きの家建てました。

    数年前から登山にも目覚め、時々アウトドアな日記・動画もアップしてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。