AT BRZのサーキットデビュー

先日のカート大会に参加した若者が「マイカーでも走ってみたい!」と言うので、サークルのメンバーも誘ってALTをひとっ走りしてきた。本日の参加車はこんな感じ。

  • たぽ家のBRZ
  • 言い出しっぺのBRZ(AT) ※初サーキット
  • その同僚のGC8     ※初サーキット
  • 前回一緒に走ったER34
  • その仕事仲間のNAロドスタ

まずは初心者BRZ(AT)の運転席に乗り込んでお手本走行を、ってやってたら、なんか流れで全部運転することになってしまった(笑)。

1台目はBRZ(AT)。完全にノーマルで、本人も初走行ってことなので、電子制御はSPORTSモードでお手本走行。パドルシフトでシフトチェンジしようかと思ってたんだけど、意外とオートマ任せでもそんなに気にならなかった。さすがに山頂や最終コーナーでアクセルオフが長いと上のギアになっちゃって立ち上がりが鈍かったりするので、慣れてきたらマニュアルモードにしてみてね、って感じ。

2台目はGC8。タイヤは86のノーマルタイヤだったのでグリップは探りながら…、と思ったけど、エンジンに不安があるらしく5,000回転縛りだったのと、左前だったかタイヤがフェンダーに干渉してて舵角も制限されちゃって不完全燃焼。パワーと軽さと操作に対するレスポンスとかはすごく好みだったんだけどな。

お次はER34。こいつはなかなかクセが強かった(汗)。2WAYのデフってこんな挙動になるんだね。山頂や最終コーナーでアクセルオフ時にガクガクするから何かと思ったよ。なかなかうまくまとまらないから色々試してたんだけど、ふと元々ドリフト仕様だって話を思い出して、積極的にアクセルで振り回していったら意外とそれっぽくなった。今日乗った4台の中では一番限界が高いけど、チョイ乗りではなかなかそこまで到達できんかった。

最後はNAロードスター。前のクルマで3コーナーの土手を上ったトラウマを克服しに来たそうだが、タイヤの限界が低すぎてなかなか踏めないそうな。そんなわけで「6割ぐらいでお願いします」というリクエストだったけど、いざ乗ってみたらなんかとっても乗りやすい。確かに限界は低いんだけど、ちょうど色々バランスが釣り合ってるのか、あんまり違和感がない。高回転の伸びとかエンジンはさすがに物足りなさを感じてしまうけど、FRの練習にはちょうどイイ感じ。

そんな俺を外から見てた相棒さんが一言「あなたが運転してると別のクルマでもなんか分かる」だそうな。随分キャラの違うクルマたちだったけど、運ちゃんの長年の癖がにじみ出ちゃうのだろうか?(笑

ところで、今日もRaceChronoを使ってみた。その後色々触ってたら、OBD2スキャナーのデータもロギングできるらしいので、久しぶりにELM327も投入してみた。

ALTではやはりGPSが乱れることがあったけど、ちゃんと取れてるときは綺麗な軌跡だ。そしてOBD2情報もそれなりに取れてて、回転数とスロットル開度を動画に重ねることができた。ちょっと映像とタイミングずれてるけど、こんな動画がサクッと作れた。(鈴鹿の動画がちょっと白飛び気味だったのでカメラの設定で1段階暗くしてみたら暗すぎた…)

で、本日のアクシデント。ER34が3コーナーの土手に刺さりましたとさ。ま、そんな日もあるわな(笑

たぽ
  • たぽ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください