ドラシャ脱着×3 orz

最近、ゴリゴリというかゴトゴトというか、異音が激しくなってきたので、フロントのハブ左右と右ドライブシャフトを交換することにした。

左のハブは1月上旬に替えてるんだけど、直後にALTでプレミアムバッチをGETするために酷使したせいか、既にガタ発生。我が家でおなじみのギーギー言う音は街乗りではまだ出てないものの、サーキット走行後にはギーギー言うようになってきたし、なんかシックリ来ないので交換。

半年って我が家にしては普通の交換スパン(笑)なんだけど、この半年はミッションO/Hとかやってたから走行回数少ないはずなんだけどなぁ。。

一方、右のハブは、なんと2年ぶりの交換。奇跡だ(爆)。しかも多少はガタがあるものの異音はほとんどナシ(驚)。いつもの感覚だったらまだまだ使うところだが、2年以上も使ってるってことが逆に不安で、ドラシャを替えるついでに予防的に交換。

ちなみに、今回使う右ハブは、例の緑スライム入りのハブベアリング。1年以上も寝かしてたのか。orz 左側はスライムからさらに2回目の交換だというのに。今まで使ってた右ハブはなんでこんなに長持ちだったんだろ??

で、右のドラシャは、リビルドに交換してすぐだったのに自家製アーム延長アダプターで無茶してズッポリ抜けちゃったときに、ara_Rさんに手伝ってもらって交換したSKさんのお下がりなので、さすがにそろそろこいつが異音の発生源かな、と思って今回の作業に至ったわけ。

しかし、足回りを色々ばらしてる最中、ふと思い立って、ロアアームとメンバーの色んなボルトを増し締めしてみたら、あちこちのボルトがちょっとづつ緩んでた。特にロアアームの前側のボルトが結構回った。ひょっとしてこれがゴトゴト音の原因か??

まあ、それはさておき、ドラシャ交換の続き。ミッションからズボッと抜いてザクッと挿して、WRCスライム入りハブベアリングのナックルを取り付けようとしたら…。

ん? ドラシャがハブにうまくはまらん!?

何だろこれ?? スプラインがシックリ噛み合わない感じ。ドラシャの頭のネジ部は出てるので、センターのナットを締めこんでみると、一応入ってくるんだけど、何か気持ち悪い感触(汗)。このまま締め続けると2度と抜けなくなるんじゃ…。((((;゚Д゚))))

迷った挙句、SKドラシャに戻すことに。○| ̄|_ そしてLUCKに緊急ピットイン。

LUCKに向かう道中、そういえばあんまりゴキゴキ言わなくなった。やっぱりロアアーム周辺のボルトの緩みが原因だったのか。左のボルトも増し締めしなくちゃな。(´Д`)

ん?逆にSKドラシャは別にまだまだ平気ってことか?

しかしいいことばかりってわけでもなく、LUCKについて車庫入れしてるとき、なにやらゴリゴリっと嫌な感触。ドラシャが抜けたときのような…。(-_-;;

とりあえず勝田選手に、問題の刺さらないドラシャともども確認してもらったところ…

まず刺さらないドラシャ。一緒に持ってきた古い方のハブにグイグイっと押し込んで「普通に入ったよ( ̄~ ̄)」 えぇーー((((;゚Д゚))))

次にさっきのゴリゴリ。ちょっと試乗してもらって駐車場で前後に動かして確認してもらったところ「どっかボルトちゃんと締まってないんじゃない?」 えぇえぇーー((((;゚Д゚))))

そんなはずはないんだけど…、と思いつつ、ジャッキアップしながら振り返ると、そういえばロアボールジョイントの3つのボルト・ナット締め覚えが?? ・・・やっぱり。(´・ω・`)

そういえばLUCKに向かう途中で相棒さんが「なんか横にグニグニ動く気がする」とか言ってたのに、「タイヤをハンコックに替えたから、扁平率が厚くなったのと、サーキットで空気抜いたままだから、タイヤがグニグニしてるんじゃない?」とか言ってる場合じゃないじゃん。orrz

どっと疲れが出たところで、ドラシャ脱着2回で抜けたミッションオイルを補充しておくれ、とリクエストしたら、「どうせならもう1回新しい方に交換してからオイル継ぎ足したら?」との天の声(笑)。

と言うわけで、他の常連さんが見物する中、本日3回目のドラシャ交換。( ̄^ ̄)

相棒さんのサポートをみんなにうらやましがられながら(冷やかされながら?)、3回目なのになぜかミッションに挿すのに手間取ってオイルを無駄に垂れ流し、気持ち悪い感触のセンターのナットをグリグリ締めこんで、サクッと交換完了。

本日の借り物競争:タイロッドエンドプーラー、オイル受け、フリーターンクロスレンチ、S字フック

そして追加したデフオイル約1リットル。あー、疲れた~~。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください