カーボンボンネットの補修④

クリア塗装は完了したが、やっぱりゆず肌が気になるので、研磨することにした。

ゆず肌修正の情報を漁ると、耐水ペーパー(#1000~#2000程度)で削った上でコンパウンドで磨くってのが定番の手順のようだが、勇気がないのでまずはダメ元でコンパウンドで磨いてみた。

コンパウンドで研磨

使ったのは、Soft99の3本セットのコンパウンドなんだけど、ひと通りかけてみたら、表面のざらつき(塗料の粒子?)が取れてツルツルになった!

しかし、ゆず肌は変わらず。うーん、触ると凸凹を感じるし、映り込みもボヤけてるなあ。

ゆず肌は解消せず

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください