翼端板つけてみた

アンダーパネルの翼端板

今更ながら、カレンのアンダーパネルに翼端板を付けてみた。(ただしカナードと同様、サーキットに現地入りしてから装着することにするw。)

元々のJ’S RACINGのアンパネにはオプションでカーボンの翼端板(保安基準対応品(!))があるんだけど、このアンパネはカレンに合わせると前後の長さが足りなくて、自作したバンパーカバーで後ろに延長したような形になってるので、そのオプション翼端板では寸足らずだし、そもそも高いのwで、例によって自作だ。

材料は、古い方の(ぶっ壊れた)アンダーパネルの残骸(笑)のアルミ複合版。

ずーっと作ろうと思ってたんだけど、めんどくさくなって放置してて、でもちょっと今いろいろ断捨離中で、アンパネの残骸も処分しようと思って、ようやく重い腰を上げたわけだ。

はてさて、空力がちょっとは改善されるだろうか?

ところで、薄々気付いてはいたが、このアンパネ、色々斜めだな。(´・ω・`)

まず、水平面に対して助手席側が高い(逆だったかな?)。

それから、垂直軸に対して少し右回転してる。つまり翼端板に接する長さが助手席側のが長い。だから、翼端板を左右ドンピシャで作るとその差が目立ってしまう。

しょうがないので、(外形を変えるのは面倒だったので同じにして)、ネジ穴の位置をずらして、何となく左右の違いが目立たなくなるようにしてみた。

ホントはアンパネの位置から作り直したいんだけどなー、さすがにめんどくさいから無理!(爆

たぽ
  • たぽ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください